BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Best Practices に関するすべてのコンテンツ

  • Web API Design - 開発者が愛するインターフェイスを作る

    企業および開発者向けAPIプロダクトおよびテクノロジープロバイダのApigeeは、Web API設計に関するフリーの電子書籍「Web API Design: Crafting Interfaces that Developers Love」をリリースした。ここには、Apigee設計ワークショップを経験した世界中のAPI設計チームの協力のもと作られたREST API設計プラクティスがまとめられている。

  • Effective Scala - Twitterのベストプラクティス

    Twitterは、彼らのEffective Scalaガイドをオープンソースにした。ドキュメントは、GitHubにあり、CC-BY 3.0の下でライセンスされる。Scalaは、Twitterで使われている主要なプログラミング言語の1つで、TwitterのインフラのほとんどがScalaで書かれている。 Effective Scalaガイドは、短いエッセイのシリーズで、Twitter内でScalaを使っていることから学んだ「ベストプラクティス」セットである。

  • 個人の生産性

    Tony Wong氏(プロジェクトマネジメントのブラックベルト)は個人の生産性にとって実践的なポイントをいくつか挙げている。この記事では、これらをいかにソフトウェア開発に適用するかを考え、彼のリストと他のリストを比べる。

  • 動画で学ぶソフトウエアアーキテクチャ

    ソフトウエアアーキテクチャを最新に保つのはとても難しい。アーキテクチャの情報は普通、厚い本かウェブサイトで得られる。しかし、YouTubeやVimeoのような動画サイトで勉強するのも面白い方法だ。

  • Exceptional Ruby

    開発者はコードを書くのを楽しむものだが、例外処理コードを書くのを楽しんでいる開発者はほとんどいないし、それを正しくやれる人はもっといない。Avdi Grimm氏の書いた本、Exceptional Rubyはこの課題に挑み、信頼できる例外処理コードに開発者が正しく取り組むための手助けをする。

  • アジャイル組織の特徴

    Jim Collins氏はその有名な著書“ビジョナリー・カンパニー2(Good to Great)”でよい企業が偉大な企業に変わるには何が必要か氏のチームが5年かけて調査したことについて述べている。アジャイルは偉大な企業を作り出すことを支援できるのだろうか?

  • 顧客を開発プロジェクトに巻き込むには

    アジャイル開発法は、顧客からのフィードバックや交流を強調する。顧客との交流が不足しているプロジェクトよりも、顧客が巻き込まれたプロジェクトがより成功の機会が大きい。そこで、アジャイル開発チームが、いかに顧客をプロジェクトに巻き込むかを述べる。

  • 合衆国政府のクラウドコンピューティングの評価認定に関する提案

    2週間前、合衆国のCIO協議会のオフィスは合衆国政府のクラウドコンピューティングに対するセキュリティの評価認定に関する提案と題した90ページの提案書を発表した。この提案書は18ヶ月にわたるNIST、SA、ISIMC、CIO協議会の間で行われた作業の成果であり、合衆国政府のクラウドコンピューティングに対するセキュリティ管理と複数の評価認定モデルを審査するために作成されたものだ。

  • RESTfulサービスにおいて部分的更新を実装する

    Alex Scordellis氏は、リソースの部分的更新についてのクライアントとRESTfulサービスのインタラクションがどのようにモデル化され、デザインされ得るかについての記事を投稿した。リソースを適切にモデル化すれば、問題は容易に解決するようだ。多くの場合、ただリソースをCRUDをサポートするエンティティとして考えることによってそれは問題となる。リソースを"リソース"とサービスとしてモデル化することだ。

  • ゲーム理論とアジャイルソフトウェア開発

    ゲーム理論はもともと経済学の分野で企業や市場,消費者の行動などを理解するために開発されたものだ。その後さまざまな分野に応用範囲を広げ,政治学や社会学,心理学,さらにはアジャイルソフトウェア開発にも適用されている。

  • 効率的なアジャイルミーティング

    ミーティングは高価だ。ミーティングに関わるすべての人のコストをオーバーヘッドも含めて算出すれば、1日のチームミーティングのコストは数千ドルにもなる。したがって、実際にアジャイルのミーティングを可能な限り効率的にするためには、かなりの準備をする必要がある。

  • スクラムにプロダクトマスタの役割はない

    様々なフォーラムでよく聞かれる質問は、スクラムマスタとプロダクトオーナーの役割の組み合わせは受け入れられるかということだ。アジリストのほとんどはこれらの役割は水と油のようなものだと信じている一方で、これらの組み合わせが避けられない状況もある。

  • チームの変更に対応する

    変更は普遍的なものであるにもかかわらず、人は変更に対して不安を抱く。この場合、未知への不安や安心感の喪失に対して抱くことがほとんどで、変更の受け入れを難しくする。アジャイル・チームは変更に対して十分な態勢が整っているとはいえ、彼らの大部分は変更の影響がチームに及んだ場合、それを快くは思わない。

  • モチベーション 3.0:McGregor氏のY理論が有効

    McGregor氏のX理論が示唆しているのは、従業員とは先天的に怠惰な存在で、可能であれば仕事を避けるし、また先天的に仕事が嫌いだということだ。したがって、従業員は念入りに監視される必要がある。それに対してY理論が示唆するのは、従業員には志があり、自発的で、セルフコントロールができるというものだ。従業員は、仕事という精神的身体的な義務を楽しむのである。ほとんどのアジャイルチームはY理論と結びつきたいと考える。Mike Griffiths氏はこのことを容易に達成するにはどうすればよいかについて提言する。

  • バックログ・グルーミング: 誰が、いつ、どのように行うか

    バックログ・グルーミング(バックログの手入れ)とは、その名前が示すとおり、プロダクトバックログを定期的に気にかけ、注意を払い、雑草だらけの手入れされていない庭のように、バックログが醜く手におえないものにならないようにすることだ。スクラムの正式なプロセスではないが、Ken Schwaber氏は、各スプリントの5%をこの活動のために割くように推奨している。Scrum Developmentグループでの最近の議論では、このプロセスの利点と欠点、どの程度時間をとるべきかといったことに焦点があてられていた。

BT