BT

InfoQ ホームページ Apache に関するすべてのコンテンツ

  • GoogleがCloud AIプラットフォームパイプラインのベータ版を発表

    Google Cloud Platform(GCP)は最近、オープンソーステクノロジーであるTensorFlow Extended(TFX)とKubeflow Pipelines(KFP)を活用する機械学習(ML)ワークフローを自動化および管理するための新製品であるCloud AI Platform Pipelinesのベータ版を発表した。

  • Apache Netbeans 12 LTS リリース

    Netbeans Java IDEは、Apache Software FoundationがApacheのトップレベルプロジェクトに昇格してから1年後に、初の長期サポート(LTS)版をリリースした。

  • ディープラーニングフレームワークのSINGAがApacheトップレベルプロジェクトに昇格

    Apache Software Foundation(ASF)は先頃、分散ディープラーニングフレームワークのSINGAが、プロジェクトの成熟性と安定性の向上によってトップレベルプロジェクト(TLP)に到達したと発表した。SSINGAは銀行や医療など、いくつかの分野の企業で既に採用されている。

  • Jagadish Venkatraman氏、LinkedInのSamza 1.0開発を語る

    先日のApacheCon North AmericaでJagadish Venkatraman氏は、LinkedInが大規模なストリーム処理を行うためにApache Samza 1.0を開発した経緯について講演した。その中で氏は、兆単位のイベントと数ペタバイトのデータを抱えるLinkedInのユースケースについて説明し、ステートフル処理、高レベルAPI、柔軟な展開モデルといった、1.0リリースで追加された機能を強調した。

  • pacheCon 2019基調講演 - Google CloudによるKubernetesを使用したビッグデータ処理の拡張

    ApacheCon North AmericaでChristopher Crosbie氏が、"Yet Another Resource Negotiator for Big Data? How Google Cloud is Enhancing Data Lake Processing with Kubernetes"と題した基調講演を行った。講演の中で氏が強調したのは、Kubernetesクラスタ内でApacheソフトウェアを動作させるためのコントロールプレーンを提供する、オープンソースのKubernetesオペレータを開発することによって、Apacheのビッグデータソフトウェアを"クラウドネイティブ"にするという、Googleの取り組みについてだった。

  • ApacheCon 2019基調講演 - James Gosling氏のオープンソースへの旅

    先日ラスベガスで開催されたApacheCon North America 2019で、James Gosling氏が基調講演を行い、オープンソースに関する自身の体験について語った。講演のポイントは、オープンソースではプログラマがソースコードを読んで学習できること、開発者は乱用を防止するために知的財産権に注意する必要があること、プロジェクトは独り立ちが可能であること、の3点だ。

  • Apache Sofiware Foundationの20年 - ApacheCon 2019開幕基調講演より

    先日ラスベガスで開催されたApacheCon North America 2019の開幕基調講演セッションでは、20周年を迎えたApache Software Foundationの重要テーマとして、ASFの歴史、コミュニティとコラボレーションに対する強いコミットメント、一般からのコントリビューションを促進するための活動などが挙げられていた。さらにセッションでは、天体物理学者のDavid Brin氏による、AIの潜在的な危険性に関する講演も行われた。

  • SAPがJava SCAツールのソースを公開

    SAPは,Java/Pythonアプリケーションにある既知の脆弱性を,ソフトウェア構成分析を通じて検出するツールをオープンソースとして公開した。

  • Keystone - Netflixのリアルタイムストリーム処理プラットフォーム

    Netflixは先日、自社の技術ブログで、同社のリアルタイムストリーム処理プラットフォームであるKeystoneについて、その設計思想と洞察を論じた記事を公開した。Keystoneは2015年12月から運用されている。Netflixの加入者数が過去3年間で6,500万件から13,000万件以上へと増えたのに伴って、Keynoteも年を追って成長してきた。本記事ではKeynoteプラットフォームの最新情報を取り上げる。

  • Apacheへの移行作業が進むNetBeans

    NetBeansのApache Foundationへの移行は、新たなメジャーリリースとともに、順調に進んでいる。

  • SkyWalkingがApache Software FoundationのIncubatorプロジェクトに

    SkyWalkingのApache Incubator提案が投票の結果、Apache Software Foundation(ASF) IPMCによって受諾された。SkyWalkingは、マイクロサービスやクラウドネイティブ、およびコンテナベースのアーキテクチャ向けに特化して設計されたAPM(アプリケーションパフォーマンスモニタ)ツールで、基盤技術として分散トレースシステムを採用している。

  • Facebook、ReactをMITライセンスに変更

    Facebookは、ReactのライセンスをBSD+PatentsからMITに変更することを決めた。ApacheプロジェクトにReactを組み込めるようにし、オープンソースコミュニティとの不安定な関係を回避するためだ。

  • OracleがNetBeansをApache Foundationに提供

    NetBeans Communityのブログに,OracleがApache Foundationに対して,NetBeansプラットフォームと IDE開発の委託を提案していることが発表された。プロジェクトのコミットメントである“管理モデルの開放”を再確認することが目的だという。

  • ストリーム処理とLamdaアーキテクチャへの挑戦

    Lamdaアーキテクチャはバッチとストリーム処理を結合させる有名なソリューションである。LinkedInのKatrik Paramasivam氏はデータ処理のためにApache Samzaを用いてチームがどうストリーム処理とLambdaアーキテクチャへの挑戦を行ったかを執筆した。この挑戦はイベントの遅延到着と複製メッセージの処理について記載されている。

  • Apache Spark 2.0テクニカルプレビュー

    Databricksは、Apache Sparkの最初のリリースの2年後に、上流ブランチ2.0.0-previewを基にした、Apache Spark 2.0のテクニカルプレビューを発表した。このプレビューは、安定性とAPIの両方の観点で本番環境向けではなく、一般提供リリースの前にコミュニティからのフィードバックを集めることを目的にしているリリースである。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。