BT

InfoQ ホームページ Apache に関するすべてのコンテンツ

  • Apache TinkerPopがトップレベルプロジェクトに

    OLTPおよびOLAPグラフデータベースと解析処理のためのグラフ計算フレームワークTinkerPopが、Apache Software Foundationのトップレベルプロジェクトになった。

  • Google、Cloud Machine LearningとTensorFlowのα版リリース

    先月、GoogleがTensorFlowをインテグレートしたクラウド機械学習サービスのα版をリリースした。このサービスは、TensorFlowライブラリをGoogle Cloud Platform (GCP)上でスケールさせて動かしたいというニーズの高まりに応えるものだ。Googleは自らのビッグデータおよびアナリティクスプラットフォームと機械学習を密にインテグレートするという発表の中で、HadoopとSparkのマネージドサービスであるDataprocなどと統合して、TensorFlowの利用をスケールさせるための新機能について説明している。

  • OpenJDKはAndroid開発にどのように影響するか

    今回の記事では,GoogleがAndroidの将来バージョンでOpenJDKを採用することに対して,Webで見られる反応をいくつか取り上げて紹介する。

  • デシリアライズを利用したリモート実行可能な Java ゼロデイエクスプロイット

    Foxglove Securityの最近の分析によると、デシリアライズするアプリケーションにはゼロデイエクスプロイットの脆弱性があるという。OpenJDK, Apache Commons, Spring や Groovyといったライブラリが該当しており、InfoQ が調査を進める。

  • 新Log4jへの移行: Log4jプロジェクト管理グループとのQ&A

    先日InfoQでお伝えしたように,Apache Software Foundationは,人気ロギングフレームワークのLog4jバージョン1のサポート終了(EOL/End of Life)を発表し,ユーザに対してバージョン2への移行を推奨した。InfoQではApache Logging Services Teamメンバとコンタクトを取り,Log4jの新バージョン移行に関する詳細と,今後の予定について聞いた。

  • インメモリ分析,キャッシュ,検索をサポートし,NoSQLに統合するBasho Data Platform

    Basho Data Platformは,RedisなどNoSQLデータベースとインメモリ分析,キャッシュ,検索といった機能の統合をサポートする。Riak NoSQLデータベースの提供企業であるBasho Technologiesは5月,ビッグデータやIoT,ハイブリッドクラウドアプリのデプロイと管理の可能なデータプラットフォームの提供を発表した。

  • Jetty20周年を祝う9.3リリース,新たにHTTP/2をサポート

    2015年6月12日,Jetty Projectは,彼らのフラッグシップ製品であるオ���プンソースの組込みアプリケーションサーバのバージョン9.3をリリースした。この日はプロジェクト開始から20周年の記念日でもある。今回のリリースの特徴は,HTTP/2サーバ(とクライアント)のサポート,最低バージョンをJava 8に設定したこと,Java NIOのさらなる統合,スケジューラの改訂などだ。また,SPDYネットワークサポートが廃止され,400件以上のバグが修正された。

  • Mahoutが自己最適化行列代数インターフェース,SparkおよびFlink用プラグインバックエンドを実装

    先日ベルリンで行われたGOTOカンファレンスで,MahoutのコミッタのSebastian Schelter氏は,RやPythonと同じくらい使いやすく,スケーラブルなデータ解析の基盤を開発するという,Mahoutの継続的な取り組みの最新状況について概説した。

  • Docker + Apache Brooklyn = Clocker

    Clockerはクラウドを意識しない方法で,過剰なコンテナを生成せずにDockerコンテナを立ち上げるためのオープンソースプロジェクトだ。マルチクラウドアプリケーションの管理ソフトウェアであるApache Brooklynをベースとする。

  • ApacheCON NA 2014,テーマは”コミュニティ"

    今年のApacheCON North Americaカンファレンスの基調講演のおもなテーマは,オープンソースとそのコミュニティだった。400人以上の参加者と70を越えるプロジェクト,180のセッションが用意されたカンファレンスでは,Apache Software Foundation (ASF)のプロジェクトと同じように,さまざまな話題が数多く取り上げられていた。

  • Apache Kafka, 他とは異なるメッセージングシステム

    Apacheは、Kafka0.8 をリリースした。これは Kafka が Apache ソフトウェア財団のトップレベルプロジェクトになって以降の最初のメジャーリリースである。Apache Kafka は Publish-Subscribe 型のメッセージングシステムであり、分散型のコミットログの形で実装されている。当初は、大容量のイベントとログデータを収集および配信するために LinkedIn で開発されたメッセージングシステムであった。

  • IBMのMobile First - MBaaS,ビッグデータ,それ以上のものをエンタープライズに

    IBMは現在のモバイルコンピューティングのトレンドをキャッチアップする包括的システムないしスイート,あるいは同社の説明ではアプリケーションポートフォリオを構築した。Mobile Firstという名のこのシステムは,トレンドに乗り切れていない組織がいまだテーブルに残したままの数十億ドルの市場から,ユーザ企業がシェアを獲得するためデザインされたものだ。

  • Struts 1が寿命を迎える

    Apache財団の発表によれば、JavaのMVCウェブフレームワークであるStruts 1が寿命を迎えた。ある意味では、この動きは単純に、Strutsチームがバージョン2の開発に注力しているという既成事実を公式に認めただけだ。Struts 1の最後のリリースは2008年のバージョン1.3.10だ。コードとドキュメントは今後も入手できるが、今後はセキュリティパッチやバグ修正は提供されない。

  • Cassandra, Hadoop, Solrのセキュリティを強化するDataStax

    先週、Cassandra、Hadoop、Solrを使っているクラスタ環境のセキュリティ関連機能を備えたDataStax Enterprise (DSE) 3.0が発表された。InfoQはDataStaxの製品担当バイスプレジデントのRobin Schumacher氏に話を聞いた。

  • Apache Isis: ドメイン駆動設計のためのJavaフレームワーク

    Apacheは、急速に開発しているドメイン駆動アプリケーションのためのJavaフレームワークであるApache Isisをリリースした。ユーザはドメインオブジェクトを開発することに集中し、Apache Isisは、永続性、セキュリティ、ユーザインターフェースを処理する。Apache Isisは、2012年10月にApacheのトップレベルのプロジェクトになり、バージョン1.0は2012年12月にリリースされた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。