BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Edge に関するすべてのコンテンツ

  • QCon Plus November 2021はオンラインと対面(NYとSF)のハイブリッドで開催

    QCon Plusソフトウェア開発会議は、2021年11月1日から5日までオンラインおよび対面で開催される。世界で最も革新的なソフトウェア組織内で変化と革新を推進する専門家と関わり、ネットワークを築く機会を手に入れましょう。

  • Microsoftは、Windows 10の特定のバージョンに対して2022年6月にInternet Explorer 11を廃止

    Microsoftは最近、Windows 10の特定のバージョンでInternet Explorer 11デスクトップアプリケーションが2022年6月15日に廃止されることを発表した。レガシーInternet ExplorerベースのWebサイトおよびアプリケーションは、Microsoft Edgeに組み込まれているInternet Explorerモードで引き続き動作する。

  • Compat2021でブラウザベンダが互換性問題解決に手を結ぶ

    Microsoft、Google、Igaliaの3社と業界のパートナが、ブラウザの互換性向上を目指して手を結んだ。ブラウザ間の垣根を越えたこの活動は#Compat2021と名付けられ、互換性上最も大きな問題となっている5つのポイントに重点を置く。いずれもCSSに関するもので、CSS Flexbox、CSS Grid、CSS position: sticky、CSS aspect-ratioプロパティ、CSS transformsである。

  • Microsoftは、パブリックプレビュー版でAzure IoT Edge Modules for Linux on Windowsを発表

    最近、Microsoftは、EFLOWとしても知られるAzure IoT Edge for Linux on Windowsのパブリックプレビュー版を発表した。EFLOWを使用すると、顧客はWindows IoTで本番環境のLinuxベースのクラウドネイティブの処理を実行できる。

  • CloudflareがCloudflare PagesでJamstackサイトを構築してホストする方法を発表

    先頃のブログ投稿で、CloudflareはCloudflare Pagesを使用してJAMstackサイトを構築およびホストするための高速で安全かつ無料の方法を発表した。Gitリポジトリおよび既存のJAMstackフレームワークとシームレスに統合され、現在ベータ版だ。

  • AWSがAmazon SageMaker Edge Managerを発表

    最近、AWSはAmazon SageMaker Edge Managerと呼ばれるSageMakerの新機能を発表した。SageMakerのこの新機能により、顧客はスマートカメラ、ロボット、産業用機械などのエッジデバイスのフリートで機械学習モデルを簡単に準備、実行、監視、更新できる。

  • AWS IoT Greengrassが2.0に到達、Edgeランタイムがオープンソースに

    2017年に発表されたAWS Greengrassは、IoTシステムのセットアップと管理のタ���クを容易にすることを目的としている。バージョン2.0では、コマンドラインインターフェイスの刷新や、ビルド済みコンポーネントの追加と削除のサポートなど、新しい開発者機能が追加されている。さらに、Edge ランタイムはオープンソースになり、GitHubで利用できるようになった。

  • FastlyがCompute@Edgeの機能を拡張

    Fastlyは、最近、サーバレスコンピューティング環境向けの新機能であるCompute@Edgeを発表した。Fastlyは、エッジクラウドネットワークとコンテンツ配信ネットワーク向けのソリューションを提供するクラウドコンピューティング会社である。新しいリリースでは、新しいCLI機能、Terraform APIサポート、サポート言語の追加が含まれる。

  • Ambassador Edge Stackは、内部開発ループの短縮を目指す

    AmbassadorのKubernetesネイティブAPIゲートウェイのプロバイダであるDatawireは、内部開発ループを加速するように設計された新しいバージョンのAmbassador Edge Stackをリリースした。新しいService Preview機能は、レイヤ7 (L7) コントロールを使用して、複数の開発者がローカルでコーディングし、変更がライブクラスタの一部であるかのように変更をプレビューできるようにする。

  • MicrosoftがAzureのマルチクラウド、マルチエッジ、ハイブリッド機能を刷新

    先日のIgnite仮想カンファレンスで、Microsoftは、Azureのマルチクラウドとエッジのハイブリッドサービスに関連するいくつかのアップデートを発表した。その内容はセキュリティのイノベーションから、エッジの新機能にまで及んでいる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」戦略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • Fastlyでネットワーク自動化

    FastlyのTechOps担当のシニアディレクターであるRyan Landry氏は、ネットワークの自動化により、スーパーボウルLIVなどの人気のライブストリーミングイベント中にトラフィックのピークを管理する方法を共有した。ビデオストリームをできるだけエンドユーザの近くで配信するために、Fastlyは米国中の多数のISPに直接接続されており、ライブビデオトラフィックをパートナーとのこれらの直接パスに維持しようとしている。

  • AWS Wavelength 一般提供

    AWSは先頃、サンフランシスコとボストンのAWS Wavelengthゾーンを、Verizonデータセンタでコンピューティングサービスのサブセットを提供できるようにした。新しいゾーンにより、開発者はモバイルキャリアの超低レイテンシのメリットを享受できるアプリケーションを構築できる。

  • Micorsoft Edge 79が Chromiumブラウザエンジンを採用

    MicrosoftはEdge 79のリリースで、同社独自のEdgeHTMLエンジンから、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行した。

  • GoogleのExrtension Manifest V3ドラフトに対して、Mozillaが既存の広告ブロッカのサポート継続を表明

    Mozillaは、広告表示を阻止する既存のエクステンションのサポートを継続する。この決定は、Extensions Manifest v3のドラフトで、広告ブロッカを動作不能にするブラウザ拡張メカニズムを提案中のGoogleとは対照的だ。

BT