BT

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

  • DockerCon EU 2018まとめ - マイグレーションツール,Docker Desktop Enterpriseなど

    DockerCon Europe 2018では、.NETおよびJavaアプリケーションのコンテナベースのマイグレーションツーリングのプレビュー、デジタルトランスフォーメーションとテクノロジインテグレーションプロジェクトのサポート、Docker Desktop Enterpriseのローンチ、Docker Compose on Kubernetesのオープンソース化などの発表と合わせて,MicrosoftとのコラボレーションによるCNAB仕様が発表された。

  • 手動回帰テストマニフェスト

    回帰テストを自動化することは必ずしも最適解ではない。2018 fall Online Testing Conferenceで、Brendan Connolly氏はこう主張した。彼は「手動回帰テストマニフェスト」を発表し、それを使うことで、機能テストと回帰テストを区別し、テストを自動化するかどうか決める方法を紹介した。

  • エンジニアのためのDevOpsにおけるテストについて、Katrina Clokie氏とのQ&A

    ウェリントンで開催されたDevOpsDays NZは、エンジニアがDevOpsで活用できるテストスキルと強大な力に関するKatrina Clokie氏のキーノートで幕を閉じた。 『A Practical Guide to Testing in DevOps』の著者が、テスト現場で見てきた変化と、これがDevOps原則を受け入れる動きにどう影響するのかをInfoQに語った。

  • 継続的デリバリーはテストにどんな影響を及ぼすか

    継続的デリバリーでは、コードを書きながら品質に重点を置く必要がある。全てのチームにテスターがいるわけではないが、もしいるなら開発者と密に仕事をして、開発者がユニットテストを作成するのを手助けしながら、ユニットテストでカバーできない少数のテストを自動化するコードを書くことになる。

  • マイクロサービスの人間的側面

    マクロサービスアーキテクチャは、純粋に技術的なソリューションではなく、チームのコミュニケーションにとってのゲームチェンジャーだ。チーム間に安定した直接的なコミュニケーションチャンネルがない場合、彼らが作るソフトウェアはひどいものになるだろう。マイクロサービス実装を成功させるのに不可欠な5つの重要な特性は、ゼロコンフィグレーション、オートディスカバリ、高い冗長性、自己修復、フォールトトレランスだ。

  • 複数チームによるテスト自動化ソリューションを構築する

    自動テストを備えた堅固なテストフレームワークは、リリースの信頼性向上を可能にする。フレームワークのクロスチームペアリングにより、リリース当初からの品質確保が可能になった。チームの結束力が向上し、テスト自動化に関する担当者のスキル向上も実現できた。

  • インテリジェントオートメーションの爆発的成長と蔓延する組織的課題

    プロフェッショナルサービス企業のKPMGは先頃、インテリジェントオートメーションの急速な成長を実感させる調査報告書を公開した。報告書によると、この分野での総支出額は、現在の124億ドルに対して、2025年には232億ドルに達する見込みである。一方で、この成長予想には、ツールの成熟度や熟練した労働力、組織の変革管理など、数多くの課題もある。

  • アジャイルの世界におけるコンプライアンスとは

    コンプライアンスとは、自分が正しいことをしていること、そして、それを証明できることだ。アジャイルの頻繁なデリバリでは、デリバリプロセス内にコンプライアンスを構築することが必要になる。コンプライアンス義務をDevOpsチームの責務の一部とすることで、その成功の可能性を高めることができる。

  • Netflixから“しなやかさ"を学ぶ - カオスエンジニアリングを論じたQCon NYでのHaley Tucker氏の講演より

    QCon New YorkでHaley Tucker氏は、“UNBREAKABLE: Learning to Bend but Not Break at Netflix”と題して講演し、Netflixでのさまざまな役割を担当して学んだカオスエンジニアリングの経験について論じた。おもな内容は次のとおりだ - 障害分離のための機能シャーディング(functional sharding)の使用、RPC呼び出しの継続的なチューニング、小さなイテレーションでのカオス試験の実施、”カオスの原則”の適用。

  • LinkedInのカオスエンジニアリング - "LinkedOut"障害注入テストフレームワーク

    LinkedIn Engineeringチームが先日、自らの“LinkedOut”障害注入テストフレームワークについて説明した。サービスのレジリエンスに関する仮説を構築し、LinkedInのA/BテストフレームワークであるLiXや、Invocation Context(CI)フレームワークを使用したコールスタックを通じて渡されるクッキー内のデータを介して、 障害トリガを注入することができる。障害シナリオにはエラー、遅延、タイムアウトなどがある。

  • Netflix、HTTPインタラクションライブラリPolly.JSを発表

    Netflixは、HTTPインタラクションを記録、再生、スタブするオープンソースライブラリ、Polly.JSのリリースを発表した。

  • Zero-Touch Provisioningを使ってFacebookのネットワークオートメーションを拡張可能に

    Facebookのグローバルネットワークは広域バックボーンネットワークとエッジPoints-of-Presenceから成り、エンドユーザの要求と内部のトラフィックをサポートする。増加したプロビジョニングとメンテナンスの要求を満たすために、ネットワークエンジニアリングチームは、Zero Touch Provisioningを利用するワークフローフレームワークであるVending Machineを構築した。そこでは、ネットワークデバイス上のあらゆる種類の構成を実行する。

  • Microsoft EdgeはW3C WebDriver推奨をサポート

    Microsoft Edgeは、最近締結されたW3C WebDriver推奨をサポートし、それによって、Edgeを使用した単体テストと機能テストの自動化が簡単にできるようになる。WebDriverは現在、Edge Feature on Demandであり、Edgeの各リリースでWebDriverの自動アップデートを提供する。

  • Appraiseでビジュアルテストを自動化する

    ルックアンドフィールが成功の鍵を握るアプリケーションの開発においては、自動化されたビジュアルテストが有効な場合がある。GitHub上でMITライセンスで公開されているオープンソースツールのAppraiseは、“例示による仕様”というアプローチを採用することにより、視覚検査によってWebページの変更を検証し、承認する作業を支援する。

  • レジリエンスなシステムはなぜ必要なのか - QCon LondonでTammy Butow氏がカオスエンジニアリングを論じる

    Tammy Butow氏はQCon Londonで講演し、よりレジリエントなシステムが求められている理由と、それがカオスエンジニアリングのプラクティスによっていかに実現されるかを説明した。講演ではカオスエンジニアリングのための3つの主要な前提条件 -- 重要度の高い“SEV”インシデントの管理、監視、及び影響度の測定 -- が提示され、ガイドラインとツール、プラクティスが紹介された。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。