BT

InfoQ ホームページ ADO.NET Entity Framework に関するすべてのコンテンツ

  • MicrosoftはEntity Frameworkのリリースペースを落とし、セマンティックバージョニングを採用する

    .NET 4をリリースした後、Microsoftはかつてないくらい早いテンポで.NETライブラリをリリースしている。新たな機能を備えたライブラリが、これまでのような数年ごとのリリースではなく、数ヶ月ごとにリリースされている。最近ばつの悪い思いをしたことを受けて、ADO.NETチームは以前のようにベータ版をリリースする方針 に戻す予定である。また、将来の混乱を減らすため、セマンティックバージョニングのコンセプトを採用する予定だ。

  • Entity Framework Power Toolsのご紹介

    Entity Frameworkのコードファーストオプションは、大きな賞賛を得ることとなった。それが、ORM、nHibernateの座を奪うまでには、まだ長い道のりがあるが、マイクロソフトの成長は目を見張るものがある。この勢いを継続するためには、マイクロソフトは、既存のデータベースとコードファーストで作成するようにするPower Toolsをリリースすることになる。

  • Entity Framework 4.1は、DbContext APIを手に入れたが、Database Evolution、ストアドプロシージャ、キャッシュクエリは実装されない

    ADO.NET Entity Framework 4.1がやってきた。4月の後半にリリースが予定されており、完全セットの新しい機能が提供されるが、すべてが実装されているわけではない。

  • Entity Framework Code-First CTP5

    今月の始め頃に ADO.NETチームは、 Entity Framework Code-FirstライブラリのCTP5をリリースした。ライブラリは、データを扱っている開発者に、コード中心のワークフローを提供することを意図している。

  • DB2デバッグをVisual Studio 2010で

    IBMは、Visual Studio 2010用のDB2アドインのデモ版を提供している。「VBとC#アプリケーションのSQLプロシージャを完全に一貫したデバッグ機能」に加えて、多くのDB2派生品用の ADO.NET と Entity Framework プロバイダも含んでいる。

  • レイヤ化アーキテクチャで、.NET技術を使った.NETとAzureのサンプルショーケース

    マイクロソフトのコンサルタントであり、Microsoft pattern&practices Application Architecture Guideの寄稿者でもあるSerena Yeoh氏は、後にAzureに移植されたレイヤ化アーキテクチャデザインパターンのアーキテクチャ基盤として様々な.NET技術(WPF、WCF、WF、ASP.NET、EF)を使用した.NET 4.0向けのレイヤ化アーキテクチャサンプルを作成した。

  • EF Feature CTP 4は、コードファーストの更新と生産性の向上を提供する

    先日公開されたEntity Framework Feature CTP 4は、新しいコード規則とデータアノテーションによるコードファーストプログラミングモデルを更新し、DbContextとDbSet<TEntity>という2つの新しい型により、コードファーストによるエンティティモデルの組み込みが容易になる。

  • Microsoft が "データに関する質問 TOP10" に答える

    Microsoft は “データに関する質問 TOP10 (Top Ten Questions on Data)” と呼んでいる質問に対する回答を公開した。Oslo,ADO.NET データサービス,WCF,LINQ to SQL,T-SQL といった技術が現在どうなっているのか,あるいは今後どうなるのかについて説明されている。

  • LLBLGen Proが複数の永続化フレームワークをサポート

    LLBLGen Proは、複数の永続化フレームワークをサポートするORMツールである:LLBLGen Pro Runtime, Entity Framework, NHibernate and LINQ to SQL。他の新しいフィーチャとしては: .NET 4.0、モデル-ファーストあるいはデータベース-ファースト開発モード、モデル ビュー、プロジェクトの検証のサポートがある。

  • 討論 : NHibernate と EF 4 の比較

    近頃、Oren Eini氏 (別名Ayende Raheim氏)の記事をきっかけにして、NHibernate と Entity Framework 4.0というふたつの .NET のオブジェクト/リレーショナルマッピングフレームワークについて、それぞれのメリットと能力に関する議論がわき起こった。InfoQはこの議論が与えてくれる視点を理解するため、この議論の詳細に分け入った。

  • .NETプラットフォーム用のORMプロファイリング・ツール

    悲しいことに、「ORM」という言葉には、「パフォーマンス問題」がいつも付きまとう。開発者から基礎となるSQLを隠すことで、ORMは、大きな生産性の向上を提供することができる。残念ながら容易に、ばかばかしいほど悪いクエリを生成し、それを認識することもない。クロスリファレンスするストアド・プロシージャなしで、ORM用のプロファイラを使わずに問題のあるコードを見つけるのは、非常にトリッキーな方法が要る。

  • Oracle用ADO.NET Entity Frameworkのプロバイダ

    Microsoftの.NETに対するビジョンは広い。すべてのプログラミング言語を直接または互換性レイヤを通してサポートさせようする願望に加えて、すべての通信のフレームワークやデータストレージエンジンも集約しようとしている。しかし、WCFが通信のAPIの標準化を進めている一方で、 Microsoftの汎用データアクセスモデルであるEntity Frameworkは出遅れてしまっている。

  • Entity Framework CTP for VS 2010

    Visual Studio 2010 Beta 1では、計画されているものがすべて実装されているわけではない。それには、ORMファンにとって重要な機能が含まれている。Entity Framework CTP 1は、自己追跡エンティティ(Self Tracking Entities)のサポート、POCOテンプレート、EDMXなしコーディングのサポートが含まれている。

  • Entity Framework 4.0ベータの新機能

    Entity Framework V2 として知られるEntity Framework 4.0 Beta 1が.NET 4.0ベータ1とともに配布された。本バージョンでは、次のような重要な改良が含まれている。コード生成のカスタマイズ、遅延読み込み、N階層サポート、POCOサポート、DDL生成、クエリのカスタマイズなど

  • Microsoftが.Net RIA Servicesを導入

    先日、Microsoftは.Net RIA Servicesをリリースした。以前は「Alexandria」プロジェクトと呼ばれており、これまではたいていステルスモードであった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。