BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Caching に関するすべてのコンテンツ

  • WebLogic + Coherence + Tuxedo = Cloud Application Foundation

    OracleがCloud Application Foundation (CAF) 12cをリリースした。従来型のデータセンタとクラウド環境の両方で動作する,統合型ミドルウェアプラットフォームである。WebLogic Server for Java EEとCoherenceインメモリ・データグリッド,Tuxedo for C/C++/COBOLという組み合わせに,コンフィギュレーションおよびデプロイ用のOracle Virtual Assembly Builder,ロードバランシング用のOracle Traffic Directorを加えたものだ。

  • GAE 1.8.2,専用Memcacheとモジュール機能を導入

    Google App Engineに新たなサービスが追加された。最大20GBのメモリを有する専用キャッシュへのアクセスと,アプリケーションをステートレスでセキュアなサービスを提供するモジュールに分割する機能だ。

  • TerracottaのBigMemory 4.0とIn-Geniusがリアルタイムなビッグデータ情報収集を実現する

    Terracottaの BigMemory 4.0 と In-Genius は,さまざまなビッグデータからの詳細情報をリアルタイムに提供するNoSQLデータベース製品だ。同社は先日,インメモリ・データプラットフォーム BigMemory の新バージョンと,ビックデータ用インメモリ・インテリジェンスプラットフォームの 新製品 In-Genius をリリースすると発表した。

  • WebサイトをスケールするためにMozillaで学んだこと

    MozillaのWebオペレーションエンジニアであるBrandon Burton氏によると、Mozillaは自ら学んできた単純なスケーリングパターンによって、Webサイトを何千ユーザから何億ユーザまでスケールしている。彼らが学んだ教訓には、キャッシュ、Webサーバのスケールアウト、非同期ジョブ、データベースが含まれる。

  • Twemproxy - MemCachedとRedis用のプロキシ

    Twemproxyは、プロキシサーバーで、あなたのRedisあるいはMemcachedサーバーへのオープン接続数を減らすことができる。

  • CouchbaseがCouchbase Server 2.0 GAをリリース

    Couchbase Server 2.0の主要なフィーチャは、柔軟なJSONデータモデル、分散されたインデックス化とクエリ機能、インクリメンタルな map-reduce、そしてデータセンターを跨いだレプリケーションである。

  • Terracotta BigMemory 3.7: マルチテラバイトのサポート,検索機能の向上,セキュリティ強化

    Terracotta Inc が BigMemory 3.7 をリリースした。BigMemory は Enterprise Ehcache 用のオフヒープ (off-heap) ストア ・スナップインである。大きなヒープサイズを確保した JVM で通常発生する長時間のガベージコレクション停止を起こすこと��く,データをメモリ上に保持することによって,アプリケーションをスピードアップする。今回のバージョンでは新たにマルチテラバイトサーバがサポートされ,検索インデックス作成時のオーバーヘッド低減とセキュリティの拡張が図られている。

  • Hazelcast 2.0 リリース,オフヒープ・ストレージと分散バックアップを装備

    Java ベースのキャッシュとクラスタ,そしてデータ配信のソリューションである Hazelcast のバージョン2.0 が先日リリースされた。今回のリリースでは営利企業用の Enterprise Edition とオープンソースコミュニティ用でフリーの Community Edition の2つが提供される。

  • MySQL Cluster 7.2 リリース - 70倍のパフォーマンス向上と NoSQL 機能

    Oracle が NoSQL 市場のハートの新たなラウンドに火を付けた。今回の MySQL Cluster 7.2 リリースには REST や Memcached ワイヤプロトコル,NoSQL C++ などの NoSQL ソリューション,そして 標準 MySQL インターフェースに対して直接的に対抗する新機能が加えられている。さらに MapReduce 的な分散結合により,複雑なクエリ処理速度の 70倍に及ぶ高速化を誇る。Oracle による MySQL/NoSQL ハイブリッドは受け入れられるだろうか?

  • VMware が SQLFire 1.0 をリリース

    VMware が SQLFire 1.0 をリリースした。SQLFire は高可用性と水平スケール性を重視した分散 SQL データベースで,テーブルのレプリケーション,テーブルのパーティショニング,クエリの並列実行などをサポートする。

  • Resin が Memcached ソリューションの代替としての機能を実装

    バージョン 4.0.24 のリリースによって,Caucho のアプリケーションサーバ Resin のキャッシュ機構はクライアントとサーバ両方の memcached インターフェースを提供するようになった。つまり memcached ソリューションを代替可能な機能を持ったことになる。

  • SmalltalkベースのRuby VMを持つNoSQL OODB:MagLev 1.0がリリース

    MagLevプロジェクトが彼らのRubyVMのバージョン1.0をリリースした。Rubyの実装はGemStone/S Smalltalk VMをベースにしており、GemStoneの分散キャッシュ、ACIDトランザクション、永続性システム(OODB)が使える。InfoQは、MagLevプロジェクトのMonty Williams氏にMagLevがNoSQLの領域のどこによく合うのかなどを聞いた。

  • Entity Frameworkでセカンドレベルキャッシュ

    セカンドレベルキャッシュは、Entity Frameworkの枠に収まらない機能のひとつである。「Entity FrameworkとAppFabricのセカンドレベルキャッシュ」というMSDNの記事において、Julie Lerman氏は、Microsoft AppFabricのような優れたキャッシュサービスをEntity Frameworkのセカンドレベルキャッシュで実装する方法について解説した。

  • Windows Server AppFabricにリードスルーとライトビハインドのサポートが追加

    Windows Server AppFabric 1.1のリードスルーとライトビハインドのサポートによって、性能が改善し複雑なアプリケーションがより単純になる。読み取りと書き込みの処理をキャッシュサーバ自体が行うようになるからだ。また、この新しいバージョンにはセッション情報の遅延読み込みやASP.NETの出色キャッシュも含まれている。

  • VMware vFabric SQLFireはSQL分散キャッシュとデータストアの両方を提供

    VMware vFabric SQLFireはインメモリーの分散SQLベースのキャッシュでデータをディスクに保存する従来のデータベースといっしょに動作できる。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。