BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ API に関するすべてのコンテンツ

  • KivaKitフレームワークの紹介

    今回の記事では、オープンソースのJavaマイクロサービスアプリケーションフレームワークであるKivaKitを簡単に紹介します。KivaKitは共同動作するように設計されたミニフレームワークの集合体です。各ミニフレームワークの詳細はhttps://www.kivakit.orgの他、Jonathan Locke氏のブログ"State of the Art"にも記載されています。

  • サービスメッシュ必読ガイド - 第2版: 次世代のマイクロサービス開発

    この第2版のサービスメッシュ必読ガイドの記事では、マルチクラウド、マルチクラスタ、マルチテナントモデル、サービスメッシュ拡張、およびサービスメッシュのプロダクションでの運用面などのサービスメッシュテクノロジーの最新の開発について説明します。

  • クラウドネイティブアーキテクチャの導入 パート3: サービスオーケストレーションとサービスメッシュ

    クラウドネイティブアーキテクチャの導入シリーズのこのパート3の記事では、マイクロサービスベースのアーキテクチャでのサービスの相互作用、適切なガバナンスのない分散システムで発生する一般的な課題、およびサービスオーケストレーションやサービスメッシュなどのパターンがこれらの課題に対処するのにどのように役立つかについて説明します。

  • マイクロサービスの内と外を裏返しにする

    マイクロサービスを裏返しにするということは、単一の要求/応答APIを超えて、クエリとコマンドのインバウンドAPI、イベントを発行するアウトバウンドAPI、およびそれらの両方を記述するメタAPIを備えたマイクロサービスの設計に移行することを意味します。 データベースは、Debeziumなどの結合剤を介してApache Kafkaで補完できます。

  • GraphQLリファレンスガイド: 柔軟でわかりやすいAPIの構築

    このオンラインガイドは、次のようなソフトウェアアーキテクトや技術リーダに関連する質問に答えることを目的としています: なぜGraphQLを使うのでしょうか? なぜ今GraphQLに注意を払う必要があるのでしょうか? 企業のデータモデリングにGraphQLはどのように役立ちますか?

  • Gatlingを使用した負荷テストAPIとWebサイト: 始めるのに遅すぎることはありません

    APIとWebサイトに対して負荷テストを実施すると、長期間の開発後にパフォーマンスを検証し、アプリから有用なフィードバックを取得して、スケーリング機能とパフォーマンスを向上させることができます。エンジニアは、負荷テストの「伽藍」を作成することを避け、全体的なパフォーマンスを向上させるための時間がほとんどないようにする必要があります。 可能な限り単純なテストを作成し、そこから繰り返します。

  • APIゲートウェイの過去、現在、そして未来

    エッジは単純なハードウェアロードバランサとして始まり、APIゲートウェイやコンテンツ配信ネットワーク、ロードバランサを構成する、ハードウェアとソフトウェアプロキシのフルスタックへと進化しました。今回の記事では、アプリケーションアーキテクチャとワークフローの進化をもとに、データセンタエッジの進化の軌跡を追ってみたいと思います。

  • ソフトウェアアーキテクチャと設計 - InfoQトレンドレポート、2020年4月

    InfoQのエディタたちが、2020年のソフトウェアのアーキテクチャと設計の分野におけるトピックをどう見たのか、基本的なアーキテクチャパターン、フレームワークの利用、設計スキルを中心に、その概要をお伝えします。

  • API Gatewayとサービスメッシュがアプリケーション最新化へのドアを開く

    アプリケーションの動作する下位インフラストラクチャからアプリケーションを切り離す”最新化”には、イノベーションの実現、コスト削減、セキュリティ向上などのメリットがあります。API Gatewayはアプリケーションの外部ユーザからの分離を、サービスメッシュは内部ユーザ相互の切り離しを、それぞれ可能にします。

  • API GatewayサービスをClojureからGo言語に書き直す - AppsFlyerによる実例報告

    AppsFlyerはマイクロサービスアーキテクチャ方式で構築されており,1日700億近いHTTPリクエストを処理しています。すべてのフロントエンドサービスをラップしてシステムへのエントリポイントとなるのは,API Gatewayと呼ばれるミッションクリティカルな(非マイクロ)サービスです。この記事では,Clojureベースのゲートウェイから,新たに設計されたGoベースの実装に移行した経験を報告します。

  • RESTlessnessに打ち勝つ

    GraphQLやgRPC,Apache Kafkaといった新しいAPI��ロトコルが,RESTに基づいたHTTP APIに代わるものとして人気を集めています。RESTの代わりを探すのではなく,ソフトウェアエンジニア産業は,成熟したRESTエコシステムを基盤として,新たなプロトコルの技術的長所を探求する手段を模索するべきです。

  • RSocketでRESTに安息(Rest)を

    REST(Representational State Transfer)は、マイクロサービス間の通信におけるデファクトスタンダードになっています。これは望ましいことではない、と著者は主張します。現代的なサービスを開発するには、現代的な素材でHTTPを置き換える必要があります。オープンソースのRSocketはサービスのために設計されました。アプリケーションレベルのフロー制御を組み込んだ、コネクション指向でメッセージ駆動のプロトコルです。

BT