BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ビジネス に関するすべてのコンテンツ

  • ハイブリッドワークスペースのためのオフィスデザイン

    リモートワークからハイブリッドワークへの移行を契機として、パンデミック以前はうまくいっていた(あるいはうまくいっていなかった)ことが今はうまくいかない、という理解の下、企業によるオフィスデザインの見直しが進められている。さまざまな働き方やコラボレーション手法にとって都合のよいように、オフィス空間を再設計する必要があるのだ。

  • AWS Step Functions向けの可観測性を提供する新機能

    最近、AWSは、Step Functions向けのステートマシンページの新たなオプトイン機能を発表した。開発者は、新しい実行ページオプションを有効にすることで、標準ワークフローをすばやく分析、デバッグ、最適化することができるようになった。

  • LyftはA/Bテストの域を越えて実験をどのように改善しているか

    LyftのプロダクトマネージャーのJohn Kirn氏は最近、実験を行う際に直面する課題について記事を公開した。既存の実験手法では、Lyftのビジネスの特徴であるリアルタイム性に完全に適応したり、ネットワーク効果を低減したりすることはできなかった。Lyftの実験チームは、時間と領域の分割テストなどの新しいテストを展開し、社内の実験基準と手法を改善した。

  • グリーンソフトウェア開発: 用語と気候変動への取り組みを理解する

    クラウドへの移行が加速したことによる副作用で、ソフトウェア業界はますます地球温暖化に貢献することになった。企業はネットゼロ、カーボンニュートラルなどのさまざまな取り組みを行っている。Microsoftでグリーン・クラウド・アドボカシー・リードのAsim Hussain氏が、Devoxx UK基調講演の中でそれらを読み解く。それらを理解することは、開発者が各タイプのコミットメントの針を動かすのに役立つ。

  • MicrosoftがPower Pagesを加えた新しいPower Platform製品をプレビュー版でリリース

    Power Platformに最近Microsoft Power Pagesが追加された。毎年開催のBuildカンファレンスで、同社はスタンドアロンのSoftware as a Service(SaaS)プラットフォーム製品として、Microsoft Power Pagesのプレビュー版を発表した。これは、技術バックグラウンドに関係なく幅広いユーザをターゲットとしており、データを利用した最新の安全なWebサイトを作成するためのものである。

  • Microsoft + Java = ♡: Devoxx UKでMartijn Verburg氏が語ったこと

    MicrosoftがjClarityを買収してから3年後、Martjin Verburg氏はDevoxx UKで、MicrosoftがJavaにどれほど依存しているかについて発表した。この2つが同じ場所にいるように思えないが、現実は異なる。Microsoftは、社内利用、50以上のAndroidアプリ、Azureの内部システムのために200万のJVMを本番環境で実行している。そして、MinecraftはJavaで構築されている。さらに、MicrosoftはJavaを発展させることに取り組んでいる。

  • トラスト駆動開発: 認知的および感情的な柱の構築

    トラスト駆動開発では、人の活動に安全な環境を構築するために真実性を利用する。信頼を築くには、認知と感情という2つの信頼の主要な柱に焦点を当てる必要がある。私たちはヒーローになり、勇気を持ち、皆に真の私たち自身へのアクセスを与えなければならない。

  • Wave: アーキテクチャの複雑性低減に関するケーススタディ

    Dan Luu氏は、単純で退屈なアーキテクチャが最適なビジネスモデルのケーススタディとして、Waveを紹介する記事を公開した。Waveは、最先端を行くサービスベースの非同期アーキテクチャではなく、データベースの支援によって統合的なAPIを提供する同期モノリスを採用している。

  • AWSが新たにローコード開発ツールAmplify Studioを一般向け提供(GA)としてリリース

    最近、AWSはAWS Amplify Studioの一般向け提供(GA)を発表した。これは、ウェブ/モバイルアプリケーションのフロントエンドとバックエンドの開発をシンプルするビジュアルインターフェイスである。これは、既存のAWS Amplifyサービス、そして一連のツールと機能を拡張したものである。その目的は、開発者がさまざまなAWSサービスの設定を素早く始められるようにして、ユーザ認証などのバックエンドのユースケースをサポートできるようにすることである。

  • MicrosoftはデータガバナンスサービスをMicrosoft Purviewに統合し、再ブランド化

    最近、MicrosoftはMicrosoft Purviewを発表した。これは新製品のブランドであり、Azure PurviewデータガバナンスサービスとさまざまなMicrosoft 365コンプライアンスソリューションが合わせて提供される。

  • ソフトウェアが気候変動にどのように影響するか、ソフトウェアエンジニアがそれに対して何ができるか

    地球上のいたるところで大量のソフトウェアが実行されており、このソフトウェアは実行時にエネルギーを消費する。残念ながら、世界中のエネルギーのほとんどはまだ化石燃料の燃焼によって生成されている。ソフトウェアエンジニアがソフトウェアを改善して、処理に使用するエネルギーを少なくすることができれば、化石燃料を燃焼させることによって生成する必要のあるエネルギーが少なくなり、気候にとってより適した状態となる。

  • スタッフプラスエンジニアとして成功するための5つの行動

    スタッフプラスエンジニアは、より大きな影響を与える技術リーダーとして機能するものである。物事を成し遂げる彼らの能力は、他の人を成長させ、指導するため、彼らの個々の能力を超えたものになる。テクノロジー業界は、エンジニアが個別に作業するという考えから離れてきている。コラボレーションがスタッフプラスの役割において最も重要な行動の1つとなる。

  • Google Cloudがコミュニティセキュリティ分析を導入

    Google Cloudは最近、コミュニティセキュリティ分析(CSA)をリリースした。これは、一般的なクラウドベースの脅威の検出に役立てられるように設計されたセキュリティ分析用のオープンソースクエリとルールの集合である。

  • AWS Backup for AmazonS3が一般提供へ

    Amazonは最近、AWS Backup for Amazon S3の一般提供を発表した。これは、S3にデータを保存するアプリケーション向けのデータ保護を一元化するためのマネージドオプションである。この新機能では、S3でのアプリケーションデータのバックアップと復元が自動化される。その際、インスタンスやデータベースなど他のサービスのバックアップと組み合わせることができる。

  • セキュリティ・バイ・デザインがクラウド移行のリスク管理にどのように役立ったか

    企業がクラウドに移行したとき、最初から利害関係者を参加させたり、セキュリティを関与させたりすることが困難であったため、セキュリティの問題が発生した。継続的なクラウドDevOpsプロセスの一部としてセキュリティ評価を組み込み、プロジェクトのライフサイクル全体を通じてセキュリティリスク管理にアジャイル戦略を採用することで、移行中のセキュリティのガバナンスを強化することができた。

BT