BT

InfoQ ホームページ Edge に関するすべてのコンテンツ

  • FastlyがCompute@Edgeの機能を拡張

    Fastlyは、最近、サーバレスコンピューティング環境向けの新機能であるCompute@Edgeを発表した。Fastlyは、エッジクラウドネットワークとコンテンツ配信ネットワーク向けのソリューションを提供するクラウドコンピューティング会社である。新しいリリースでは、新しいCLI機能、Terraform APIサポート、サポート言語の追加が含まれる。

  • Ambassador Edge Stackは、内部開発ループの短縮を目指す

    AmbassadorのKubernetesネイティブAPIゲートウェイのプロバイダであるDatawireは、内部開発ループを加速するように設計された新しいバージョンのAmbassador Edge Stackをリリースした。新しいService Preview機能は、レイヤ7 (L7) コントロールを使用して、複数の開発者がローカルでコーディングし、変更がライブクラスタの一部であるかのように変更をプレビューできるようにする。

  • MicrosoftがAzureのマルチクラウド、マルチエッジ、ハイブリッド機能を刷新

    先日のIgnite仮想カンファレンスで、Microsoftは、Azureのマルチクラウドとエッジのハイブリッドサービスに関連するいくつかのアップデートを発表した。その内容はセキュリティのイノベーションから、エッジの新機能にまで及んでいる。

  • Rancher2.4は100万のKubernetesクラスタをサポートする

    Kubernetes管理プラットフォームの作成者であるRancher Labsは、「Run Kubernetes Everywhere」戦略に沿ってRancher 2.4をリリースした。Rancherは、異種、マルチクラスタ、マルチクラウドのKubernetes管理プラットフォームである。新しいリリースは、エッジスケールでKubernetesをサポートするために必要なスケーラビリティ、管理、セキュリティ機能の提供に重点を置いている。

  • Fastlyでネットワーク自動化

    FastlyのTechOps担当のシニアディレクターであるRyan Landry氏は、ネットワークの自動化により、スーパーボウルLIVなどの人気のライブストリーミングイベント中にトラフィックのピークを管理する方法を共有した。ビデオストリームをできるだけエンドユーザの近くで配信するために、Fastlyは米国中の多数のISPに直接接続されており、ライブビデオトラフィックをパートナーとのこれらの直接パスに維持しようとしている。

  • AWS Wavelength 一般提供

    AWSは先頃、サンフランシスコとボストンのAWS Wavelengthゾーンを、Verizonデータセンタでコンピューティングサービスのサブセットを提供できるようにした。新しいゾーンにより、開発者はモバイルキャリアの超低レイテンシのメリットを享受できるアプリケーションを構築できる。

  • Micorsoft Edge 79が Chromiumブラウザエンジンを採用

    MicrosoftはEdge 79のリリースで、同社独自のEdgeHTMLエンジンから、Chromeで使用されているオープンソースエンジンのChromiumに移行した。

  • GoogleのExrtension Manifest V3ドラフトに対して、Mozillaが既存の広告ブロッカのサポート継続を表明

    Mozillaは、広告表示を阻止する既存のエクステンションのサポートを継続する。この決定は、Extensions Manifest v3のドラフトで、広告ブロッカを動作不能にするブラウザ拡張メカニズムを提案中のGoogleとは対照的だ。

  • MicrosoftがEdgeにSQLを導入、Azure SQL Database Edge

    シアトルで開催された直近のBuildカンファレンスで、Microsoftはプレビュー段階ではあるが、新たなデータベースを提供することを発表した。SQL機能をエッジ コンピューティングに導入するものだ。公にはAzure SQL Database Edgeと呼ばれる、このデータベースサービスは、ARM64および x64プロセッサで稼働し、データ ストリーミングや時系列データ、グラフサポートおよびデータベース内の機械学習といった機能を提供する。Linux、Windows、Docker、Kubernetesコンテナプラットフォームがサポートされる

  • Envoy Proxyのさまざまな顔 - エッジゲートウェイ,サービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジ

    米国シアトルで開催された第1回のEnvoyConで,Pinterest,Yelp,Grouponのエンジニアたちが,Envoy Proxyの現在のユースケースについて発表した。すべてに共通するメッセージは, 現代のネットワークにおいて,エッジゲートウェイやサービスメッシュ,ハイブリッドネットワーキングブリッジなどの"ユニバーサル [プロキシ] データプレーンAPI"を提供するというビジョンの成就に,Envoy Proxyが近づ���つつあるということだ。

  • eBayでエッジプロキシとして運用されるEnvoy - ソフトウェアソリューションによるハードウェアロードバランサのリプレース

    米国シアトルで開催された最初のEnvoyConで,eBayのエンジニアリングチームが講演し,同社がエッジにおいて,ハードウェアベースのロードバランサの置き換えとしてEnvoy Proxyを運用していることを報告した。そこで得た大きな教訓は,"プログラム可能なエッジ"には多くのメリットとともに,いくつかの課題も存在するということだ。

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • ChromeエクステンションのEdgeへの移植を支援するMicrosoft Edge Extension Toolkit

    MicrosoftがWindows 10用として新たに提供するEdge Extension Toolkitは,Chromeエクステンションを簡単にMicrosoft Edgeエクステンションに変換するためのツールだ。

  • MicrosoftはChakraをオープンソースにしてNode.jsを実行しようとしている

    EdgeのJavaScript VMを開放するという彼らの約束を現実にするため、Microsoftは、寛容なMITライセンス下でChakraのソースコードを提供した。ChakraCoreという名の下でリリースされたコードは、MicrosoftがEdgeとUniversal Windows Platform (UWP)で使っているVMと基本的に同じもので、EdgeへのバインディングとUWPといくつかのCOM診断APIが除かれている。

  • MicrosoftはまもなくIE8, 9, 10のサポートを終了する。

    MicrosoftはIE8, 9 10のサポートを終了して、ユーザーにIE 11やEdgeへの切り替えを促した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。