BT
前の記事 rss
人のフォロワー

AWS IoT Analyticsが一般向けに利用可能に

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年6月4日 午前3時17分

Amazonは、IoTデバイスから収集されたデータの高度な分析を提供するAWS IoT Analyticsサービスの一般向けの提供を開始した。昨年のre:Invent会議でAmazonはAWS IoT Analyticsの最初のプレビュー版をリリースした。このカンファレンス以来、このサービスは、Amazonが推奨するIoTにフォーカスしたサービスである。

人のフォロワー

Amazon Auroraが「バックトラック」機能を追加し、DBクラスタを特定の時点に巻き戻せるようになった

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月31日 午後8時57分

マネージドMySQLとマネージドPostgreSQLとの互換性がありAWSのリレーショナルデータベースであるAmazon Auroraは、新しいバックトラック機能を提供する。このバックトラック機能を使用することで、間違ったテーブルを削除するなどの間違いを元に戻すことができる。

人のフォロワー

Amazonが新しいクラウドセキュリティサービスであるAWS Firewall Managerを開始

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月21日 午前12時54分

Amazonは、AWS Firewall Managerと呼ばれる新しいサービスを開始し、AWSの顧客に複数のアカウントに対してAWS Web Application Firewallルールを一元的に設定する方法を提供する。AWS Firewall Managerは、セキュリティとコンプライアンスのためにAmazonが最近開始したいくつかのサービスの一部である。

人のフォロワー

AWS EC2 Fleet:1リクエストで何千ものOn-DemandインスタンスとSpotインスタンスを管理

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月16日 午後9時49分

AmazonはEC2 Fleetを発表した。これは、単一のAPIを使用して、EC2のOn-Demandインスタンス、Reservedインスタンス、Spotインスタンスを組み合わせたフリートを作成できる新しい機能である。さらに、顧客は必要なキャパシティと、どのインスタンスタイプのVMかを指定することができ、スキャフォールディングコードを記述することなく、AWSは必要なインスタンスを起動、管理、監視、スケールする。

人のフォロワー

新しいGraphQL機能を含むAWS AppSyncが一般利用可能になった

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月14日 午前12時25分

先月Amazonは、リアルタイムデータとオフラインプログラミング機能を備えたGraphQLサービスであるAWS AppSyncを一般利用可能として公開した。AmazonはAWS AppSyncを前年のre:Invent会議で紹介した。現在のGAリリースには、開発、テストフローとデバッグフロー、Amazon CloudWatchインテグレーションを促進するいくつかの新機能が含まれている。

人のフォロワー

AWSがServerless Application Model (SAM)の実装をオープンソース化し、機能を拡張

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午後10時49分

Amazon Web Services(AWS)は最近、Serverless Application Model(SAM)の実装をオープンソース化した。そして、CloudWatch Logsサブスクリプションフィルタ用の新しいイベントソースを追加した。これまでのリリースでは、Amazon API Gatewayを介してREST APIを設定およびデプロイするためのオプションの総合的な拡張が特徴であった。オプションとして、CORSヘッダー、リージョンエンドポイント、バイナリメディアタイプがサポートされている。

人のフォロワー

Amazonが認証情報を安全に格納、配布、ローテーションするためのAWS Secrets Managerを提供

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午後10時27分

AmazonはAWS Secrets Managerの提供開始を発表した。これにより、顧客がAPIやAWS Command Line Interface(CLI)を使用してシークレットを簡単に格納および取得できるようになる。さらに、顧客は、組み込み機能やカスタムのラムダ関数を使用して資格情報をローテーションできる。AWS Secrets Managerを使用すると、分散サービスと分散アプリケーションのシークレット管理を一元化できる。

人のフォロワー

Amazon S3がアップデートを実施 - 新ストレージクラスとS3 Selectの一般供用を開始

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida _ フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午前4時3分

Amazon S3は先頃、サービスのアップデートを行い、新しいストレージクラスであるS3 One Zone-Infrequent Access (Z-IA) Storage ClassとS3 Select機能の一般提供を開始した。S3 Selectはデータのサブセットを従来より短時間で取得可能にする機能であり、新しいストレージであるOne Zone IAクラスは、頻度の低いデータを取得するための廉価なオプションである。

人のフォロワー

AWSサービスはすべてGDPRの準備ができている

作者: Alex Giamas フォローする 8 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年5月7日 午前2時13分

2018年5月25日に、EUの一般データ保護規則(GDPR)が施行される。Amazonウェブサービスは、最近、一般的に利用できるサービスすべてが、今ではGDPR規則に準拠していることを発表した。 GDPRは、過去20年間で、データプライバシ規則のもっとも大きな改革だ。この記事では、AWSとGDPRの重要な変更点と、GDPRに準拠するためにしなければならないことを述べる。

人のフォロワー

AWSがServerless Application Repositoryを一般公開

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年4月11日 午前2時59分

re:Invent 2017以降の短いプレビュー期間を経て、Amazon Web Services (AWS)は新たにServerless Application Repositoryの一般提供を開始した。“AWSパートナ、企業ユーザ、独立系開発者が開発したサーバレスアプリケーションを共有するための理想的な場所”を自称するAWS Lambdaコンソールを使用して、サーバレスアプリケーションとコンポーネントを探索し、設定し、展開することが可能になる。

人のフォロワー

AmazonがEC2インスタンスのネットワーク帯域幅を拡大

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月12日 午前3時6分

AmazonはすべてのAWSリージョンにおいて、現世代EC2インスタンスと、最新のAMI(Amazon Machine Image)間のトラフィックの帯域幅を拡大すると発表した。この拡張によって、これまで以上に効率的なデータ移動が可能になると同時に、パブリッククラウドプロバイダ間のネットワークの水準もこれまでより高くなるはずだ。

人のフォロワー

AWSがAmazon EC2スポットインスタンスの価格モデルと運用方法を簡略化

作者: Steffen Opel フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年3月5日 午前12時3分

Amazon Web Services (AWS)は先頃、Amazon EC2スポットインスタンスの要求方法と操作方法を大きく変更して、大幅なコスト削減を実現した。入札価格を指定せずにスポットインスタンスを要求できるようになり、スポット価格がより穏やかなものに調整された。さらに、スポットインスタンスの停止および休止と再起動が可能になったことで、中断可能なワークロードをさらに最適化できるようになった。

人のフォロワー

AWSのインターリージョンVPCピアリング

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 勇 大地 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月19日 午前2時22分

AWS のチーフエバンジェリスト Jeff Barr 氏による直近の AWS News Blog ポストにて、インターリージョン Virtual Private Cloud (VPC) ピアリング機能について説明している。昨年11月の re:Invent にて、Amazon はインターリージョン VPC ピアリングのサポートをアナウンスした。本機能により、AWS 利用者はプライベート IP アドレスを利用し異なるリージョンの実行リソースが互いに通信可能となる。

人のフォロワー

Amazonがクラウドアプリケーション間で統合されたAWS Auto Scalingサービスをリリース

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月16日 午前12時44分

Amazonは新しいサービスであるAWS Auto Scalingをリリースした。このサービスは、既存のサービス固有のスケーリング機能をベースに構築されている。AWS Auto Scalingは、アプリケーションを監視する顧客に役立つものであり、容量を自動的に調整して安定した予測可能なパフォーマンスを維持する。このサービスは、AWSのクラウドアプリケーションに統合されたスケーリング機能を提供する。

人のフォロワー

Amazon Web Servicesの新EUリージョン(パリ)が運用を開始

作者: Steef-Jan Wiggers フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前1時32分

Amazonは、フランス内および周辺のユーザによりよいサービスを提供するため、パリに18番目のAWSリージョンをローンチする。欧州ではドイツ、アイルランド、英国に続く4番目のリージョンとなる。AWS EU(Paris)と呼ばれるフランスリージョンでは、コンピューティング、ストレージ、IoT、AI、サーバレスコンピューティングを含むAWSサービスがフルスタックで提供される予定だ。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT