BT

InfoQ ホームページ Adoption に関するすべてのコンテンツ

  • ユーザーストーリーを分割する方法

    アジャイル技法が十分に機能するようにユーザーストーリーを細分化することは、ほとんどの新しいアジャイルチームにとって困難である。アジャイルコミュニティのメンバーが、いくつかの記事を通してユーザーストーリーを効果的に分割する方法についてのガイダンスを提供している。

  • アジャイルチームへ上手く移行するには

    アジャイルコミュニティのメンバが多くのブログで組織の中でアジャイルへ上手く移行するための条件について書いている。

  • トップダウン対ボトムアップなSOAの論争が再燃

    SOAコミュニティで長い間静かだった、SOAへのトップダウン対ボトムアップのアプローチについての議論が、最近再び始まった。それは、オープンソースのESB開発会社であるMuleSoftが管理コンソールのリリースを公表した際に、SOAの管理哲学にボトムアップなアプローチをサポートする、と言ってから始まった。

  • オープンソースSOAソリューションに対する偏見の再考

    ZapThinkのシニア・アナリスト、Ronald Schmelzer氏は、エンタープライズ向けのオープンソースSOAソリューションの適性に関してよくある誤解や偏見について再考し、「極めて多くのIT組織において、SOAを実装する上でオープンソース・ソフトウェア(OSS)を時期尚早に切り捨てているのはなぜか?」という疑問を呈している。

  • Agile と Scrumの重大な欠陥を明らかにする

    ソフトウェア開発は、創造的なプロセスである、と知られている。 ソフトウェア開発の動的な環境が無視された、伝統的な方法論の失敗によって、Agile な方法論がかなり人気を得た。Agile 方法論、特に Scrumの採用が増えている。しかし、すべてが Agileでうまく行っているか? Kai Gilb氏は、そう思っていない。彼は、 Agileには重大な欠陥があると言っている。

  • エンタープライズSOA構想を実行するメリット - 新興企業にならう

    Dion Hinchcliffe氏は、IT資産の価値を最大限に高めるために、どうやってサービス指向の構想を実行に移せば良いのかについて、詳細に検討している。氏はエンタープライズSOA構想の現状を、Web上でアクセスできるパブリックサービスのオープンAPIと対比している。これは特に新興企業("startup")を対象としたもので、観点としては、導入、製品化に要する時間、投資に対する最終的なリターン、そしてそのような知識のいくつかをどのようにエンタープライズSOAに適用できるかといったものがある。

  • デイリースタンドアップのコツ - まとめ

    デイリースタンドアップが長い日次進捗報告以外の何ものでもなくなり、メンバに無視され始めるという話はよく耳にする。これを始めとしたスタンドアップの落とし穴を避けるために、どのようなテクニックがあるだろうか?

  • 社会的契約によってチームのコミットメントを促す

    正式な社会的契約によって組織的な変更に関する恐れ、不確実性、疑いなどを減らす手助けとなるための構造が与えられ、アジャイルへの移行がより円滑に行われる。 Israel Gat氏がBMP Softwareで利用した社会的契約の例を示す。

  • SOAのマネージメント戦略

    Mike Kavis氏が、SOA instituteに書いている記事で、SOAを実装する成功要素として、人、プロセス、技術そしてビジネスの4つを上げている。彼は、よいマネージメント戦略とは、これらの各分野での、重要な成果物を作り上げるロードマップを作り、それを伝達することである、と信じている。

  • Lean & Agile をリードする - すべては皆のため

    Mary & Tom Poppendieck 両氏は新刊 "Leading Lean Software Development: Results Are Not the Point" を発表した。同書で両氏は Lean/Agile 変換におけるリーダーシップの重要性について調査研究し,変革を求める組織に対して助言を与えている。

  • ビジネスでRESTを使う

    Justin Cormack氏はRESTfulなアーキテクチャをエンタープライズ分野に適用することの可能性について記事を投稿し、議論の口火を切った。

  • アジャイルの導入: プロジェクトは飛び込み、企業は徐々に踏み込む

    アジャイルの導入は徐々に「新しいことをやってみる」方法がよいのか、すべてを賭けて「頭から飛び込む」アプローチがよいのかという激しい論争が数多くある。Johanna Rothman氏は、プロジェクトは全部飛び込み、企業は徐々に進めるべきだと言う。

  • 進化論から見たソフトウエア開発

    ミームとは、もとはRichard Dawkins氏の著書"利己的な遺伝子"で提示された概念で、遺伝子を使って文化を考えるためのものだ。ミームは人々の間に広がり、思考や行動に影響を与える。Julian Everett氏の考えでは、ソフトウエア開発の方法論や概念や文化はミームの集合と見なすことができるのではないか、ということだ。そしてそのように考えることで、方法論の効果とその理由はまったく逆になる。

  • James Shore氏に聞くアジャイルの現状

    このインタビューでは、InfoQはJames氏が最近よく話題にしている、彼の著書「Art Of Agile(訳注:邦訳「アート・オブ・アジャイルデベロップメント――組織を成功に導くエクストリームプログラミング」)」という本のこと、昨今のアジャイルが骨抜きになっている傾向について、そしてカンバン方式が全体像というものをいかに欠いているかということ、こういったいくつかのことについて話を聞いた。

  • 機敏さ、職人的技能、そして成功の評価

    Scott Ambler氏、Ross Pettit氏らがアジャイル・プロセス成熟度モデルの作成を続けている一方で、David Starr氏は組織が評価を望むであろう項目について、その方法と理由に目を向けた。機敏さ、職人的技能、そして組織的成功。彼は、職人的技能を評価することは比較的簡単だが、機敏さを適切に評価することは非常に難しい、という結論に達した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。