BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ API に関するすべてのコンテンツ

  • .NETニュース総まとめ - 2021年4月26日の週

    先週は、Microsoftがバイトコードアライアンスに参加したことに注目である。InfoQは、2021年4月26日週の、この件と.NETエコシステムのいくつかの小さな出来事を調査した。

  • Google CloudがHealthcare Consent Management APIを一般利用向けにリリース

    Google Cloudは最近、Healthcare Consent Management APIを一般利用向けにリリースすることを発表した。これは、ヘルスケアアプリケーション開発者と臨床研究者にヘルスデータの使用に関する個人の同意を管理するシンプルな方法を提供するためのものである。Healthcare Consent Management APIは、Google Cloud Platform(GCP)で提供されるCloud Healthcare APIの一部である。

  • MicrosoftがProject Reunion 0.5のプレビュー版をリリース

    今週初め、MicrosoftはProject Reunion 0.5 Previewをリリースした。これは、オペレーティングシステムから切り離された単一のAPIレイヤーの下で、既存のWin32とUWP APIへのアクセスを統合する開発者コンポーネントとツールのセットである。この新しいリリースには、Windows10のネイティブUIプラットフォームの最新バージョンであるWinUI 3の最初の安定版リリースも含まれている。

  • Netflixは迅速なアプリケーション開発のためにGraphQLマイクロサービスを擁した

    Netflixエンジニアリングは先頃、どのようにNetflixが迅速なアプリケーション開発のためにGraphQLマイクロサービスを擁したかを詳述したブログ投稿を公開した。この投稿では、NetflixのシニアソフトウェアエンジニアであるDane Avilla氏が、プロセスにおける重要な学習と、GraphQLが概念実証の開発にどのように役立つかについて説明する。

  • NetflixがDomain Graph Service Frameworkをオープンソース化: Spring BootのGraphQL

    Domain Graph Service Framework (DGS) を実装してからほんの数か月で、NetflixはJavaコミュニティにDGSをオープンソース化した。このフレームワークは、スタンドアロンおよびフェデレーションGraphQLサービスのGraphQLの使用法を改善する。InfoQは、Netflixのシニアソフトウェアエンジニアであり、DGSのコミッタであるPaul Bakker氏と、DGSフレームワークのオープンソースについて話した。

  • Google Cloud、API管理プラットフォームの新メジャーリリースApigee Xを発表

    Google Cloudは先頃、API管理プラットフォームApigeeの新たなメジャーリリースを発表した。今回のリリースは同サービスの10回目の誕生日を飾るもので、Apigee Xと名付けられている。

  • Google Registry APIを使用したAPI情報の整理

    Google Registry APIは、開発者が開発で使用するAPIの機械可読な説明をアップロードして共有することにより、APIに関する情報を整理できるようにすることを目的としている。

  • AsyncAPIとPostman Partner、非同期API用の新ツールを提供へ

    AsyncAPIとPostmanは、Postmanプラットフォーム上でAsyncAPI仕様をサポートする業務提携を発表した。それぞれの発表の中で両社は、今回の提携による非同期APIの開発促進に関して説明している。これを実現するのは、エンジニアの希望するプログラミング言語とフレームワークを使用した非同期APIの開発とメンテナンスを支援する、優れたツールの構築だ。

  • GraphQLデータフェデレーションを実装したHasura Remote Joins

    Hasura Remote Joinsは、単一のデータグラフによる複数の下位データソースへのクエリを可能にする。データソースを修正する必要はなく、連合するデータモデル間のリレーションを設定すればよい。Unified GraphQL APIをHasuraの認証処理、キャッシング処理と組み合わせれば、さらに一貫性のある、セキュアなデータアクセスを大規模に実現することが可能になる。

  • Netflixは大規模なGraphQLフェデレーションを実装

    Netflixは、フェデレーションGraphQL APIを大規模に実装することに成功した。最近のブログ投稿シリーズでは、Netflixのエンジニアが、彼らの旅とその過程で学んだ教訓について説明している。GraphQL Federationを使用すると、APIゲートウェイの実装は、APIゲートウェイの一部として一元的に開発されるのではなく、実装する個々のドメインサービスを所有するバックエンドチームに分散される。

  • ユーザエクスペリエンスを最大化するNetflixの優先度付きロードシェディング

    Netflixは自社開発のAPIゲートウェイであるZuulを使用して、受信する要求の優先順位の区別を行っている。システムが負荷を受けたり、不安定になったりした場合、Zuulは最も優先度の低いトラフィックを抑制する。その上で、システムが安定性を取り戻すまで、計算された優先順位に基づいて、負荷が低減するように段階的な調整を行うのだ。

  • Facebook.comの再設計:持続可能なパフォーマンスのためのスタックと戦略

    Facebookがブログ記事で、facebook.com Webサイトの最新イテレーションとなるFB5で使用されているテクノロジと戦略を詳細に説明している。Facebookは同社のWebサイトを再構築して、テクノロジスタックをReact、GraphQL、Relay、独自開発のCSS-in-JSライブラリによって標準化した。再開発の目標はパフォーマンスの向上と、新機能の追加を容易にすることだ。

  • Mock Service Workerライブラリにより、復元力のあるRESTおよびGraphQL APIテストが可能に

    Mock Service Worker (MSW) APIモックライブラリを使用すると、開発者は、実際のバックエンドを使用したり、モックサーバーを設定したり、ネイティブhttp/https/fetch実装をスタブしたりせずにWebアプリケーションをテストできる。MSWは、RestとGraphQL APIの両方をモックする。MSWは今年JavaScriptオープンソース賞を受賞した。

  • Ambassador Edge Stackは、内部開発ループの短縮を目指す

    AmbassadorのKubernetesネイティブAPIゲートウェイのプロバイダであるDatawireは、内部開発ループを加速するように設計された新しいバージョンのAmbassador Edge Stackをリリースした。新しいService Preview機能は、レイヤ7 (L7) コントロールを使用して、複数の開発者がローカルでコーディングし、変更がライブクラスタの一部であるかのように変更をプレビューできるようにする。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。