BT

InfoQ ホームページ API に関するすべてのコンテンツ

  • ユーザエクスペリエンスを最大化するNetflixの優先度付きロードシェディング

    Netflixは自社開発のAPIゲートウェイであるZuulを使用して、受信する要求の優先順位の区別を行っている。システムが負荷を受けたり、不安定になったりした場合、Zuulは最も優先度の低いトラフィックを抑制する。その上で、システムが安定性を取り戻すまで、計算された優先順位に基づいて、負荷が低減するように段階的な調整を行うのだ。

  • Facebook.comの再設計:持続可能なパフォーマンスのためのスタックと戦略

    Facebookがブログ記事で、facebook.com Webサイトの最新イテレーションとなるFB5で使用されているテクノロジと戦略を詳細に説明している。Facebookは同社のWebサイトを再構築して、テクノロジスタックをReact、GraphQL、Relay、独自開発のCSS-in-JSライブラリによって標準化した。再開発の目標はパフォーマンスの向上と、新機能の追加を容易にすることだ。

  • Mock Service Workerライブラリにより、復元力のあるRESTおよびGraphQL APIテストが可能に

    Mock Service Worker (MSW) APIモックライブラリを使用すると、開発者は、実際のバックエンドを使用したり、モックサーバーを設定したり、ネイティブhttp/https/fetch実装をスタブしたりせずにWebアプリケーションをテストできる。MSWは、RestとGraphQL APIの両方をモックする。MSWは今年JavaScriptオープンソース賞を受賞した。

  • Ambassador Edge Stackは、内部開発ループの短縮を目指す

    AmbassadorのKubernetesネイティブAPIゲートウェイのプロバイダであるDatawireは、内部開発ループを加速するように設計された新しいバージョンのAmbassador Edge Stackをリリースした。新しいService Preview機能は、レイヤ7 (L7) コントロールを使用して、複数の開発者がローカルでコーディングし、変更がライブクラスタの一部であるかのように変更をプレビューできるようにする。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • Apollo Data Graphプラットフォーム:エンタープライズ向けのGraphQLミドルウェアレイヤ

    最近のInfoQポッドキャストで、Apolloの創設者兼CTOであるMatt Debergalis氏が、GraphQLとApollo Data Graphプラットフォームに対するモチベーションについて議論した。議論した主要なトピックには、エンタープライズコンテキストでのデータモデリング、およびGraphQLを段階的に採用することがフロントエンドシステムとバックエンドシステムの進化を切り離すのにどのように役立つかが含まれていた。

  • MicrosoftがAzure Communication Servicesを備えた新しいコミュニケーションプラットフォームを発表

    Microsoftは、年次開催のIgnite Conferenceで、フルマネージド通信プラットフォームであるAzure Communication Services(ACS)を発表した。このサービスは現在公開プレビュー中である。

  • AWSがAmazon Connect用の新しいコンタクトフローAPIを発表

    Amazon Connectは、企業がコンタクトセンターをセットアップして管理するためのオムニチャネルコンタクトサービスである。これは、世界中の70,000人のAmazonカスタマーサービスアソシエイトが顧客との会話を促進するために使用しているものと同じテクノロジーをベースにしている。

  • Google Cloud API Gatewayのパブリックベータ版が利用可能に

    最近のGoogleのCloud Next仮想会議で、GoogleはAPI Gatewayのパブリックベータを発表した。API Gatewayは、サーバーレスワークロード向けのAPIを作成および監視するためのフルマネージドGoogle Cloudサービスである。

  • Web Storage API - Google Web.DevでのPete Lepage氏の講演より

    ドキュメントからアプリケーションへと移行するWebのニーズに応える���新たなAPIが現れた。 Pete Lepage氏はweb.dev LIBEで、開発者がクライアントデータの格納とキャッシュを行う際の選択肢について、短時間だが詳細な説明を行った。CacheStorage、StorageManagerその他のAPIが、ネイティブなモバイルアプリケーションに匹敵するオフライン機能とパフォーマンスを備えたアプリケーションの開発を支援する。

  • Kong for Kubernetes 0.8 Ingressコントローラがリリースされた

    Kong Inc.は、Kong for Kubernetesバージョン0.8をリリースした。それはKong API Gatewayで動作するKubernetes Ingressコントローラである。このリリースには、Knativeインテグレーション、新しいクラスタレベルのカスタムリソース定義、構成を最小限に抑えるためのアノテーションが追加されている。

  • WebのペリフェラルAPIに関わるセキュリティ懸念

    Googleは数年前から、BluetoothおよびUSBを使用した周辺機器接続をWebブラウザに導入しようとしているが、AppleやMozillaなど、他のブラウザベンダからの強い抵抗にあっている。

  • Twitterが新しい開発者APIを発表

    Twitterは先頃、サードパーティの開発者が使用する新しいTwitter API (早期アクセス) をリリースした。新しいTwitter APIには、標準、学術研究、ビジネスの3つの新製品トラックが含まれている。新しいAPIは、会話のスレッド化、ツイートでの投票結果、プロフィールでのピン留めされたツイート、スパムフィルタリング、リアルタイムのツイート追跡、さらに強力なストリームフィルタリングと検索クエリ言語を提供する。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • Google Cloud Healthcare APIが一般利用可能に

    最近のブログ投稿で、Google はCloud Healthcare APIの一般提供を発表した。このサービスは、Google Cloud Platform(GCP)で構築されたソリューションとアプリケーション間の医療データの交換を容易にする。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。