BT

InfoQ ホームページ Windows に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftがSurfaceやHyper-Vで使用しているUEFI Coreをオープンソースとして公開

    Project Muは、デバイスファームウェアの短期間での開発と頻繁なアップデートを可能にし、Project Mu デバイスへの"ファームウェア・アズ・ア・サービス(FaaS)"進化モデルの適用を実現することを目的とする。Microsoftによると、Project Muには、Microsoft SurfaceやHyper-Vなど、いくつかの製品で利用されているものと同じコードが含まれている。

  • DockerはDocker EnterpriseでWindows Server 2019のサポートを発表した

    erver 2019 Long Term Servicing Channel (LTSC) と1809 Semi-Annual Channel (SAC) リリースをサポートすることを発表した。Server 2019では以前のSACリリースをLTSCに、ingressルーティング、仮想IPサービス探索、名前付きパイプルーティングなど多くの改善が加えられている。このリリースではLinuxノードを並行して、Server 2019と1809コンテナを混在クラスタで実行できるようになった。

  • マイクロソフトが現在使われている Internet Explorerのゼロデイ・エクスプロイトにパッチを適用

    マイクロソフトは、リモートでコードが実行される可能性があるInternet Explorer(IE)スクリプトエンジンの重大な脆弱性の帯域外更新(通常の予定されているリリースとは別の更新)を公開した。TenableのリサーチエンジニアSatnam Narang氏によると、この脆弱性は実際に悪用されているため、ユーザはできるだけ早くシステムを更新する必要がある。

  • Microsoft、Azure App Service用Windowsコンテナサポートの公開プレビューを発表

    MicrosoftはAzure App ServiceのWindowsコンテナサポートの公開プレビューを公開した。App Service環境へのインストールが、より詳細にコントロールできるようになる。今回の発表は、Web App for ContainersサービスをLinuxベースだけでなく、Windowsベースのコンテナ環境でも実行可能なように拡張するものだ。

  • Windowsドライバ開発を容易にするMicrosoft Driver Module Framework

    Windowsのドライバ開発者は今後、近々オープンソース化される新しいMicrosoft Driver Module Framework(DMF)を使うことで、シンプルかつ構造化されたドライバの開発や、ドライバ間のコード共有が簡単になりそうだ。

  • Q#を使用した量子コンピューティング体験を支援するMicrosoft Quantum Katas

    Microsoftは、Code KatasのアイデアをベースにしたQuantum Katasという新たなプロジェクトをオープンソース公開した。Q#言語を使った量子コンピューティングへと、より多くの開発者が歩を進めるように支援することが目的だ。Quantum Katasは、学習者にフィードバックを即時に提供しながら、段階的に複雑になるプログラミング課題のセットだ。

  • Lazy FP State Restoreの脆弱性が、ほとんどのIntel Core CPUに影響を与える

    インテルは、Coreプロセッサのほとんどに影響を及ぼす新たな脆弱性を明らかにし、SpectreとMeltdownに類似したサイドチャネル攻撃の標的となっている。Lazy FP state restore (CVE-2018-3665)と呼ばれるこの脆弱性により、プロセスは他のプロセスに属するFPU/MMX/SSE/AVXレジスタの内容を推測することができてしまう。

  • MicrosoftがPowerShell Core 6.0の一版提供を発表

    Microsoftは、PowerShellの新版であるPowerShell Core 6.0の一般提供を発表した。バージョン6.0は複数のプラットフォーム(Windows、macOS、Linux)をサポートし、オープンソースで、異機種環境とハイブリッドクラウドに対応する。

  • "Docker on Windows" ブックレビュー

    Elton Stoneman氏の執筆した“Docker on Windows”は、Dockerを効果的に学びたいWindows開発者にとって素晴らしい本だ。イメージやコンテナなど、Dockerのさまざまな側面に加えて、マルチステージビルドなどの新機能も網羅している。Windowsで動作するサーバアプリケーションの構築と提供を行なっているエンジニアやアーキテクト、管理者に最適な本だ。

  • MicrosoftがWindowsおよびLinux上のバグおよびセキュリティリスク検出をプレビュー

    マイクロソフトにて、Project SpringfieldがAzureサービスプレビューとして利用可能になった。それはMicrosoft Security Risk Detection(MSRD)と呼ばれており、WindowsおよびLinuxアプリケーションのコードのバグやセキュリティの脆弱性を検出する。

  • GitHubがデスクトップクライアントをElectronで再実装

    GitHubはmacOSとWindowsクライアントのアプリをネイティブの実装からElectronベースに書き換えた、と同社でクライアントアプリケーションのディレクターをしているPhil Haack氏が発表した。GitHub Desktop Betaに加えて、GitHubはGitとGitHubとの統合が最初からサポートされている新しいAtomのベータ版も発表した。

  • LLVMの新しいリンカLLDがLLVM 4で導入へ

    GCCのldを大幅に性能改善したLDDが、近くLLVM 4 rc1に組み込まれ、デフォルトで使用されるようになる。この新しいリンカは、稼働中のFreeBSD/amd64ベースのシステムではすでに使用されているが、LLVMでの利用はまだ試験段階であり、問題が発生すればrc2では保留される可能性もある。

  • Visual Studio 2017のデプロイに役立つ新しいDevOpsツール

    Visual Studio 2017のインストーラ変更により、システムレジストリを調べてビルド環境の状態を判断する、という従来の方法は役に立たなくなっていくだろう。ビルド環境をうまく自動化するのに必要なツールを提供するため、開発者とビルドエンジニア向けに新しいAPI、PowerShellモジュール、スタンドアローンユーティリティがリリースされている。

  • Googleがエンタープライズ対応を進め、WindowsとSQL Serverのワークロードをターゲットに

    Googleは最近、Google Cloud Platform(GCP)におけるMicrosoft Windows ServerとSQL Serverのサポートを強化すると発表した。強化のために、Googleは現在、Windows Server Core用とSQL Server Enterprise Edition用の設定済みのイメージを提供する。Googleでは、SQL Server AlwaysOn Availability Groupsを使用して、High-availabilityおよびDisaster Recovery計画もサポートする。

  • AWSがEC2 Run Commandサービスにマルチクラウドスクリプトを追加

    AWSは昨年後半にEC2 Run Commandサービスを発表した。運用担当者に対して,AWSサーバ群全体の管理作業を実行可能な統合インターフェースを提供するものだ。今年6月,この機能が拡大されて,他のクラウドやデータセンタにあるサーバとも連携できるようになった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。