BT

InfoQ ホームページ ニュース FastlyがCompute@Edgeの機能を拡張

FastlyがCompute@Edgeの機能を拡張

ブックマーク

原文(投稿日:2020/11/14)へのリンク

Fastlyは、最近、サーバレスコンピューティング環境向けの新機能であるCompute@Edgeを発表した。Fastlyは、エッジクラウドネットワークとコンテンツ配信ネットワーク向けのソリューションを提供するクラウドコンピューティング会社である。新しいリリースでは、新しいCLI機能追加、Terraform APIサポート、サポート言語の追加があった。

1年前にベータ版として導入されたCompute@Edgeは現在、一般向けに提供されている。そして、WebAssemblyバイナリを生成するTypeScriptの派生であるRustとAssemblyScriptのサポートを提供する。サーバレスの最も困難な側面と、Fastlyがそれらに対処する方法について説明している記事で、FastlyのプリンシパルプロダクトマネージャーであるMJ Jones氏は、Compute@Edgeの主な利点について説明している。

サーバレスには大きな利点があります。あなたのアプリケーション用に特定したサーバリソースを作成して、維持する必要はありません(...)しかし、すべてのサーバレスソリューションが同じように作成できるわけではありません。(...)コールドスタート、リージョンの遅延、および可観測性は、最も一般的に認識されている課題の1つです。しかし、WebAssemblyとLucetの上に構築されたサーバレスコンピューティング環境であるCompute@Edgeは、新世代のサーバレスの先駆けとなります。

著者によると、このサービスは、世界中のサーバ間で同時にロジックを実行する上でのリージョン遅延を大幅に削減する。そして、コード実行の起動時間が、マイクロ秒単位で測定できるくらいのものを提供する。これは、他のサーバレスプラットフォームに比べて非常に小さいものである。AlertMeとAWS Serverless Heroの最高技術責任者であるJeremy Daly氏は、新しいプラットフォームに感銘を受け、週次のサーバレスニュースレターであるOff-by-noneで、次のようにコメントしている。

Fastlyに注目するよう言ったときを全て覚えているでしょうか?彼らはCompute@Edgeソリューションの大幅な機能強化を発表しただけでなく、MozillaからWebAssembly(Wasm)チームの一部を買収しました。Wasm-on-the-serverについて考えていなかった場合は、考える必要があります。エッジでのコンピューティングの未来である可能性があります。

Bytecode Alliance: 1年間のアップデートで報告されているように、Fastlyは最近、Lucetの取り組みを拡大するためにMozillaからWebAssemblyチームの一部を買収した。Lucetは、Compute@Edgeを強化するオープンソースのWebAssemblyランタイムおよびコンパイラである。

Fastlyは、エッジプラットフォームのユースケースの中で、利用率を制限するために待合室トークンを提案している。この制限に従って、ユーザは、新しいセッション、機械学習の推論処理、IoTデータストリームの要約、エントリポイントでの処理機能を必要とするサーバーレスアプリケーションを開始するため、中央データセンターのロジックを削減できる。Developer Hubは、Computer@Edgeを使用してエッジコンピューティングを試したい開発者向けに、レシピ、テンプレート、サーバーキットを提供する。

待合室はエッジに実装されている。 出典: https://developer.fastly.com/solutions/patterns/waiting-room/

エッジコンピューティングのデプロイとオプションを拡大しているのはFastlyだけではない。Cloudflare Workersは、世界中でサーバレスコードを実行するCloudflareのサービスである。GitHubの最高技術責任者であるJason Warner氏によると、両社は最大のクラウドプロバイダーで大きくリードしている。

最も興味深いクラウド技術はエッジであり、大規模なクラウドプロバイダーはそれを見逃していると思います。FastlyとCloudflareはどちらもこの領域を拡大する余地があり、夢が大きいオープンな領域です。

AWSは、Amazon CloudFrontの機能としてLambda@Edgeを提供している。これは、よりエンドポイントに近い場所で、応答性の高いアプリケーションと分析サービスを構築するためのものである。Microsoftは今年初めにAzure Edge Zonesを導入した。一方で、Google Cloudの最近、Anthos at the Edgeを発表した。

FastlyのプリンシパルエンジニアであるPeter Bourgon氏は、今年初めにQConで、講演Infinite Parallel Universes: State at the Edgeを行った。これは、エッジクラウドネットワークとコンテンツ配信ネットワークの仕組みを説明するものである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。