BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Amazon Webサービス に関するすべてのコンテンツ

  • Cockroach Labs 2022クラウドレポート:AMDがIntelの性能を上回る

    Cockroach Labsは最近、一般的なOLTP処理に対するAWS、Microsoft Azure、Google Cloudのパフォーマンスを評価する年次クラウドレポートをリリースした。これまでとは異なり、今年のレポートでは総合的なベストプロバイダーを掲示していないが、AMDインスタンスはIntelインスタンスよりも優れていると結論付けている。ARMインスタンスはテストの対象外であった。

  • AWSがルート53にIPベースのルーティングを導入

    AWSは最近、Amazon Route 53でのIPベースルーティングのサポートを発表した。DNSサービスの新しいオプションにより、顧客はクライアントサブネットに基づいてドメインのリソースをルーティングし、ネットワークトランジットのコストとパフォーマンスを最適化できる。

  • AWS Step Functions向けの可観測性を提供する新機能

    最近、AWSは、Step Functions向けのステートマシンページの新たなオプトイン機能を発表した。開発者は、新しい実行ページオプションを有効にすることで、標準ワークフローをすばやく分析、デバッグ、最適化することができるようになった。

  • AWS DataSyncがAWS、Google Cloud、Azure間のデータ移動をサポート

    Amazonは最近、AWS DataSyncがストレージロケーションとしてGoogle Cloud StorageとAzure Filesストレージをサポートを追加したと発表した。このデータサービスの2つの新しいオプションは、AWSの内外へのデータの移動に役立つが、データ転送料金は依然としてネックとなる可能性がある。

  • AWSがLambda向けのPowerShellカスタムランタイムを発表

    AWSは最近、AWS Lambda向けの新たなPowerShellカスタムランタイムを発表した。これはPowerShellで記述したLambda関数を実行するためのランタイムである。この新たなランタイムを使うことで開発者はLambdaでネイティブPowerShellコードをコンパイルせずに記述できるため、デプロイとテストがシンプルになる。

  • Amazon EKSブループリントがKubernetesクラスタのブートストラップを効率化

    AWSはEKSブループリントをリリースした。これは、EKSクラスタをシンプルに設定・デプロイするためのinfrastructure as code(IaC)モジュールのコレクションである。EKSブループリントは現在、HashiCorp TerraformとAWS Cloud Development Kit(CDK)の両方に実装されている。ブループリントは、Prometheus、Nginx、Argo CDなどの多くのオープンソースアドオンをサポートする。

  • Amazon RekognitionがStreaming Video Eventを導入

    AWSは先頃、Amazon Rekognitionの新機��として、ライブビデオストリーム上でリアルタイムなアラートを提供するStreaming Video Eventsの提供を開始すると発表した。

  • Amazon EC2がNitroTPMとUEFIセキュアブートをサポート

    AWSは最近、UEFIセキュアブートとNitroTPMの一般向け提供を発表した。NitroTPMは、AWS Nitroシステムをベースとした、EC2インスタンス向けの仮想TPMモジュールである。この新機能は、ブートプロセスの検証、キーの保護、デジタル著作権管理のための設計となっている。

  • AWSが初のGraviton3インスタンスをリリース

    AWSは最近、C7gインスタンスの一般向け提供を発表した。Graviton 3プロセッサを実行する初のEC2インスタンスである。計算集約型の処理向けに設計されており、常時実行されるメモリ暗号化、すべてのvCPUに対する専用キャッシュが提供され、ポインタ認証がサポートされる。

  • AWS LambdaがNode.js 16ランタイムのサポートへ

    Recently AWS ann最近AWSは、Node.jsバージョン16がFunction as a Service(FaaS)AWS Lambdaをサポートし、アクティブなLTSステータス(一般利用可能)にあることを発表した。ounced that Node.js version 16 supports its Function as a Service (FaaS) and is in active LTS status (ready for general use).

  • 監視システムを効果的に監視する - ヴィジランス・コントロールを使ったMiedwar Meshbesher氏の例

    システムが正常に監視されていることを保証するのは、そのためのオープンソースや有償のツールも数多くあるため、それほど難しいことではない。しかしながら、これらのシステムが能書き通りに機能していることを確認したり、監視しているはずのシステムに問題がある場合にそれを効果的に伝えたりするには、どうすればよいのだろうか?

  • AWSがIO処理が膨大となるストレージに最適化されたI4iインスタンスを導入

    AWSは最近、EC2 I4iインスタンスタイプを導入した。これは中規模のデータセットへの高速アクセスが必要となる、データ集約型のストレージとIOアクセスが膨大となる処理向けのものである。この新しいインスタンスは、高性能のリアルタイムリレーショナルデータベース、分散ファイルシステム、データウェアハウス、Key-Valueストアに対するメリットがある。

  • AWSが新たにローコード開発ツールAmplify Studioを一般向け提供(GA)としてリリース

    最近、AWSはAWS Amplify Studioの一般向け提供(GA)を発表した。これは、ウェブ/モバイルアプリケーションのフロントエンドとバックエンドの開発をシンプルするビジュアルインターフェイスである。これは、既存のAWS Amplifyサービス、そして一連のツールと機能を拡張したものである。その目的は、開発者がさまざまなAWSサービスの設定を素早く始められるようにして、ユーザ認証などのバックエンドのユースケースをサポートできるようにすることである。

  • Amazon SageMakerサーバーレス推論が一般向け提供へ

    Amazonは最近、SageMakerサーバレス推論が一般向けに利用可能となったことを発表した。この新しいオプションは、断続的、あるいは、まれなトラフィックパターンを伴う処理向けに設計されており、モデルが受信する推論要求の量に応じて計算能力をプロビジョニング・スケーリングする。

  • Amazon MSK Serverlessが一般提供に

    AWSは先ごろ、Amazon MSK Serverlessが一般提供されるようになったと発表した。Apache Kafka クラスタを管理するサーバレスオプションにより、容量を監視する必要がなくなり、クラスタ内のパーティションのバランスが自動的にとられる。

BT