BT

InfoQ ホームページ CEP に関するすべてのコンテンツ

ニュース

RSSフィード
  • Apache Eagleがトップレベルプロジェクトに昇格

    ビッグデータプラットフォーム上でのセキュリティおよびパフォーマンスに関する問題を特定する,オープンソースソリューションのApache Eagleが,2017年1月10日,Apacheのトップレベルプロジェクトに昇格した。eBayが2015年10月にオープンソースとしたEagleは,機密データへのアクセスや悪意のある活動を簡単に検出し,タイムリに対応する目的で開発されたソフトウェアだ。

  • リアクティブストリームとは

    最近のソフトウェアは,リアルタイムに近いデータ操作を行うことが多くなっている。 秒以下の応答でデータ交換することにビジネス価値のある状況において,データを可能な限り早く知識に転換する方法のひとつがストリーム処理だ – Kevin Webber氏はリアクティブストリーム(Reactive Streams)について,このように説明する。

  • TerracottaのBigMemory 4.0とIn-Geniusがリアルタイムなビッグデータ情報収集を実現する

    Terracottaの BigMemory 4.0 と In-Genius は,さまざまなビッグデータからの詳細情報をリアルタイムに提供するNoSQLデータベース製品だ。同社は先日,インメモリ・データプラットフォーム BigMemory の新バージョンと,ビックデータ用インメモリ・インテリジェンスプラットフォームの 新製品 In-Genius をリリースすると発表した。

  • CEPはSOAに貢献できたのか?クラウドに貢献す���ことは可能か?

    SOAの派手な売り込みが頂点に達したころ、複合イベント処理(Complex Event Processing; CEP)はSOAの"次なる目玉"として迎え入れられた。その時以来、いくつかのCEPソリューションが現れては消えていったが、CEPという言葉は今、かつてそうだったほどは使われていない。CEPは当初言われていたほど貢献できなかったのだろうか?それとも、それはほとんどのSOAインフラストラクチャのコアとなり、我々が当たり前のように受けいれてしまったということだろうか?そして、CEPがクラウドに提供できるものはあるのだろうか?

  • CEPはEDAやSOAの前提条件か?

    Jack Van Hoof氏が投稿でCEPとEDAを比較し、両者のSOAとの関係を対比している。

  • 複合イベント処理とEDA

    複合イベント処理(CEP)システムとイベント駆動型アーキテクチャ(EDA)は、現在および将来の高性能システムにおいて重要な役割を果たすものとして認識されており、その役割と適用方法が議論されている。David LuckhamとRoy SchulteがCEPおよび EDAで使用される用語の概要と解説をまとめている。

  • OrbitzによるオープンソースのモニタリングツールERMAとGraphite

    世界的なオンライン旅行会社であるOrbitz Worldwide社はExtremely Reusable Monitoring API(ERMA)とデータの永続化と視覚化をおこなうコンポーネントであるGraphiteという2つのオープンソースのモニタリングツールを持っている。このツールの活用事例を紹介する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。