BT

InfoQ ホームページ BPEL に関するすべてのコンテンツ

  • Activiti 5.0 GA、Apache 2ライセンスの BPMN 2 Engine がリリース

    Alfresco がApache2 ライセンスによるBPMN 2.0 の実装である、Activiti エンジンのバージョン5.0 Gaをリリースした。InfoQは、プロジェクトを率いている Tom Baeyens 氏に、新リリースについて聞いた。氏はまた、 jBPMプロジェクトのクリエータであり、以前のプロジェクト リーダーである。

  • WSO2,Carbon Studio をリリース

    オープンソースベンダの WSO2が先月,同社のミドルウェアプラットフォーム用の Eclipse をベースとする包括的開発環境をリリースした。このツールはサービスやメディエーションフロー,Google ガジェットの開発,テスト,デプロイといった作業を簡略化する。

  • BPMとSOAを組み合わせてビジネスバリューを最大化する

    産業アナリストのNeil Ward-Dutton氏が書いた記事によると、ビジネスプロセス管理(BPM)とサービス指向アーキテクチャ(SOA)を組み合わせることは、理論的にいって相互補完的なものだという。この2つのコンセプトをどう組み合わせるかは意見が分かれるとこではあるが、いずれにしてもビジネスバリューを増大させるだけの相乗効果が両者の間にはあると氏は主張している。

  • SOAと見当違いの泥沼

    ThoughtWorksのアーキテクトNeal Ford氏が自身のブログで3回にわたる記事を書いた。そこで氏はベンダがSOAを今日のように認知させてしまったことを批判している。

  • BPEL:一体誰が必要なのか?

    Keith Swenson氏は、新しい記事を始めるにあたり、こんにちのBPM製品におけるBPELの使用を評価している。

  • IBMのBPM Zero Project:RESTfulワークフロー管理

    Christina Lau氏が、BPM-as-a-Serviceに対するIBMの展望を紹介している。それは、RESTfulサービス向け軽量BPMNベースのスクリプト記述エンジンである。このビジョンは、現在発売中の製品と合致している。製品はProject Zeroでインキュべートされ、最終的にWebSphere sMashでデプロイされる予定である。

  • Nova Bonita ー Bonita 4.0がリリース

    2年間の開発を経て、Bonita 4.0(Nova Bonitaとも呼ばれる)のリリースがBonitaプロジェクトチームから発表された。

  • BPM製品は将来のために機能性を強化

    Dennis Byron氏によると、ベンダーの最近の調査で、すべてのBPMベンダーが、ワークフローとストレートスループロセッシングや、インターネットとイントラネットなどの区別をなくして、「ビジネスプロセスマネジメント(BPM)はあらゆるタイプのビジネスプロセスを自動化する必要がある」ということに同意している。

  • オーケストレーション対コレオグラフィー:定義に関する論争

    SOAへの注目度が増し、使用する専門用語の標準化(的確な意味を割り当てること)がますます重要になっている。興味深い論議で、この点がクローズアップされている。

  • Article: InfoQがBPEL4PEOPLEの代表と対談

    恒例の「バーチャルパネルセッション」で、InfoQは新しいOASIS BPEL4People技術委員会の代表と対談をし、この作業が何故必要であるかについて彼らのフィードバックを得る機会を得ました。

  • ベールを脱いだOracleのSOA製品戦略

    先月Oracle Integration担当製品管理バイスプレシデントのDavid Shaffer氏がOracle-BEA製品の戦略とSOA/BPM(ビジネスプロセス管理)のロードマップを示した。氏によるとOracleはSOA市場で先んじていることが3つあると考えているという。

  • WebサービスオーケストレーションエンジンApache ODE 1.2のリリース

    今月Apache ODE (Orchestration Director Engine)チームは、多くの新機能や改善点およびバグ修正を含む1.2のリリースを発表した。

  • BPMN 2.0に関する議論は続く

    BPMN 2.0の将来に関する議論が続いている。OMGのBMIタスク・フォースの副委員長であるFred Cummins氏は、BPMNとBPDMの違いの解消とBPDMの複雑さに関する問題に焦点を当てた最近のBPMNに関連する提案について語った。

  • AlphaWorksでObject Lifecycle Explorerがリリース

    Object Lifecycle(またの名をState Machine)は大半、デベロッパ、アーキテクトおよびビジネスプロセスを扱う人びとに一様に無視されてきた。IBM Zurichの研究家集団が、実行可能なビジネスプロセスモデルを補完し、関連付けるオブジェクトライフサイクルモデリングツールをリリースした。

  • 汎用言語とドメイン特化言語を組み合わせたモデルドリブンエンジニアリング

    MendixのCTOであるJohan den Haan氏は最近自身のブログで、モデルドリブンに関する方法(アーキテクチャ、開発、エンジニアリングなど)について記事を書いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。