BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Automation に関するすべてのコンテンツ

  • CircleCIレポートにより、成功したソフトウェアチームがより大規模で、広範囲にテストを実施していることがわかった

    CircleCI(継続的インテグレーション・継続的デリバリープラットフォーム)は、2022年ソフトウェアデリバリ状況レポートの調査結果をリリースした。このレポートでは、最も成功したソフトウェアデリバリチームがより大きなチームであり、広範囲に及ぶテストを行い、デプロイの準備ができていることを優先していることが明らかになった。

  • Lyftにおけるマイクロサービステストの拡張と自動化

    Liftは以前、エンドツーエンドのテストなど、いくつかの目的でクラウドベースの分離環境を使用していた。しかしながら、マイクロサービスの数が増えるにつれて、これらの環境を用いたテストでは拡張性が不足するようになり、次第に価値を失っていった。先日の記事では、Lyftが共有ステージング環境においてリクエスト分離を使用したテストへ移行し、運用デプロイメントのゲート管理に受け入れテストを使用するようになった経緯を紹介した。

  • 高品質なアラートで開発者のオンコールを軽減する

    開発者にとって、オンコールはますます現実味を帯びてきている。アラートの改善によるノイズの低減、自動化、警告の削除は、オンコール作業の苦痛を最小限にするのに役立つ。自動化の原動力となるのは、Infrastructure as Codeだ。時間をかけてコードを抽象化し、他のユースケースに適合させることで、ベストプラクティスを普及させることができる。

  • HashiCorp Consul-Terraform-Syncにタスク生成APIと新しい連携機能が追加

    HashiCorpがConsul-Terraform-Sync(CTS)バージョン0.5をリリースした。Consulに追加および削除の可能なサービスとして動作するTerraformモジュールを生成することで、共通的なネットワークタスクの自動化を可能にする。今回のリリースでは、既存タスクの変更を容易にする新しいセキュアAPIエンドポイント、新たなエコシステム連携、Consulのキーバリュー変更をトリガとするTerraformワークフローのサポートなどが追加されている。

  • 実車を使用したリモートソフトウェアの実証と妥当性確認の実装

    Bosch は、シミュレートされた車ではなく、実際の車を使って自動回帰テストとユーザテストを行っている。目的は、テストエンジニアとユーザの両方の観点で、ソフトウェアを可能な限り迅速にテストすることだ。車にはリモートでアクセスが可能で、チームメンバは乗車せずに行うことができる。

  • GoogleCloudはSiemplifyの買収を通じてセキュリティオーケストレーションを採用

    Googleはセキュリティオーケストレーション、自動化、応答(SOAR)プロバイダーのSiemplifyの買収を発表した。SOAR機能を独自のGoogle Chronicleセキュリティソリューションに統合することを目的としたものだ。

  • GitHub State of the Octoverse 2021から見るトレンドと将来のグッドプラクティス

    GitHubの最新の"State of the Octoverse"調査では、提供コードをより速く開発する、ドキュメントを作成する、開発者コミュニティを支援するという、3つの主要なトレンドが浮き彫りになった。さらに、成功を達成するために行動できることを特定する上で有益な、3つの予測モデルも含まれている。

  • HashiCorp Vault 1.8に診断コマンド、キー管理シークレットエンジン、および有効期限マネージャを追加

    HashiCorp Vault 1.8 は、Vault 診断、統合されたストレージオートパイロット、AWS のキー管理シークレットエンジン、有効期限管理の改善、コントロールグループトリガなど機密性とプライバシー製品に注目すべき機能と改善をもたらす。Vault は、UI、CLI や HTTP API を使用しユーザがシークレットを管理し、機密データを保護するのに役立つ。

  • HashiCorpがHCP Packerのパブリックベータを開始

    HashiCorp Cloud Platform (HCP) Packer の新しいパブリックベータは、長年のマシンイメージ構築ツールのクラウドへの配置と、リリースチャネルと Terraform とのより深い統合などの新機能も提供する。Packer は、2013年に HashiCorp が最初に発売した製品であり、自動的にマシンイメージを構築するためのツールだ、HashiCorp Cloud Platform で再起動され、多くの改良が加えられた。

  • InfoQ Live 7月20日: DevOpsのソフトウェアサプライチェーン、フィーチャーフラグによる負債の削減

    最新のDevOpsプラクティスは、品質の問題なしにソフトウェアのデリバリーをどのように加速できるのでしょうか? 自動化、継続的テスト、およびサプライマネージメントの手法によって、ソフトウェアの品質とデリバリー速度がどのように向上するかを学びます。7月20日のInfoQ Liveで、世界クラスのドメインエキスパートから貴重なインサイトを入手してください。

  • Goがベータ版でファズテストをサポート

    Goチームは、ベータテストでファジングがサポートされるようになったことを発表した。プロジェクトの主な目標は、堅牢なモジュールサポート、goコマンドとの統合、新しいコンパイラインストルメンテーションなど、言語の開発者とユーザ向けに統一されたエンドツーエンドのエクスペリエンスを作成することである。

  • Quarkus 2.0への道: 継続的テスト

    Quarkusは、実行時間、リソース、開始時間と終了時間、そして現在はアプリケーション開発の両方の観点から、Javaエンタープライズアプリケーションを可能な限り効率的にする努力を続けている。Quarkus 2.0は、継続的テスト機能で開発モードを充実させている。これに取り組んでいるシニアプリンシパルエンジニアのStuart Douglas氏が、概要を説明する。

  • IBMがタスク自動化のためのWatson Orchestrateを発表

    最近のThink会議で、IBMはWatson Orchestrateと呼ばれるAIを活用した自動化ツールを紹介した。現在、IBM Cloud Paks for Automationでプレビューされており、2021年後半にSaaS製品として一般向けに提供される予定である。

  • GoogleがAppsheetの自動化機能の一般向け提供を発表

    最近、Googleは、AppSheets Automationの一般向け提供を発表した。これは、同社のノーコード開発プラットフォームであるAppSheetへの追加機能である。自動化により、顧客は反復的なタスクとビジネスプロセスを自動化できる。

  • GitLab Protocol Fuzzer CEがオープンソースに

    GitLabは、13.4リリースで導入されたCore Prototol Fuzz Testingエンジンを、オープンソースとして公開した。ファズテスト(Fuzz Tesiting)とは、ランダムに生成された入力をアプリにわたすことで、ビジネスロジック内にあるセキュリティ上の問題や欠陥をより効率的に見つけ出すことを目的とするものだ。Principal Product ManagerのSam Kerr氏に詳しく聞いた。

BT