BT
前の記事 rss
人のフォロワー

CAがWorkload Automation Engineの新リリースを発表

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T _ フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年3月19日 午前2時48分

オートメーションベンダーCAは、新しいワークロードエンジンであるCA Workload Automation AEの新しいバージョンをリリースした。このリリースには、新しい使いやすさとパフォーマンス機能が含まれており、CA Automic One Automationプラットフォームに直接統合されている。

人のフォロワー

ZeroStackがDevOps Workbenchの提供開始

作者: Helen Beal フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2018年2月14日 午前2時36分

プライベートクラウドプロバイダのZeroStackは、開発者が独自のワークベンチを作成できるセルフサービス機能を発表した。ZerostackのIntelligent Cloud Platformを介して、DevOps Workbenchのユーザは、オープンソースと商用のプロバイダから提供されている40の開発ツールを利用できる。

人のフォロワー

テストの方法を動物から学ぶ

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年2月5日 午前2時18分

よりよいテストの方法は動物が食べ物を探す方法から学ぶことができる、とJames Bach氏は主張する。テスタは時間をかけてプロダクトのバギーな部分を見つけ出すが、一度離れて他の領域を探した方が効果的な場合もあり得る。オートメーションに頼るのは止めて、バグをハントする方法を学ぶのだ。

人のフォロワー

Twillioにおけるカオスエンジニアリング

作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月31日 午前3時40分

Twilioチームがカオスエンジニアリングへの進出について説明している。Gremlinを使って自社製のキューシステムの一部に障害を注入し、自動回復のテストを行なう。

人のフォロワー

Expediaにおけるサイトのレジリエンス向上への取り組みとカオステストの導入 - QCon SFでの講演より

作者: Daniel Bryant フォローする 633 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2018年1月17日 午後8時53分

QCon SFにおいて、Sahar Samiei、Willie Wheeler両氏が“Expedia's Journey Toward Site Resiliency”と題したプレゼンテーションを行い、Expediaでのレジリエンステストに関するプラクティスのコミュニティ構築について論じた。結果は概ね望ましいものだった – 運用システムでは5月15日以降、NetflixのChaos Monkeyが毎日実行されるようになり、4つのTier 1サービスパイプラインにレジリエンステストが追加された。

人のフォロワー

Alexa Test Simulatorがスキルのテストを簡単にする

作者: Sergio De Simone フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 sasai フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年12月27日 午前12時8分

新しいAlexa Test Simulatorのベータ版が利用可能になった。開発者はデバイスなしにスキルのほとんどの機能をテストできる。加えて、Amazonはスキルテスト自動化のサポート改善を発表した。

人のフォロワー

どのようにしてテストを自動化するか

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年12月18日 午前3時23分

テスト自動化には時間と注意が必要だが、正しくは実現すれば、投資する価値がある。Karishma Kolli氏は自動化をやり過ぎず、ニーズと要求に注力することを推奨している。きれいで簡単に読めるコードを維持することはテストをメンテナンス可能にするためにとても重要だ。

人のフォロワー

アプリケーションプラットフォームの領域でコンテナがVMを凌駕 - SDxCentral Survey調査より

作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年9月28日 午前1時30分

SDXCentralが公開した2017 Container and Cloud Orchestration Reportの注目点のひとつは、この2年間でコンテナの採用が着実に増加し、アプリケーションプラットフォームの分野において仮想マシン(VM)を凌駕しつつあることだ。2016年には、コンテナを採用していた回答者はわずか8%であったが、今年は45%が採用済みと答えている。

人のフォロワー

Facebookの大規模で高速なリリース方法

作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年9月19日 午前3時48分

最近公開されたFacebookのリリースプロセスのスケールについての記事はプロダクションへのコードの配置についての柔軟な方法について書かれている。この記事には"チェリーピッキング"から"マスターからのプッシュ"という方法に1年以上かけて移行したことについて書かれている。

人のフォロワー

AmazonがEC2 Auto Scalingのターゲットトラッキングサポートを追加

作者: Kent Weare フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 編集部T フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年8月27日 午後8時44分

Auto Scalingクラウドリソースは、AWSでは新しいものではない。しかし、アマゾンは最近、顧客がアプリケーションの規模をより細かく制御できるように、新しいターゲットトラッキングポリシーを発表した。ターゲットトラッキングポリシーを使用すると、管理者は、EC2リソースをどのようにいつスケールするかを決める特定の指標をターゲットに設定できる。

人のフォロワー

よりテクニカルなテスタになるには

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年8月3日 午前12時54分

テストの実施において、テクニカルなテスト技法(test craft)のテクニックをうまく適用できるテスタは、チームの品質と生産性の向上を実現するという意味から、より価値の高い存在である。テスタがよりテクニカルになるためには、コードについて学ぶとともに、テキストファイルを操作し解析する方法、アプリケーションプラットフォームにおいて最も重要な分析ツールを扱う方法を知っておくことが必要だ。

人のフォロワー

セルフサービスオペレーションとは何か - Damon Edwards氏がDevOps Enterprise Summitで講演

作者: Daniel Bryant フォローする 633 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年7月9日 午後8時57分

間もなく開催されるDevOps Enterprise Summit in Londonを前に、InfoQはRundeck共同創業者のDamon Edwards氏と席を共にして、“セルフサービスオペレーション”のメリットと実践について議論を交わした。

人のフォロワー

Puppet Labsによる2017 State of DevOps Reportのリリース

作者: Hrishikesh Barua フォローする 12 人のフォロワー , 翻訳者 笠原 王徳 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年6月12日 午前4時58分

Puppet LabsのState of DevOps Report 2017が報告され、ハイパフォーマンスなITチームはより頻繁にデプロイメントを行い、より高速に障害のリカバリーを行なっていることが明らかになった。自動化、疎結合なアーキテクチャ、継続的デリバリーを促進するチームにより焦点が当てられている。変革的なリーダーシップとリーンな製品管理のプラクティスもハイパフォーマンスなチームの背後にある重要な鍵である。

人のフォロワー

古いシステムと現代的な技術のギャップを埋める

作者: Ben Linders フォローする 20 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー   投稿日  2017年6月5日 午前5時5分

手動で時間のかかるやり方で管理されている、長年動かし続けているプラットフォームはコストがかかる。チームは経営陣に対してビジネスケースを作ることで、繰り返し作業やヒューマンエラーで失われた時間に基づいて、自動化ツールやコンテナのような現代的な技術を導入して改善ができる。結果として、配置作業は予測可能で反復的なプロセスになり、配置も頻繁かつ安全に行えるようになり、人間の介在も最小限になる。

人のフォロワー

JenkinsはBlue Ocean 1.0のリリースで模様替えをした

作者: Craig Smith フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 阪田 浩一 フォローする 1 人のフォロワー   投稿日  2017年5月2日 午前1時16分

Jenkinsは、世界中の開発チームが継続的インテグレーションと継続的デリバリのパイプラインのために使っている人気のあるオープンソースの自動化サーバであるが、最近Blue Ocean 1.0の一般提供を発表した。

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT