BT

InfoQ ホームページ ビジネス に関するすべてのコンテンツ

アーティクル

RSSフィード
  • マネージャの視点からのアジャイルの実践

    “完璧は善の敵”、それならなぜうまくいっていることを変えるのだろうか? この記事はアジャイルの実践についての実話に基づいており、あなたは以下の質問に対する答えを見つけるだろう: なぜマネージャはウォーターフォールチームがアジャイルになることを恐れているのか? ウォーターフォールの環境で働くとき、あなたのマネージャはどんなジレンマを抱えるか?さて、変化するべきか、しないべきか?

  • あなたはイノベーションの障害か

    SOAやマイクロサービスを導入して将来を見越したインフラを維持していて、なぜ、イノベーションを起こすのに苦労するのでしょうか。技術の問題ではなく文化の問題です。Rob Zazueta氏は、最新のアーキテクチャのトレンドを導入するより、アジャイル文化に注力する方がメリットがあることを説明します。

  • GDPRについてソフトウェアエンジニアは何を知るべきか?

    EU一般データ保護規則(GDPR)は、移行期間を経て、この夏に施行されます。GDPRは、リスクベースの考え方を特に強調します。リスクが許容できるものになるまで、プライバシのリスクを軽減するためのあらゆる手段を取ります。ソフトウェア開発者として、これはあなたに影響します。これはあなたが知っておくべきことです。

  • 開発マネージャの役割

    開発マネージャはたくさんの責任を背負っていますが,もっとも重要なのは製品を出荷することです。この役を果たすために必要なスキルセットには多大なものがあります。この記事では優れた開発マネージャであるために必要なスキル,必要ではないスキルについて論じます。

  • TFSによるアジャイル開発の実践

    スクラムを用いた、実際のアジャイル開発において、TFSの豊富な機能は最初から最後まで、さまざまな形で活用されます。この記事では、TFSの実際のプロジェクトにおいて、行われるタスクを順に取り上げ、その中でTFSの各機能がどのように使われるかを説明します。

  • TFSの概要とアジャイル開発

    Team Foundation Server (TFS) は、アジャイル開発における自動化の要請に応えるための総合的なソフトウェア開発支援システムです。TFSでは、ソースコードやテスト結果の情報と、ストーリーやタスクの情報、その他アジャイル開発で必要とされる情報を1つの統合化されたリポジトリで管理することによって、必要なデータを1か所からすぐに取り出せるという、他の開発支援ツールにはない特徴を備えています。

  • エージェントは生き残っているか?(後編)

    Javaで実装されたFIPA仕様準拠の代表的エージェント・プラットフォームであるJADEの特徴の簡単な解説と、最近のJADEの適用範囲の広がりについて紹介。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリスト像

    2010年8月に、BABOKのアジャイル拡張(Agile Extention)のドラフト版が公開された。アジャイルにおけるビジネスアナリストがリエゾン(橋渡し役)として有効に機能するには、動作するソフトウェアを実現する開発チームへ継続的に寄り添い、貢献しなければならない。そのため、アジャイルでのビジネスアナリストは、資料作成や分析の技術だけでなく、ソフトウェアの実現に関わる技能を備えることが必要となるだろう。これは逆に、開発チームがビジネスアナリシススキルを備えるべきだということも、また示唆している。

  • Oozieの紹介

    複数のMap/Reduceジョブを論理的なひとつのユニットに組み上げるフレームワーク、Oozieを紹介します。

  • アジャイル契約

    従来のウォーターフォールモデル手法,すなわち要件を定義し,サプライヤが価格を提示して,両者が法的拘束力を伴う契約書にサインする,というやり方は,企業が何かを購入する場合にはとても都合のよいものです。しかしこの方法で記述された契約書には,アジャイルアプローチを使った開発に必要な自由がほとんどありません。この記事では,サプライヤと顧客がアジャイル開発の契約を締結するために利用可能な,4つの異なったモデルを検証しています。

  • アジャイルのまずい考え方

    Christopher Goldsbury氏は、アジャイルに見られるいくつかの「まずい考え方」を取り上げている。マネジメントやドキュメンテーション、テスト、チーム、スケジュールに関してよく遭遇するが、現実に反した主張である。このようなまずい考え方は、誤っているにもかかわらず、アジャイルの中に隠れ場所や正当化の根拠をみつけるのだ。これらの考えがアジャイル方法論を牛耳って、よい動きに陰を落とすようになるまでに、これらの見方に対応することは必須である。

  • Javaと.NETの特許問題への短い紹介

    最近のGoogleとOracleの間の法的な戦いによって、Javaと.NETの特許問題が再び注目されている。Tim Smith氏が、Oracle/Sun と Microsoftによって提供されているライセンスを紹介する。GoogleのAndroid プラットフォームのようなサードパーティの実装にそれらがどう影響するのかに、焦点を当てる。 恐らく、Google Androidのユニークな実装が、動機となったことも取り上げられる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。