BT

InfoQ ホームページ Composition に関するすべてのコンテンツ

  • 複合イベント処理とEDA

    複合イベント処理(CEP)システムとイベント駆動型アーキテクチャ(EDA)は、現在および将来の高性能システムにおいて重要な役割を果たすものとして認識されており、その役割と適用方法が議論されている。David LuckhamとRoy SchulteがCEPおよび EDAで使用される用語の概要と解説をまとめている。

  • 複合アプリケーションライブラリ入門

    Microsoft patterns & practicesは近ごろ、Composite Application Guidance for WPFを利用可能にした。このガイダンスの主なコンポーネントは、複合アプリケーションライブラリで、複合WPFアプリケーションの作成に便利なライブラリである。

  • Composite Application Guidance for WPF(Prism)がダウンロードで利用可能

    MicrosoftはPrismとしても知られているComposite Application Guidance for WPF-June 2008をリリースした。

  • SCAソリューションの構成およびポリシーおよびバインディングのプレゼンへのアプローチ

    SCAは、もともとはIBMやBEAによって開発された一連の仕様であり、現在はOpen Service Oriented Architectureコラボレーション(OSOA)およびOASIS Open Composite Services Architecture (Open CSA)によって整備されている。その人気は高まりつつあるのだが、SCAの実体やその機能の範囲に関してはまだ十分理解されていない。

  • SunはJava EE スペックにSCA統合を追加するか?

    Javaコミュニティにおいて、SCAやJBIの支援に関する議論を繰り広げられているが、その両者をJava EE 6に正式に統合しようという兆しがある。

  • Tuscany SCA Java 1.2とSDO 1.1がリリース

    先月ApacheTuscanyチームからService Component Architecture(SCA)のバージョン1.2とService Data Objects(SDO)のバージョン1.1がリリースされた。

  • SCAおよびJBI、両者の長所を生かせるか?

    JavaOne 2008において、Jos Dirksen氏およびTijs Rademakers氏がService Component Architecture (SCA)およびJava Business Integration (JBI)フレームワークを使って両者の長所を生かすプレゼンをおこなった。サンプルアプリケーションを使用して、Jos氏およびTijs氏はSCAアプリケーションをJBIコンテナへデプロイする方法を実演した。SCAに関する別のセッションでは、Mike Edwards氏がSCAアーキテクチャーモデルの概要を説明した。

  • Presentation: SOAとコンポーネント技術 --- SCA入門(マルレク2005 第5回より)

    丸山先生レクチャーシリーズのアーカイブを公開します。今回は2005年度の第5回、SOAとコンポーネント技術についてです。

  • Java EEとSCAの関係強化

    Open SOAコラボレーションは、SCA Java EE Integration仕様0.9の草案を公開した。この仕様は、Java EEアプリケーションのコンテキストにおけるSCAとJava EEの統合、サービスコンポーネントインプリメンテーションとしてのJava EEコンポーネントの使用、SCAコントリビューション内における、またはSCAコントリビューションとしてのJava EEアーカイブの配置を定義する。

  • Presentation: SOAとGrid(マルレク2005 第3回より)

    SOAは、Grid技術と深い結びつきがあります。講演では、Gridの標準技術であるGT4の紹介を、ビジネス分野でのJBIやSCAといったSOA技術との比較を交えながら行ないたいと思います。

  • OASISシンポジウム:SOAでの構成可能性

    OASIS���、カリフォルニア州サンタクララにて4月28日から4月30日の3日間「SOAでの構成可能性」というトピックでシンポジウムを開催する。ベンダーやエンドユーザ企業のエンジニアや科学者がマッシュアップ、Service-Oriented Ajax、SCA、BPEL、SDO、BPM、Webサービストランザクション、SOAのデータセキュリティー、SOA Reference Architectureなどのトピックについて討論する予定である。

  • Article: "あなたを後で呼び返していいですか?" サービスコンポーネントアーキテクチャを使用した非同期サービスの構築

    IBMのMike Edwards氏によるこの記事では、サービス指向アーキテクチャを用いたアプリケーション構築における非同期サービスの必要性について論じています。

  • OSGi、SCA、BPEL、Springで管理容易性を強化

    OpenSOAイニシアティブが「Power Combination, SCA, OSGi and Spring」という表題のホワイトペーパーを発表して以来、これら3技術の組合せは話題を呼んできた。インフラの商用実装でさえ存在する。Spring Dynamic ModuleはすでにSpringとOGSiを結合しており、他方、Spring BeanはSCAコンポーネントの実装として使える。最近、TuscanyのJava実装がApacheのOSGiフレームワークFelix上に構築された。

  • Infiniflow:OSGiとSCAをベースにした次世代の分散アプリケーションサーバ

    Paremusは最近Infiniflowのバージョン1.2をリリースした。これはOSGiとSCAをベースにした次世代分散アプリケーションサーバだ。InfoQはParemusのマーケティングマネージャ Andrew Rowney氏にこのリリースについてとInfiniflowの新しいアプリケーションサーバモデルについて話を聞いた。

  • Apache Tuscany Java 1.1リリース:SCA がWeb 2.0と出会う

    先日Java SCAプロジェクト1.1のリリースを発表した。JMSバインディングや改良されたポリシーサポートを含む多くの機能が追加された。また、SCAコンポーネントを実行可能なテクノロジーとして、JSONRPCやAtomバインディングを使用しAjax形式の実装を簡略化するクライアント側のJavascriptアプリケーションを表現する実装拡張機能もサポートしている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。