BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Chrome に関するすべてのコンテンツ

  • Google、V8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3をリリース

    GoogleのV8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3には、JavaScriptパース性能の向上、新しいJavaScript言語機能のサポート、WebAssemblyパフォーマンス改善が含まれている。

  • Google ChromeのNever-Slow Mode

    GoogleはNever-Slow Modeと呼ばれるプロトタイプ機能に取り組んでいる。このプロトタイプ機能はChromium プロジェクトでコミット作業進行中であり、ユーザーエクスペリエンスの向上、一貫性のある迅速なブラウジングの提供を目的としている。

  • JavaScript V8エンジンの非同期パフォーマンスが向上

    V8 JavaScriptチームは、非同期機能とPromiseを最適化するための改善を発表した。チームはまた、非同期コードのデバッグエクスペリエンス、つまりJavaScript開発者にとって共通の問題点を改善した。

  • Google LabsがSquooshを発表:画像圧縮プログレッシブウェブアプリ(PWA)

    2018年のGoogle Chrome開発者サミットで、GoogleはSquooshを発表した。これはオープンソースの画像圧縮プログレッシブウェブアプリ(PWA)である、モダンなウェブ技術の実演を兼ねている。

  • Electron 3がリリースされ安定性が向上した

    Electronチームは先日、Electronバージョン3のリリースを発表した。このリリースには、大量のファイルの読み込み、アプリケーション管理用APIの改善、ロギングとパフォーマンス計測機能を含む、大量の拡張と改善が含まれている。

  • GoogleがPuppeteer 1.0をリリース

    Puppeteer 1.0はリリースされ、JavaScriptヒープとページパフォーマンスの測定、JavaScriptとCSSのコードカバレッジ情報などの数十の改善がなされた。

  • W3CはHTML 5.2を公式勧告としてリリースした

    2017年12月14日、W3CはHTML仕様の更新版であるHTML 5.2をリリースした。このアップデートでは、dialogエレメントのような新しい機能が追加され、HTMLプラグインシステムのような古いものが廃止され、Payment Request APIやPresentation APIのサポートなどのW3Cコミッティーが統合された。

  • WebAssemblyがすべてのブラウザでサポートされる

    Safariの9月19日のリリースとEdgeの10月31日のリリースで、AppleとMicrosoftは自身のブラウザの製品版でWebAssemblyをサポートした。彼らがGoogleとMozillaに加わったことで、4つのブラウザすべてで、wasmバイナリ形式にコンパイルしたコードを実行できるようになった。

  • GoogleのPuppeteerがヘッドレスChromeツールの一員に

    Googleの新ツールPuppeteerは、ヘッドレスChromeの使用に特化したNode APIだ。いくつもの既存コミュニティツールの中に加わって、Chrome DevTools Protocolでの開発における複雑な問題を解決してくれる。Google製のツールが加わることで、Web開発者の選択肢と可能性がより高くなることを期待したい。

  • Google、PNaClのサポートを削除する

    Googleは昨年、PNaCL/NaClチームを解散し、今年の3月にChromeへのWebAssemblyデフォルトサポートを追加したが、公式にWebAssemblyを支持してPNaClをリタイアさせることを発表した。

  • Google Chrome DevToolsのアップデート

    Chrome DevToolsの次のバージョンには、開発者が高速なWebページを構築するのを助け、複雑な非同期コードのデバッグを容易にする、数多くの新機能が含まれている。Google I/O 2017で、Paul Irish氏がこれら数多くの新機能について紹介した。

  • Phantom.jsのメンテナー、プロジェクトの将来に疑問を呈し、その座を降りる

    ヘッドレスのブラウザテスティングフレームワークPhantom.jsのメンテナーが、Chromiumのヘッドレスバージョンリリースのために、その座を降りることを決めた。プロジェクト創設者が継続できるだけの助けを見つけられるかは、はっきりしていない。

  • ブラウザベンダがデフォルトでWebAssemblyを有効化

    WebAssemblyに関わるブラウザベンダが初期実装について"合意"に達した。これによってブラウザはデフォルトでWebAssemblyを同梱できる。これは重要なマイルストンだ。しかし、この初期実装によって開発者はすぐに大きな便益を享受できるわけではない。DOMの操作やガベージコレクタが仕様化されていないからだ。

  • ChromeとFirefoxが安全でないサイトの警告を開始

    Chrome 56とFirefox 51から、パスワードやクレジットカードの入力フィールドを含む非HTTPSサイトを参照すると、ブラウザに警告が表示されるようになる。

  • Google、Microsoft、Mozillaがサイト運営者にSHA-1証明書の置き換えを促す

    昨年発表されたSHA-1の廃止計画に従って、Google、Microsoft、Mozillaは、SHA-1証明書のサポートを主力ブラウザから削除するためのスケジュールを説明している。セキュリティ会社Venafiの研究者によると、1100万の公開されているWebサイトのうち35%がまだSHA-1証明書を使用しているという。

BT