BT

InfoQ ホームページ Amazon Webサービス に関するすべてのコンテンツ

  • AmazonがマネージドブロックチェーンとQuantum Ledger Databaseを導入

    Amazonは、ブロックチェーンネットワークの構築と管理を行う、新しいマネージドサービスを発表した。現在はHyperledger Fabricプロジェクトをサポートしており、近日中のEthereumをサポートする予定だ。Amazonはさらに、不可変のトランザクションログを格納するマネージド台帳データベースのQuantum Ledger Database(QLDB)という、補完的なブロックチェーンサービスも導入している。

  • AmazonがDynamoDBのトランザクションサポートを発表

    Amazonは、同社のDynamoDBデータベースサービスがTransactionsをサポートし、高度にスケーラブルなアプリ開発のための完全なACID(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)を提供することを発表した。この機能によって、複数項目の更新に対するトランザクションの保証を構築することが可能になり、高度にスケーラブルでビジネスクリティカルなアプリケーションを開発する際の競合やエラーの回避が容易になる。

  • AWSが“Firecracker”をリリース - コンテナとサーバレスワークロードのためのRustベースのオープンソースmicroVM

    AmazonがFirecrackerのリリースを発表した。“マルチテナントなコンテナと関数ベースのサービスを開発し、安全に管理する”ことを目的に構築された、オープンソースの仮想テクノロジだ。Firecrackerは、Rustで記述されたオープンソースのVMMであるChromium OS's Virtual Machine Monitor(crosvm)からのフォークで、そのテクノロジはAmazonのAWS Lambdaサービスを支えるために使用されている。

  • AWS re:Invent 2018での発表を振り返る

    もしあなたが、Amazon Web Services(AWS)はローンチすべきサービスを使い果たしてしまったのではないかと心配していたのなら、今年のre:Inventがそれを安心に変えてくれただろう。先日終了したイベントで、AWSは、さまざまなカテゴリにわたる発表を立て続けに行なった。re:Inventの発表に“テーマ”があることはめったにないのだ。それでも大きな注目を集めたのは、マシンラーニングやデータベース、ハイブリッドクラウド、アカウント管理といったものだった。

  • Amazon、インテリジェントなロボットアプリケーション構築のためにAWS RoboMakerを発表

    AWS re:Invent 2018において、AmazonはAWS RoboMakerを発表した。これはインテリジェントなロボットアプリケーションの開発、テスト、デプロイを簡単にするサービスだ。RoboMakerにはROS(Robot Operating System)の拡張機能が含まれており、AWSへクラウド接続することで、機械学習、認識、監視、分析サービスが利用できるようになる。

  • AlexaフラッシュブリーフィングとしてInfoQ Headlinesが利用可能に

    InfoQは、InfoQ.comの最新技術ニュースを声に出して読むAlexaフラッシュブリーフィングをリリースした。このフラッシュブリーフィングスキルは、ソフトウェアの最新トレンドのアップデートを提供し、コンテンツを2分以内のブリーフィングにまとめてくれる。スキルは英語のAlexaスキルが提供されているところで利用できる。

  • AmazonがAWS Europe(Stockholm)リージョンの追加を発表

    パブリッククラウドプロバイダは、毎年新しいリージョンを開設している。2018年が終わる前に、Amazonは別の新しいリージョンが使えるようになることを発表した。この新しいリージョンはヨーロッパで5番目のリージョンである。正式名称はEurope(Stockholm)、API名称はeu-north-1である。

  • AWS Lambda LayersとRuntime API:公式にサポートされているランタイム以外もサポート

    AWS re:Invent 2018では新しい機能とサービスが多数発表された。機能間で共有されるコードとデータを一元管理するLambda Layerや、LambdaをJavaScript以外のあらゆるプログラミング言語に拡張するLambda Runtime APIなどである。

  • AmazonがEC2インスタンスに予測スケーリング機能を導入

    最近のブログ記事で、Amazonは、予測スケーリング機能を追加して、Auto Scaling for EC2インスタンスをより強力にしたことを発表した。さらに、この新機能により、顧客は、これまでやってきた自動スケーリングの手動による微調整をすることなく、スケーリング計画を作成することができる。

  • ConcouseCIによるテスト駆動コンテナ化ビルドパイプライン

    ThoughtWorksの主任開発者のひとりが、同社のあるクライアントでビルドパイプラインを書き換えた際の、自身のチームの経験談を公開している。チームは、コンフィギュレーション・アズ・コード、パイプライン駆動デリバリ、コンテナのサポート、システムの可視性といった点を重視して、JenkinsからConcourseCIへのスイッチを行った。

  • Amazon、Managed Streaming for Kafkaのパブリックプレビューを発表

    AmazonはAWS re:Invent 2018で、顧客がApache Kafkaを用いてストリーミングデータ処理を行うアプリケーションを簡単に構築および実行できるようにする新しいフルマネージドサービスを発表した。この新しいサービスはAmazon Managed Streaming for Kafka、略してAmazon MSKと呼ばれ、現在パブリックベータとして提供されている。

  • Amazon、自動的にコストを最適化するS3ストレージクラスIntelligent-Tieringを導入

    AmazonはIntelligent-Tieringという新しいS3ストレージクラス発表した。これは使用パターンに基づいて最も費用対効果の高いストレージ階層を自動的に選択することで、ストレージコストを最適化する。S3にあるデータへのアクセス頻度が低い顧客にとって、この新しいクラスはコストを削減するのに役立つ。

  • 迅速なアプリケーションデプロイのためのAWS Amplifyコンソール

    AWS re:Invent 2018では、モバイルWebアプリケーション向けの継続的デプロイサービスである新しいAWS Amplifyコンソールなど、新しい機能とサービスの発表が数多くあった。

  • AWS Marketplace、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージを提供

    Amazon Web Servicesは、機械学習アルゴリズムとモデルパッケージをAWS Marketplaceで提供することをAWS re:Invent Conferenceで発表した。

  • Facebook、PyTorch 1.0のプレビュー版をリリース

    サンフランシスコで開催されたPyTorchデベロッパーカンファレンスで、FacebookはPyTorch 1.0の開発者向けプレビュー版をリリースした。PyTorchはオープンソースのDeep Learningフレームワークで、研究プロジェクトをスムーズにプロダクションへ持っていくのに使われる。PyTorch人気の高まりから、今回のリリースでは、PyTorchエコシステムをよりサポートするために、パブリッククラウドおよびハードウェア企業が多くの投資をしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。