BT

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

  • 堅牢なテスト戦略により自信を持ってDropbox Syncをリライト

    過去数年間、Dropboxのエンジニアはクライアント側の同期エンジンをゼロから書き直してきた。DropboxのエンジニアであるIsaac Goldberg氏は、明確なテスト戦略を定義していなければクイックなリリースサイクルで新しいエンジンを構築して出荷するのは、不可能だったと述べている。

  • AirbnbがReact Testing LibraryであるEnzymeの所有権を譲渡

    Airbnbは、ReactテストライブラリであるEnzymeの所有権を、新しい組織であるenzymejs GitHubに譲渡した。Airbnbは引き続きEnzymeを使用し、貢献する予定である。

  • レポートでテスト自動化に対するVisual AIの影響を検証

    101か国の288人の品質エンジニアからの経験的データは、テスト自動化の分野におけるVisual AIの利点を示すレポートの裏付けとなる洞察と信頼性を示している。このレポートは、Visual AIを使用した機能テストツールとビジュアルテストツールを販売しているApplitoolsからのものである。

  • Cypress 5.xがテストの再試行とシャドウDOMサポートを追加

    ブラウザベースのテストランナーおよびダッシュボードであるCypressは、最近、Cypress5.0リリースでテスト再試行のネイティブサポートを導入した。これにより、開発者は断続的なテストエラー発生を回避できる。その他、最近、Cypressは進化しており、ネットワーキングのスタブとシャドウDOMをサポートしている。

  • Chromium、Firefox、WebKitベースのブラウザを自動化するPlaywright 1.0がリリース

    Playwright 1.0がリリースされた。Chromium、Firefox、WebKitといったブラウザエンジンをベースとする全ブラウザで、その自動化をサポートする。

  • ブラウザ自動化ライブラリ Puppeteer が Firefox をサポート

    @ChromeDevToolsと@v8jsに取り組んでいるGoogle開発者であるMathias Bynens氏がPuppeteer 3.0をリリースした。PuppeteerはChromeブラウザに加えてFirefoxをサポートするようになった。新しいバージョンでは、サポートが最新のChrome 81にアップグレードされ、Node 8のサポートが削除された。

  • オープンソースになったGitHub OpenAPI仕様 (ベータ)

    GitHubは、GitHub APIのOpenAPI記述をオープンソース化している。開発者が直接API機能を発見できるようにすることを目的としたGitHub OpenAPIは、モックサーバ、テストスイート、および言語バインディングのプログラムによる作成も可能にする。

  • Brenda - AIのチームメンバ

    Brendaは、マシンラーニングした人工知能を使用して、インフラストラクチャの監視、品質保証チェックとトラブルシュートのサポート、警告の処理と重大な問題の通知、自動修復を行うシステムだ。SwisscomのSree Rama Murthy Pakkala氏とCollin Mendons氏は、Swiss Testing Day 2020で、自社の品質向上を支援するBrendaという名のAI/MLフレームワークについて講演する予定である。

  • OverOpsが第2回の年次DevOps調査結果をリリース

    継続的信頼性(continuous reliability)プラットフォームベンダのOverOpsは、先日実施した調査の結果から、DevOps向け投資活動の中において、企業が最も多くの投資を行っているのが、ソフトウェア開発の定常的フローの実現を目的としたものであることを確認した。調査では、エンジニアリングチームが最先端のテクノロジやプラクティスを支持する中で、特に自動コード分析の採用が増えていることも明らかになっている。

  • WebDriverIOバージョン6リリースは、ネイティブのChrome DevToolsオートメーションプロトコルを新たにサポート

    Node.jsのブラウザテスト自動化フレームワークであるWebDriverIOバージョン6の最近のリリースでは、Chrome DevToolsプロトコルテストがWebDriverの既存のサポートに追加され、PuppeteerやCypress.ioなどのツールを活用しやすくなった。

  • ワークフローにイベント駆動型の自動化を提供するPuppet Relay

    Puppetは、イベント駆動型自動化プラットフォームであるRelayのベータリリースを発表した。Relayにより、コードによるプロセス自動化できる。 事前に記述されたワークフローがいくつかあり、追加のワークフローを作成するためのサポートがある。Relayには、AWS、Kubernetes、Azure、PagerDuty、GitHubなどのワークフローで使用できる多数の統合機能がある。

  • 可観測性を使って迅速なリリースを実現する

    迅速なフィードバックを得るためには、高い頻度で、準備が整えば即座にリリースし、自動化システムを使って変更をライブにテストすることが必要だ。正常に動作していること、警告が発生していないことの検証には、監視機能が使用できる。迅速なリリース(shipping fast)は結果的にテスト回数を削減し、問題に対するレジデンスを向上することになる。

  • Microsoft、Azure App Configurationを一般向けにリリース

    Azure App Configurationは、アプリケーションのコンフィギュレーションと機能設定をセキュアかつ分かりやすい方法で集中管理する、Microsoftクラウドプラットフォームの新サービスである。先日のMicrosoft Azureのアップデートで同社は、このサービスの一般供与を開始すると発表した。

  • eBayのUIテスト自動化を支えるFlutter Golden Tests

    UIテストを自動化して、アプリケーションの視覚的外観がすべてのサポート対象のデバイスやフォームファクタ上で適切であることを保証するというのは、一般的に困難な作業である。この作業の簡略化に、Flutter golden testsが一役買ってくれるかも知れない。MotorsアプリのUIスクリーンショットテストに対するeBayのアプローチがそれを示している。

  • Jenkinsの開発者が継続的リスクベーステストのMLスタートアップを立ち上げ

    Jenkinsの開発者であるKohsuke Kawaguchi氏が、マシンラーニングを使用したリスクベースのテストの識別を行うスタートアップであるLaunchableを創立した。テストに関する思想的リーダであるWayne Ariola氏も、継続的テストアプローチの必要性に関して、ターゲットを明確にしたリスクベースのテストが継続的デリバリに信頼性を与えると述べている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。