BT

InfoQ ホームページ Chrome に関するすべてのコンテンツ

  • Chrome 74が遅延ローディングをネイティブにサポート

    Googleは先頃、画像とiframeのネイティブな遅延ローディングのサポートを有効にする実験的フラグを新たに加えた、Google Chrome 74をリリースした。imgおよびiframe HTMLタグには、対応するリソースの遅延読み込み動作を設定するために、loading属性が新たに定義されている。表示されていないコンテンツのロードを遅延させることにより、データ使用量とメモリ使用量を削減すると同時に、コンテンツの最初の画面表示を高速化できる可能性がある。

  • Chrome 76がPWAのインストール、Stealthierシークレットモード、拡張機能トラッキングを搭載

    Googleは最近Google Chrome 76をリリースした。Chrome76はプログレッシブWebアプリ(PWA)をデスクトップにインストールしやすくし、一般的に使用されるシークレットモード検出技術を無効にし、ユーザが拡張アクティビティを追跡できるようにする

  • Electron 4および5がリリース、セキュリティと新たなWeb APIを追加

    Electronチームが先日、Electronバージョン4およびバージョン5のリリースを発表した。Chromium、V8、Node.jsの最新アップデートに合わせて、アグレッシブなリリースサイクルを維持している。各バージョンにおける重要なアップデートには、リモートとリクエストに対するコントロールの改善などの他、ElectronのコールバックベースのAPIをアップデートしてPromiseを使用可能にするという、現在進行中のイニシアチブも含まれている。

  • Proxx: 高速なWebアプリケーションを作る

    Proxxは、Google ChromeチームによるJavaScriptゲームである。多様なプラットフォームとインプットデバイスにわたって、同様のユーザエクスペリエンスを提供する、高速で円滑なWebアプリケーションを開発する方法を示している。

  • GoogleがKey-ValueストレージをChrome 74の組み込みモジュールとして実験

    Googleは最近、Chromeの将来のバージョンで2つの新しいWICG提案を実装する意向を発表した。KV StorageはLocalStorageの利便性を実現しながらも、より優れたパフォーマンスを実現しようとしている。その目的は、インポートマップの提案を活用して、これを組み込みモジュールの最初の例として提供することである。

  • Google、V8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3をリリース

    GoogleのV8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3には、JavaScriptパース性能の向上、新しいJavaScript言語機能のサポート、WebAssemblyパフォーマンス改善が含まれている。

  • Google ChromeのNever-Slow Mode

    GoogleはNever-Slow Modeと呼ばれるプロトタイプ機能に取り組んでいる。このプロトタイプ機能はChromium プロジェクトでコミット作業進行中であり、ユーザーエクスペリエンスの向上、一貫性のある迅速なブラウジングの提供を目的としている。

  • JavaScript V8エンジンの非同期パフォーマンスが向上

    V8 JavaScriptチームは、非同期機能とPromiseを最適化するための改善を発表した。チームはまた、非同期コードのデバッグエクスペリエンス、つまりJavaScript開発者にとって共通の問題点を改善した。

  • Google LabsがSquooshを発表:画像圧縮プログレッシブウェブアプリ(PWA)

    2018年のGoogle Chrome開発者サミットで、GoogleはSquooshを発表した。これはオープンソースの画像圧縮プログレッシブウェブアプリ(PWA)である、モダンなウェブ技術の実演を兼ねている。

  • Electron 3がリリースされ安定性が向上した

    Electronチームは先日、Electronバージョン3のリリースを発表した。このリリースには、大量のファイルの読み込み、アプリケーション管理用APIの改善、ロギングとパフォーマンス計測機能を含む、大量の拡張と改善が含まれている。

  • GoogleがPuppeteer 1.0をリリース

    Puppeteer 1.0はリリースされ、JavaScriptヒープとページパフォーマンスの測定、JavaScriptとCSSのコードカバレッジ情報などの数十の改善がなされた。

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • WebAssemblyがすべてのブラウザでサポートされる

    Safariの9月19日のリリースとEdgeの10月31日のリリースで、AppleとMicrosoftは自身のブラウザの製品版でWebAssemblyをサポートした。彼らがGoogleとMozillaに加わったことで、4つのブラウザすべてで、wasmバイナリ形式にコンパイルしたコードを実行できるようになった。

  • GoogleのPuppeteerがヘッドレスChromeツールの一員に

    Googleの新ツールPuppeteerは、ヘッドレスChromeの使用に特化したNode APIだ。いくつもの既存コミュニティツールの中に加わって、Chrome DevTools Protocolでの開発における複雑な問題を解決してくれる。Google製のツールが加わることで、Web開発者の選択肢と可能性がより高くなることを期待したい。

  • Google、PNaClのサポートを削除する

    Googleは昨年、PNaCL/NaClチームを解散し、今年の3月にChromeへのWebAssemblyデフォルトサポートを追加したが、公式にWebAssemblyを支持してPNaClをリタイアさせることを発表した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。