BT

InfoQ ホームページ Caching に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoftがプレビュー版でAzure Cache for Redisのゾーン冗長性を発表

    最近、Microsoftは、Azure Cache for Redisが複数のアベイラビリティーゾーンでサポートされ、可用性と復元力が拡張されると発表した。このサービスの更新により、顧客はAzure Cache for Redisインスタンスを利用できる機会が大幅に向上させることができる。

  • UXパターン: Stale-While-Revalidate

    Stale-while-revalidate(SWR)キャッシング手法は、Webアプリケーションのユーザにより迅速なフィードバックを提供すると同時に、結果整合性も可能にする。フィードバックを早くすることでスピナの表示が不要になり、より印象のよいユーザエクスペリエンスが得られる可能性がある。

  • AWSがRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表

    先頃、AWSはRedis 6と互換性のあるAmazon ElastiCache for Redisを発表した。これにより、マネージドロールベースのアクセス制御、クライアント側のキャッシュ、いくつかの重要な運用上の改善など、いくつかの新機能がもたらされる。

  • AmazonがAWSでのElastic Search Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表

    最近、AmazonはAWSでのElasticsearch Service向けのUltraWarmの一般向け提供を発表した。Ultrawarmは、低コストのウォームストレージ階層であり、Elasticsearch Serviceの拡張機能である。最大3ペタバイトのストレージを提供し、既存のオプションに比べて約90%のコスト削減になる。

  • AmazonがRedis用ElastiCacheの新機能を発表: Global Datastore

    先頃、AmazonはGlobal Datastoreを発表した。これは、フルマネージの、高速で信頼性が高く、セキュアなクロスリージョンレプリケーションを提供するAmazon ElastiCache for Redisの新機能だ。

  • Redis LabsはMicrosoftと提携し、開発者向けに新しいRedisキャッシュを提供

    Microsoftは最近のブログ投稿で、Redis Labsとの新しいパートナーシップを発表した。これは、Redis Enterpriseを、Azure Cache for Redisの完全に統合された新しい層として提供するためのものである。現在非公開のプレビュー版である拡張サービスは、顧客に2つの新しいエンタープライズ階層を提供する。

  • オラクル オープンソース Coherence インメモリデータグリッド

    オラクルは、Coherence インメモリデータグリッド(IMDG)製品の中核を自由なオープンソースのソフトウェアとしてリリースした。

  • Cloudflare。エッジ用のサーバレス・キーバリューストアWorkers KVをリリース

    アプリケーションとクライアントのブラウザの間にあるのは何か?その答が"インターネット"である時、Cloudflareは、彼らのWorkersプラットフォームが役に立つことを願っている。同社は先日、180以上のエッジロケーションで利用可能な、分散形式で結果整合(eventualy-consistent)型のキーバリューストアであるWorker KVによって、自社のプラットフォームを拡張した。

  • Amazon DynamoDB Accelerator (DAX)がプレビューに

    AWSはAmazon DynamoDB Accelerator (DAX)のプレビューを発表した。これは、完全にマネージドなライトスルーキャッシュサービスであり、論理的にはDynamoDBの前に置かれ、読み込みの激しいワークロードのパフォーマンスを改善する。DAXはDynamoDBとAPIの互換性があるため、既存のアプリケーションはコードを変更することなくDAXを使うことができる。プレビューはJava SDKのみサポートしている。

  • IntelによるOptane SSDの立ち上げ

    Intelは最近Optaneというブランド名のもとで3D XPointという不揮発性メモリー(NVM)を立ち上げた。謳い文句の中にSSDのラベルがあることは、これが耐久性のあるストレージの異なる形態であることを暗示しているが、この技術は通常RAMを使用するであろうアプリケーションに向けられている。この出来事はメモリと永続化の間の妥協の終わりの始まりを示している。

  • Drew Koszewnikに聞く - 散在型キャッシュ Netflix Hollow

    NetflixのDrew Koszewnik氏がRags Srinivasに,Hollowという散在型(disseminated)キャッシュについて語る。

  • オラクルがJavaエヴァンジェリストを削減

    オラクルは今週、Javaの世界に衝撃を与えた。Cameron Purdy氏やSimon Ritter氏を含む、トップJavaエヴァンジェリストののうち数人を削減すると発表したのである。

  • JCACHEの仕様が完成

    13年の開発と進化を経て、JSR-107が完成した。

  • WebLogic + Coherence + Tuxedo = Cloud Application Foundation

    OracleがCloud Application Foundation (CAF) 12cをリリースした。従来型のデータセンタとクラウド環境の両方で動作する,統合型ミドルウェアプラットフォームである。WebLogic Server for Java EEとCoherenceインメモリ・データグリッド,Tuxedo for C/C++/COBOLという組み合わせに,コンフィギュレーションおよびデプロイ用のOracle Virtual Assembly Builder,ロードバランシング用のOracle Traffic Directorを加えたものだ。

  • GAE 1.8.2,専用Memcacheとモジュール機能を導入

    Google App Engineに新たなサービスが追加された。最大20GBのメモリを有する専用キャッシュへのアクセスと,アプリケーションをステートレスでセキュアなサービスを提供するモジュールに分割する機能だ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。