BT

InfoQ ホームページ XP に関するすべてのコンテンツ

  • モブプログラミング - Woody Zuill氏とのインタビュー

    最初のMob Programming Conferenceで、Woody Zuill氏がモブプログラミングについてのキーノートを行った。彼はモブプログラミングの導入方法、IT業界における主な問題、モビングに合った他の活動、モビングの目的など、誰もが尋ねる質問について語った。

  • ソフトウェアクラフトマンになる

    ソフトウェアクラフトマンシップ運動とは,プログラミングスキルを体得してソフトウェアクラフトマンとなるための方法と,その実践について語るものだ。そこでは,技術的なプラクティスが重視されている。それらを学んでよりよいプログラマになるには,長い期間が必要なのだ。

  • 技術的負債を清算するときのアドバイス

    Henrik Knibert氏、Ward Cunningham氏、Hayim Makabee氏が技術的負債の清算について解説している。

  • アジャイル導入の技術的実践、システム思考、文化の問題

    単純さ、フィードバック、コミュニケーション、尊敬と勇気。これらのエクストリームプログラミング(XP)の価値はいまだにXP Days Benelux 2013カンファレンスのチームに刺激を与えている。InfoQはカンファレン���の主催者であるMerlijn van Minderhout氏とPascal Van Cauwenberghe氏に、アジャイルでの新しい開発、アジャイルへうまく移行すること、アジャイル推進のためのヨーロッパ地域の組織の必要性について話を聞いた。

  • Wikispeed - アジャイルですばらしいことをする

    Wikispeedの創業者でビジネスプロセスコンサルタントのJoe Justice氏が、今週ニュージーランドのウェリントンで講演した。彼は「社会善(Social Good)のためにすばやく課題解決すること」というWikispeedのミッションについて、アジャイルテクニックを使った100MPG自動車づくりから話を始めた。彼はオープンソースやクラウドソース(crowd-source)を使い、アジャイルの価値と原則を土台として、新しい自動車づくりのアプローチを生み出そうとしている。

  • 組織にアジャイルを広めるのは挑戦だと調査が示す

    「調査結果:あなたの会社はどのくらいアジャイルを取り入れているか?」と題された2011年11月グローバルアジャイルソフトウェアアプリケーション開発オンライン調査の結果を、最近、Forresterが発表した。この調査には、アジャイルを導入した企業がどのように実施しているかという興味深い調査結果が数多く含まれている。

  • アジャイルで最も影響力のある人々

    Paul Dolman-Darrall氏のブログ「Value, Flow, Quality」における最近の投稿でアジャイルコミュニティで最も影響力のある20人が発表された。

  • アジャイルコーチを止める時

    アジャイルコーチの Morgan Ahlström 氏は先日,アジャイル促進の成果を望みながら,目標とは正反対の振る舞いをする組織をどうやって扱えばよいのか,という質問を Agile Coach Support メールイングリストに投稿した。

  • アジャイルフィードバックループの重要性

    アジャイルコミュニティの複数のメンバーがアジャイル開発プロセスの有効性におけるフィードバックループの重要性を強調している。

  • 制約は利点の仮の姿だ

    ソフトウエアを構築することは多くの制約を管理することと密接に関連する。制約とは時間、資金、技術、意思決定、互換性、規則、そして人や業務のプロセス、またはこれらすべてを合わせたものからなる。Jim Bird氏は、創造性を育て正しいソフトウエアを作る上で、スクラムやXPによって背負わされる制約が役にたつことについて論じた。

  • XP と Scrum, どちらがよいか,よくないか?

    Scrum と XP はどちらがよいのだろう? どちらかが他より適切なのか,あるいは別の選択肢があるのだろうか?

  • XP祭り2009 ~XP10周年:ソフトウェア開発から日本が変わる~

    XP10周年の今年、日本でXPの啓蒙を担ってきたXPJUGがXP祭り2009~XP10周年:ソフトウェア開発から日本が変わる~と題してカンファレンスを09月19日早稲田大学にて開催する。

  • 良いベロシティ

    Buddha Buck氏は、最近、Extreme Programmingのメーリングリストにおいて、2週間のイテレーションを行っている7人程のチームにとって「良い」と考えられるベロシティの範囲があるかどうかを尋ねた。Buck氏は、ベロシティが8以下の場合、チームのストーリーが大きすぎるのではないかと考えた。議論の結果、この質問の答えと、質問の裏にある別の質問が得られた。

  • コード再利用へのアジャイルアプローチ

    Extreme Programming Yahoo Groupの最近のディスカッションにおいて、ソフトウェアを再利用可能にすることと、必要になるまでコードを書かないというXPのプラクティスの間で明らかな対立が起こった。Ron Jeffries氏その他の人たちは、コード再利用の費用と効果、そして、アジャイル環境でコードの再利用を行う方法と時期についての考えを共有した。

  • アジャイルにすべてを導入する

    2ヶ月前、InfoQはJim Shore氏の人気の記事を紹介した。それは、組織が「アジャイル」を名前だけで導入し、実際にアジャイルであるために本当に意味するものの導入に失敗するという、現在増えているコミュニティの傾向を強調するものであった。コミュニティリーダーとその他の人たちは、この状況で何が起きているのか彼らの考えを投稿し、Shore氏の最初の立場から、最近さらに数歩踏み出している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。