BT

InfoQ ホームページ コンパイラ に関するすべてのコンテンツ

  • Tink - クラウド、Android、iOSに対応するGoogleの暗号化ライブラリ

    Tinkは、Googleの暗号技術者とセキュリティエンジニアのグループが開発した、多言語でクロスプラットフォームな暗号ライブラリである。暗号化の専門家でなくても、暗号を正しく実装することが可能になる。2年間の開発期間を経てリリースされたバージョン1.2では、クラウド、Android、iOSプラットフォームと、C++およびObjective-Cのサポートが追加されている。

  • Visual Studio 2017 15.9プレビューではC++デバッグ機能が拡張された

    Microsoftは、Visual Studio 2017 15.9の2番目のプレビューをリリースした。このリリースでは、C++デバッグの改善とユニバーサルWindowsアプリケーション(UWP)開発者にとって有益な追加機能が強調されている。

  • ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

    ClangベースのキャッシュC++コンパイラのZapccがオープンソースとなった

  • RyuJITに.NET Coreに対応完了

    .NET Core CLRチームは、次世代のJust-In-TimeコンパイラRyuJITが.NET Coreプラットフォームに完全に対応したことを発表した。この変更により、.NET Core開発者が4つのアーキテクチャ(x86、x64、ARM32、ARM64)を利用できるようになった。さらに、全てのアーキテクチャにおいて、最新のコンパイ��設計の恩恵を受けることができる。

  • 新しいGCC 8.1がC++2aのいくつかの機能をサポート

    GCC 8.1は、GNU Compiler Collectionの最新メジャーリリースであり、今後のC++2a標準の一部を実験的にサポートしている。さらに、GCC 8.1はプロファイル駆動型の最適化を改善し、Go言語サポートをバージョン1.10.1まで提供する。

  • Visual Studio 2017、15.7のプレビュー版が登場

    Microsoftは引き続きVS2017の開発を進めており、15.7のプレビューをリリースした。今回のリリースには、TypeScript 2.8、NuGetパッケージシグニチャ、.NET Coreプロジェクトのステップバックデバッグのサポートが含まれている。

  • Android Studio 3.1はアプリケーション開発の生産性向上を目指す

    Android Studioの最新バージョン、バージョン3.1は、アプリケーション開発の生産性向上に重点を置いている。新しいC++パフォーマンスプロファイラ、Kotlin Lintチェックのコマンドラインサポート、SQLコードの補完、改良されたリファクタリングなどが含まれている。

  • JSON for Modern C++ がバージョン3 .1に

    JSON for Modern C++ 3.1では、Universal Binary JSON (UBJSON)仕様のサポートとJSON Merge Patchが新たに加わっている。

  • .NET WebAssemblyサポートが実験中

    主要なブラウザにおいてデフォルトでWebAssemblyがリリースされ、.NETコミュニティは引き続き.NET開発者に対してブラウザで実行可能なWebAssemblyにコンパイルする機能を提供する。

  • Visual Studio 2017 Update 5 Previewリリース

    MicrosoftはVisual Studio 2017の開発を素早く回し続けており、その人気のあるIDEの5回目のアップデート、15.5 Previewをリリースした。今回のアップデートには、新しいデバッグ機能とC++、Visual Basic、C#の性能改善が含まれている。

  • LLVMがPDBフォーマットのドキュメント化とYAMLへの変換を実現

    LLVMがPDBファイルを生成可能になり、Windowsのデバッグツールが使用できるようになった。さらにフォーマットがドキュメント化され、分析やYAMLからPDBを生成するツーリングも開発されている。

  • Profile Guided Optimizationが.NET Coreでも利用可能に

    PGO(Profile Guided Optimization, プロファイルに基づく最適化)は、ネイティブコード開発者(例えばVisual C++など)には以前から利用されていたネイティブコンパイルのテクノロジである。Microsoftは今回、このテクノロジを、Windows x86/x64およびLinux x64の.NET Core開発者にも提供する。

  • Elmによって実現した無停止システム

    QCon London 2017において、noredinkのソフトウェアエンジニアで、Manningから“Elm in Action”という自書を著したRitchard Feldman氏が、Elmへの変更を決断したことによって10万コード行のシステムが2015年以来一度も運用障害を起こしていないという、同社の状況に関して解説した。今回の記事では、その要点を簡単にまとめてお届けする。

  • 起動時間削減を目指すPrepack JavaScriptコンパイラ

    Facebookは、グローバルコードブロックをプリコンパイルすることによって初期化コードに要する時間の削減を目指した、コンパイル時JavaScriptインタプリタであるPrepackを公開した。このツールで最も恩恵を受けるのは、起動時間が最大のパフォーマンスボトルネックのひとつとなっている、React Nativeアプリなどのプラットフォームだ。

  • GCC 7.1がリリース、C++17をフルサポート

    GNU Compiler Collecrtionの最新メジャーリリースであるGCC 7.1には、現時点におけるC++17ドラフトの試験的サポート、診断メッセージの改善、新たな最適化機能など、数多くの新機能が提供さていれる - GCCのメンテナであるJakub Jelinek氏はこのように記している。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。