BT

InfoQ ホームページ コンパイラ に関するすべてのコンテンツ

  • JSON for Modern C++ がバージョン3 .1に

    JSON for Modern C++ 3.1では、Universal Binary JSON (UBJSON)仕様のサポートとJSON Merge Patchが新たに加わっている。

  • .NET WebAssemblyサポートが実験中

    主要なブラウザにおいてデフォルトでWebAssemblyがリリースされ、.NETコミュニティは引き続き.NET開発者に対してブラウザで実行可能なWebAssemblyにコンパイルする機能を提供する。

  • Visual Studio 2017 Update 5 Previewリリース

    MicrosoftはVisual Studio 2017の開発を素早く回し続けており、その人気のあるIDEの5回目のアップデート、15.5 Previewをリリースした。今回のアップデートには、新しいデバッグ機能とC++、Visual Basic、C#の性能改善が含まれている。

  • LLVMがPDBフォーマットのドキュメント化とYAMLへの変換を実現

    LLVMがPDBファイルを生成可能になり、Windowsのデバッグツールが使用できるようになった。さらにフォーマットがドキュメント化され、分析やYAMLからPDBを生成するツーリングも開発されている。

  • Profile Guided Optimizationが.NET Coreでも利用可能に

    PGO(Profile Guided Optimization, プロファイルに基づく最適化)は、ネイティブコード開発者(例えばVisual C++など)には以前から利用されていたネイティブコンパイルのテクノロジである。Microsoftは今回、このテクノロジを、Windows x86/x64およびLinux x64の.NET Core開発者にも提供する。

  • Elmによって実現した無停止システム

    QCon London 2017において、noredinkのソフトウェアエンジニアで、Manningから“Elm in Action”という自書を著したRitchard Feldman氏が、Elmへの変更を決断したことによって10万コード行のシステムが2015年以来一度も運用障害を起こしていないという、同社の状況に関して解説した。今回の記事では、その要点を簡単にまとめてお届けする。

  • 起動時間削減を目指すPrepack JavaScriptコンパイラ

    Facebookは、グローバルコードブロックをプリコンパイルすることによって初期化コードに要する時間の削減を目指した、コンパイル時JavaScriptインタプリタであるPrepackを公開した。このツールで最も恩恵を受けるのは、起動時間が最大のパフォーマンスボトルネックのひとつとなっている、React Nativeアプリなどのプラットフォームだ。

  • GCC 7.1がリリース、C++17をフルサポート

    GNU Compiler Collecrtionの最新メジャーリリースであるGCC 7.1には、現時点におけるC++17ドラフトの試験的サポート、診断メッセージの改善、新たな最適化機能など、数多くの新機能が提供さていれる - GCCのメンテナであるJakub Jelinek氏はこのように記している。

  • Facebookの新言語ALは静的プログラム解析を簡単化する

    ALは抽象構文木に関する推論を行うためのシンプルな宣言型言語だ。これを使うことで、Facebook Inferの静的解析を拡張することができる。

  • C++の準備が完了した

    USAのハワイ州コナで開催された冬季の会合において、ISO C++委員会はC++17に関する作業に決着を付けた、とHerb Sutter氏は記した。本記事では主な機能について簡単に要約した。

  • ブラウザベンダがデフォルトでWebAssemblyを有効化

    WebAssemblyに関わるブラウザベンダが初期実装について"合意"に達した。これによってブラウザはデフォルトでWebAssemblyを同梱できる。これは重要なマイルストンだ。しかし、この初期実装によって開発者はすぐに大きな便益を享受できるわけではない。DOMの操作やガベージコレクタが仕様化されていないからだ。

  • Visual Studio 2017が公式リリースされた

    Visual Studioは最初のリリースから20年目を迎え、Visual Studio 2017は正式に入手可能になった。VS2017では、より広範なモバイル/クラウドアプリケーションやDevOps機能のサポートに加えて、主要な開発者エクスペリエンスの改善に重点を置いている。

  • LLVMの新しいリンカLLDがLLVM 4で導入へ

    GCCのldを大幅に性能改善したLDDが、近くLLVM 4 rc1に組み込まれ、デフォルトで使用されるようになる。この新しいリンカは、稼働中のFreeBSD/amd64ベースのシステムではすでに使用されているが、LLVMでの利用はまだ試験段階であり、問題が発生すればrc2では保留される可能性もある。

  • MITが並列プログラムの最適化改善のためにLLVMのIRを拡張

    MITの研究者たちがLLVMのフォークを使用して,fork-join並列処理をコンパイラの中間表現(IR)に直接埋め込む並列コード最適化の新たなアプローチに取り組んでいる。この方法を用いることで,直列的なIRレベルの最適化手法の大部分が並列プログラムでも利用可能になる,というのが彼らの主張だ。

  • Visual StudioなしにWindows上でコンパイルする

    これまでMicrosoftは、Visual Studioをインストールせずにコードをコンパイルする必要のある人たち向けに、2つのビルドツールを提供していた。新しいVisual Studio Build Toolsパッケージはこれらをひとつのツールにまとめている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。