BT

InfoQ ホームページ ビジネス に関するすべてのコンテンツ

  • リモート文化の意図的な創造と育成

    企業文化は短期間には構築できないし、押し付けることもできない。企業文化は創業者のイデオロギや、仕事に関わる振る舞いに深く根差している。そこから成長し、価値観を共有する個人が雇用されることで独自に進展すると同時に、個人の持つアイデンティティが文化の中に織り込まれていくのだ。

  • Budgets Actionsを使ってAWSコストの管理を改善する

    AWSは先頃、予算がしきい値(実績値または予測値)を越えた時に実行するアクションを定義可能にする、Budgets Actionsを発表した。Budgets Actionsを使うことでユーザは、AWS Budgetsをよりコントロールして、自身のAWSアカウントにおける予期しない過剰支出を抑制することが可能になる。

  • AWS Cost Anomaly Detectionのプレビューが利用可能

    AWSは先頃、AWSアカウント全体の異常な支出パターンを検出する新しいサービスであるAWS Cost Anomaly Detectionのプレビューを利用できるようにした。目標は、コスト管理を改善し、意図しない支出を最小限に抑えることである。

  • MicrosoftがUI Flowsの一般提供を発表し、ロボットプロセスの自動化を可能にする

    先頃のブログ投稿で、Microsoftは4月2日に、世界の顧客向けにUI Flowsの一般提供 (GA) を発表した。UI Flowsは、以前はMicrosoft Flowと呼ばれていたPower Automateに追加されたもので、自動化とワークフローへの民主化されたアクセスを可能にする。この最新リリースでは、MicrosoftはPower Automateサービスでロボットプロセス自動化 (RPA) 機能を有効にしている。

  • CamundaCon Live 2020: ハイライト

    今年の初め、CamundaはCamundaConを主催した。これは、Camundaのオープンソース製品を中心に展開するプロセス自動化に関するオンラインカンファレンスである。このカンファレンスでは、プロセスの自動化に関する複数のユースケースセッション、自動化とデジタルトランスフォーメーションに関するバーチャルパネル、マイクロサービスのオーケストレーションとCamunda製品と他のテクノロジーとの統合に関する技術セッションが取り上げられた。

  • Google、Windows Server VMの管理を簡略化する新機能を発表

    Googleは先頃、起動画面診断、Windows Serverの自動アップグレード、新しい診断ツール、ライセンスレポートの改善など、いくつかの新機能を発表した。大部分はベータ版で、Google Cloud (GCP) 上で動作するWindowsワークロードに関する問題のトラブルシュートやアップグレード、必要なライセンスの管理の簡略化を目的としたものだ。

  • ”Happiness at Work” 国際週間

    9月最終週の21~27日は、世界中の企業や個人に対して、3回目の"International Week of Happiness at Work"を祝おうと呼びかけられている1週間である。このイベントは世界中の職場での幸福を促進する目的で始められたもので、職場での幸福向上を目標としたイベントを開催するように、企業に対して勧めている。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • 上げ潮はすべての船を持ち上げる - DOES London 2020で紹介されたDevOps Dojoストーリ

    DevOps Enterprise Summit London 2020で注目された話題のひとつは、3日間の仮想カンファレンスの初日にGene Kim氏が開会の挨拶で最初にアピールしたトレーニング"dojo(道場)"だった。その中で氏は、IT Revolution Forum ebookで紹介されたTargetのdojoフレームワークについて言及した。その概念はadidasやVirgin Atlantic、Comcast、Sky、Verison、US Bank、Walmartなども取り上げていた。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • ハイテク産業における”心の健康”: QCon London Q&A

    企業はメンタルヘルス不調(mental ill-health)により、多大な損害を被っている。ハイテク産業の移り変わりのペースと製品提供のプレッシャは、それに追いつこうと苦闘するスタッフにストレスを加え続ける。プレッシャやパフォーマンスに対するスィートスポットは人それぞれであり、時間とともにも変化する。ひとりひとりのスィートスポットを知るには、言葉を交わし、仕事の状況を知ることが必要だ。

  • AWSがコードレスのモバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

    AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。