BT

InfoQ ホームページ ビジネス に関するすべてのコンテンツ

  • ”Happiness at Work” 国際週間

    9月最終週の21~27日は、世界中の企業や個人に対して、3回目の"International Week of Happiness at Work"を祝おうと呼びかけられている1週間である。このイベントは世界中の職場での幸福を促進する目的で始められたもので、職場での幸福向上を目標としたイベントを開催するように、企業に対して勧めている。

  • アジャイルにおけるビジネスアナリストの役割

    アジャイルな組織においても、ビジネスアナリストにはその役割がある — プロダクトオーナになることも、チームに参加することも、あるいはプロダクトの枠を越えてプロダクトオーナやチームとコラボレーションすることも可能なのだ。フレームワークが代わろうとも、BAの役割には非常に大きな価値があるのだから、自分のスキルに自信を持つことが重要だ。

  • 職場をもっと人間的にするには

    企業は職場の人間化(humanization)に対する意識を強めることで、プロフェッショナルのパフォーマンス向上を支援しようとしている。職場をより人間化するためには、作業のオフスクリプト(off-script)化、適切な作業時間の探求、弱いリーダ、多様性の受容、などの方法がある

  • 上げ潮はすべての船を持ち上げる - DOES London 2020で紹介されたDevOps Dojoストーリ

    DevOps Enterprise Summit London 2020で注目された話題のひとつは、3日間の仮想カンファレンスの初日にGene Kim氏が開会の挨拶で最初にアピールしたトレーニング"dojo(道場)"だった。その中で氏は、IT Revolution Forum ebookで紹介されたTargetのdojoフレームワークについて言及した。その概念はadidasやVirgin Atlantic、Comcast、Sky、Verison、US Bank、Walmartなども取り上げていた。

  • Fathymローコードプラットフォームパブリックベータ版が利用可能に

    パブリックベータとして利用可能になったFathymは、Azureベースのデータ駆動型アプリケーションの作成を可能にすることを目的としたローコードフレームワークである。Fathymは、アプリケーションオーケストレーションと自動インフラストラクチャ管理のサポートも提供する。

  • ハイテク産業における”心の健康”: QCon London Q&A

    企業はメンタルヘルス不調(mental ill-health)により、多大な損害を被っている。ハイテク産業の移り変わりのペースと製品提供のプレッシャは、それに追いつこうと苦闘するスタッフにストレスを加え続ける。プレッシャやパフォーマンスに対するスィートスポットは人それぞれであり、時間とともにも変化する。ひとりひとりのスィートスポットを知るには、言葉を交わし、仕事の状況を知ることが必要だ。

  • AWSがコードレス��モバイル&Webアプリビルダーをベータリリース: Amazon Honeycode

    AWSは最近、Amazon Honeycodeのベータリリースを発表した。これは、顧客がコードを記述せずにすばやくモバイルおよびウェブアプリケーションを構築できるフルマネージドサービスである。

  • Redgateにおけるジェネレーティブな文化の構築 - QCon London Q&A

    ジェネレーティブ(Generative、生成的)な文化には、明確な目標意識、高度な協調、そして学びがある。ジェネレーティブな文化の中には、学習の時間と新たなアイデアを提案する空間がある。Redgateでプロダクトエンジニアリングの責任者を務めるJeff Foster氏はQCon London 2020で、ジェネレーティブな文化を作り上げることによってRedgateがいかに製品開発の方法を改善したか、というテーマで講演を行う予定である。

  • 自己組織化チームにおける協調的意思決定

    自己組織化チームにおいて、メンバが持つすべてのポテンシャルを発揮する機会を与えることは、今日の企業が成功を収める上で最良の方法だ、とLorenzo Massacci氏は主張する。Agile Business Day 2019で、氏は、自らを組織化するチームが継続的かつ効率的な意思決定を可能にする方法について講演した。

  • GitLab 2020 Remote Work Reportに見るリモートワーク導入の理由

    GitHubは先頃、"2020 Remote Work Report"をリリースした。リモートワーカと雇用側の両方の視点から、リモートワークの全容が詳細に報告されている。3,000人を越える、さまざまな業界のさまざまな立場からの回答に基づいたこのレポートは、将来のリモート��ークがどのようなものになるのか、その未来像を垣間見るためのものでもある。GitLabのリモート責任者であるDarren Murph氏に話を聞いた。

  • COVID-19下でメンタルヘルスと健康をケアする

    COVID-19のような世界を覆う危機の時、不安、恐怖、悲しみ、怒り、フラストレーションを感じるのは普通のことであり、私たちは自分自身に優しくして、これらの感情を小さくしたり否定したりすることなく、受け入れる必要がある。ストレスを克服するためにできることはある。共感的な反応は、私たちが直面しているストレスに積極的に対処するための一つの方法だ。

  • 継続的デリバリの今後10年を予想する

    Dave Farley、Jez Humble両氏が、これからの10年間で継続的デリバリ(CD/Continuous Delivery)に期待するものについて、DeliveryConfで講演した。CDを成功させるためには、技術、組織、文化という、相互に深く関連した3つのパフォーマンス面を注視する必要がある。DORAのレポートには、技術的プラクティスは変革を推進することが可能だが、それだけでは不十分であることが示されている。

  • Jenkinsの開発者が継続的リスクベーステストのMLスタートアップを立ち上げ

    Jenkinsの開発者であるKohsuke Kawaguchi氏が、マシンラーニングを使用したリスクベースのテストの識別を行うスタートアップであるLaunchableを創立した。テストに関する思想的リーダであるWayne Ariola氏も、継続的テストアプローチの必要性に関して、ターゲットを明確にしたリスクベースのテストが継続的デリバリに信頼性を与えると述べている。

  • リーンによってITチームの業務にプライドを取り戻す

    より強いチームワーク、日々の業務に対するより明確なビジョン、業務に集中することのできるチーム、優れた業務を行うことに対する高い意識 — ActaのITチームがリーンの導入によって得たメリットとして、Mélanie Noyel氏はこのようなことを挙げた。氏はLean Digital Summt 2019で、リーンによるITチームの日常業務の改善について講演した。

  • デジタル文化によるデジタル変革の促進

    デジタル文化(Digital Culture)は、デジタル変革の重要な要素だ、最先端の競争力を維持するために生産性と革新性を高めてくれる — Aisling Curtis氏は言う。Women in Tech Dublin 2019で氏は、仕事の未来と、デジタル変革においてデジタル文化が果たす役割について講演した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。