BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

  • HashiCorp Vault 1.8に診断コマンド、キー管理シークレットエンジン、および有効期限マネージャを追加

    HashiCorp Vault 1.8 は、Vault 診断、統合されたストレージオートパイロット、AWS のキー管理シークレットエンジン、有効期限管理の改善、コントロールグループトリガなど機密性とプライバシー製品に注目すべき機能と改善をもたらす。Vault は、UI、CLI や HTTP API を使用しユーザがシークレットを管理し、機密データを保護するのに役立つ。

  • HashiCorpがHCP Packerのパブリックベータを開始

    HashiCorp Cloud Platform (HCP) Packer の新しいパブリックベータは、長年のマシンイメージ構築ツールのクラウドへの配置と、リリースチャネルと Terraform とのより深い統合などの新機能も提供する。Packer は、2013年に HashiCorp が最初に発売した製品であり、自動的にマシンイメージを構築するためのツールだ、HashiCorp Cloud Platform で再起動され、多くの改良が加えられた。

  • InfoQ Live 7月20日: DevOpsのソフトウェアサプライチェーン、フィーチャーフラグによる負債の削減

    最新のDevOpsプラクティスは、品質の問題なしにソフトウェアのデリバリーをどのように加速できるのでしょうか? 自動化、継続的テスト、およびサプライマネージメントの手法によって、ソフトウェアの品質とデリバリー速度がどのように向上するかを学びます。7月20日のInfoQ Liveで、世界クラスのドメインエキスパートから貴重なインサイトを入手してください。

  • Goがベータ版でファズテストをサポート

    Goチームは、ベータテストでファジングがサポートされるようになったことを発表した。プロジェクトの主な目標は、堅牢なモジュールサポート、goコマンドとの統合、新しいコンパイラインストルメンテーションなど、言語の開発者とユーザ向けに統一されたエンドツーエンドのエクスペリエンスを作成することである。

  • Quarkus 2.0への道: 継続的テスト

    Quarkusは、実行時間、リソース、開始時間と終了時間、そして現在はアプリケーション開発の両方の観点から、Javaエンタープライズアプリケーションを可能な限り効率的にする努力を続けている。Quarkus 2.0は、継続的テスト機能で開発モードを充実させている。これに取り組んでいるシニアプリンシパルエンジニアのStuart Douglas氏が、概要を説明する。

  • IBMがタスク自動化のためのWatson Orchestrateを発表

    最近のThink会議で、IBMはWatson Orchestrateと呼ばれるAIを活用した自動化ツールを紹介した。現在、IBM Cloud Paks for Automationでプレビューされており、2021年後半にSaaS製品として一般向けに提供される予定である。

  • GoogleがAppsheetの自動化機能の一般向け提供を発表

    最近、Googleは、AppSheets Automationの一般向け提供を発表した。これは、同社のノーコード開発プラットフォームであるAppSheetへの追加機能である。自動化により、顧客は反復的なタスクとビジネスプロセスを自動化できる。

  • GitLab Protocol Fuzzer CEがオープンソースに

    GitLabは、13.4リリースで導入されたCore Prototol Fuzz Testingエンジンを、オープンソースとして公開した。ファズテスト(Fuzz Tesiting)とは、ランダムに生成された入力をアプリにわたすことで、ビジネスロジック内にあるセキュリティ上の問題や欠陥をより効率的に見つけ出すことを目的とするものだ。Principal Product ManagerのSam Kerr氏に詳しく聞いた。

  • マシンラーニングをテストとメンテナンス作業で使用する

    マシンラーニングを使えば、メンテナンス作業の削減とプロダクトの品質向上が可能になる。ソフトウェアのテストサイクルのさまざまなステージで使用することができる。チェーンの重要なパートであるバグ管理もその中に含まれる。マシンラーニングアルゴリズムを使って大量のデータを分析することで、バグの分類やトリアージ、優先順位付けをより効率的に行えるようになる。

  • GitLab 13.9では、セキュリティアラートダッシュボード、メンテナンスモードなどが導入された

    GitLabの最新リリースでは、60を超える新機能が導入されている。主な目的は、大規模なDevSecOpsのサポートを改善し、自動化の複雑さを大規模な環境下でより適切に処理することである。

  • HashiCorp Terraformに簡潔な差分フォーマッターと機密データの難読化が加わる

    HashicorpはTerraform 0.14を一般向け提供としてリリースした。このリリースでは、出力を変更中の要素のみに制限する新しい簡潔なdiff形式が導入されている。その他、機密データを非表示にする機能、プロバイダーの依存関係のロックファイルを生成する機能が改善されている。

  • グローバルインストールでCLI管理を容易にする新しいRustベースのJavaScriptツールマネージャ

    新しいJavaScriptツールマネージャであるVoltaは、先頃、最初の安定バージョンをリリースした。Voltaは、バージョン情報をローカルに保存して、CLIツールをグローバルにインストールする。Nodeのnvmと同様、Voltaは、プロジェクトを切り替えるときにバージョンを切り替える心配をすることなく、同じツールの複数のバージョンをインストールできる。RustベースのVoltaは、外部依存のないネイティブの高速バイナリとしてリリースされる。

  • GoogleがPython用ファジーテストツールAtherisをオープンソースとして公開

    Googleは先頃、Python用の新しいファジーテストエンジンをオープンソースとして公開すると発表した。新たなファザー(fuzzer)のAtherisは、Pythonコードとネイティブエクステンション内のバグを検出する。メモリ破壊バグや未定義動作(バッファオーバーフロー、ポインタのアライメント不正、nullポインタなど)の検出ツールであるAddress SanitizerやUndefined Behavior Sanitizerと組み合わせて使用することも可能だ。

  • MicroProfile4.0の新機能

    新たに設立されたMicroProfile Working Groupの手により、待望久しいMicroProfile 4.0のリリースがJavaコミュニティに届けられた。Jakarta EE 8との整合性がフューチャーされた他、12のAPIすべてがアップデートされているが、スタンドアロンAPIについては変更されていない。MicroProfile 4.0では、Config、Fault、Tolerance、Health、Metrics、OpenAPIという5つのAPIに、非互換的な変更が行われている。

  • AWSが、AWSリソースと対話するためのブラウザベースのシェル、Cloudshellを発表

    年次のre:Inventで、AWSはAWS CloudShellと呼ばれるAWSコンソールから利用可能なLinuxターミナルを導入した。CloudShellを使用すると、顧客の組織の運用チームと開発者は、ブラウザでAWS対応のシェルプロンプトを使用してAWSリソースにアクセスできる。

BT