BT

InfoQ ホームページ C++ に関するすべてのコンテンツ

  • Visual StudioなしにWindows上でコンパイルする

    これまでMicrosoftは、Visual Studioをインストールせずにコードをコンパイルする必要のある人たち向けに、2つのビルドツールを提供していた。新しいVisual Studio Build Toolsパッケージはこれらをひとつのツールにまとめている。

  • Visual Studio 2015でLinuxをターゲットにした開発が容易に

    MicrosoftはVisual Studio 2015の新しい拡張機能の改善を続けている。開発者はVS2015でC/C++コードを書き、それをLinuxが動いているリモートマシンに転送してコンパイルとデバッグすることが可能になる。これにより、Visual StudioのIDEの恩恵とLinux開発環境の長所を組み合わせることができる。

  • Checked C - Microsoftによる,より安全なC/C++

    MicrosoftがChecked Cをオープンソースとして公開した。CとC++言語への境界チェック導入を目的とした研究プロジェクトだ。

  • Visual StudioでLinux用のC++コードを書く

    Visual Studio 2015ユーザが,非Windows環境用のC++を書くための新しい方法を手にいれた。Visual C++ for Linuxエクステンションを導入すれば,VS2015を使ってWindows下で記述したC++コードを,Linuxマシンにデプロイしてコンパイル,実行,デバッグできるようになる。今回のリリースでは,Linux Console Windowの追加による利便性の向上と,いくつかのバグフィックスが行われている。

  • VS2015 Update 3リリース、パフォーマンスと安定性にフォーカス

    Visual Studio 2015 Update 3がリリースされた。Update 3は製品の安定性改善とIDEが使うメモリ消費削減に注力している。その他、C++サポートの改善や製品アクティベーションの改善が含まれる。

  • Visual Studio Code、C/C++サポートを改善

    Windows、Mac OS X、Linuxのいずれを使おうとも、Microsoftのコードベース・マルチプラットフォームエディタVisual Studio Codeは、開発者にとって大きな選択肢になってきている。このエディタの制限となっていたのは、基本的な構文ハイライト以上の適切なC/C++サポートがないことだった。新しいMicrosoftの機能拡張は、C/C++にフォーカスした複数のツールを提供することで、この機能ギャップを狭めようとしている。

  • GCC 6.1がリリース - C++17新機能,OpenMPフルサポート,OpenACCサポート向上

    GCCバージョン6.1は,前回から1年以上を経た最初のメジャーリリースだ。メンテナのJakub Jelinek氏によると,新たにC++17機能やOpenMPのフルサポート,OpenACCのサポート向上など,多くの新機能が含まれている。

  • C++開発者がVS2015を使うべき6つの理由

    本日のBuildにおいて,C++開発者にとって便利なVS2015の新機能を論議するプレゼンテーション “6 Reasons Move your C++ code to VS2015”が行われた。VS2015は2015年7月の最初のリリースから改良が続けられており,ターゲットとするプラットフォームに関係なく,C++開発者を魅了するに違いない新機能をいくつも備えている。

  • CLion 2016.1リリース、PythonとSwiftのサポートとC++のサポート改善

    JetBrainsがLinuxとOS XをターゲットとしたクロスプラットフォームIDE、CLionのバージョン2016.1を発表した。新しいバージョンには、C++のサポート、コード生成、PythonとSwiftのサポート、Git統合における多数の改善が含まれている。

  • LLVM 3.8リリース: Windows旧バージョン対応打ち切り、Autoconf廃止予定、Clang改善

    LLVMチームがLLVM 3.8のリリースを発表した。今回のバージョンには、廃止予定になったものがいくつかと、新しいC APIヘッダおよびClang 3.8が含まれている。

  • Visual Studio 2015 でプロジェクトのビルド時間を短縮する

    Microsoft における Xoreax との新たな協業により、Visual Studio 向け IncrediBuild の "freemium" バージョンが提供された。同ツールは複数の技術を用いて、異なるプロジェクト形式のビルド時間を劇的に短縮する。

  • Visual StudioでLinuxデバッギングが可能に

    Visual Studio 2015は非Windows開発に手を伸ばしている。この新しい拡張機能はVisual Studioを、Linuxベースのシステムで動くC++コードのデバッグに使えるようにする。

  • 優れたモダンなC++を書くのに役立つC++ Core Guidelines

    CppConで発表されたように、Bjarne Stroustrup氏とHerb Sutter氏がモダンなC++のためのガイドライン集を作り始めた。目標は、開発者の言語の使い方を改善し、タイプセーフでリソースリークのない、できるだけロジックエラーのないコードが書けるようにすることだ。

  • iOSアプリ開発がWindowsに,一部では論議も

    Microsoftは,Windows上でObjective-C開発を可能にするツールをリリースしたiOSアプリのWindows移植を促進するためだ。ただしこの活動には議論もない訳ではなく,一部の開発者は自分たちのコードがプロジェクトに取り込まれた方法に関して不満を持っている。

  • C++とVS2015のエディット・アンド・コンティニュー機能を利用する

    C++コードのエディット・アンド・コンティニュー機能は,これまでのVisual Studioでも,さまざまな形式で利用可能だった。Visual Studio 2015ではこのサポートが拡張されて,32ビットと64ビット両方のコードが対象になるとともに,Visual Studioの提供する他のデバッグツールとの併用も可能になった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。