BT

InfoQ ホームページ データベース に関するすべてのコンテンツ

  • Keystone - Netflixのリアルタイムストリーム処理プラットフォーム

    Netflixは先日、自社の技術ブログで、同社のリアルタイムストリーム処理プラットフォームであるKeystoneについて、その設計思想と洞察を論じた記事を公開した。Keystoneは2015年12月から運用されている。Netflixの加入者数が過去3年間で6,500万件から13,000万件以上へと増えたのに伴って、Keynoteも年を追って成長してきた。本記事ではKeynoteプラットフォームの最新情報を取り上げる。

  • 設計レベルでプライバシを実装するHyperledger Indy

    ソーシャルメディアサイトやコンシューマ向けEメールサービスといった集中型IDプロバイダは、ユーザとって便利なものだ。しかしこのアプローチは、プライバシやセキュリティ上のリスクを発生させる。オープンソースのブロックチェーンプロジェクトであるHyerledger Indyは、このようなリスク解消のために‘プライバシ最優先’アプローチを採用し、現在の集中型IDプロバイダに存在する問題に対処する。

  • Googleが改良版Cloud Source Repositoriesをベータ公開

    Googleは、新たに改良したCloud Source Repositoriesのベータ提供を発表した。改訂されたのは、まったく新しいユーザインターフェースとセマンティックコード検索機能だ。

  • AmazonがAWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表

    Amazonは、オンプレミスアプリケーションとAWSのストレージサービスとのハイブリッドストレージを提供する、AWS Storage Gatewayハードウェアアプライアンスを発表した。このハードウェアアプライアンスを通じてAmazonは、クラウドと同期しながらデータをローカルにキャッシュする、設定済みのソリューションを提供する。

  • GitHubのインシデント分析がサービスの信頼性を改善する方法を示す

    2018年10月21日、GitHubユーザは、日常のメンテナンス作業が原因のインシデントにより、24時間のサービス低下を経験した。古くて一貫性のない情報が表示され、24時間、ウェブフックと他の内部サービスが利用できなくなった。GitHubの事後インシデントレポートは、どこで問題が起きたかを示し、サイト信頼性を改善する解決策を述べている。

  • Redis 5.0は新しい「Streams」データタイプをリリース

    Redisは最近、Redis 4のリリースから15カ月目に、その人気のデータベースのバージョン5を発表した。おそらく、このバージョンの最も重要な機能は、新しいデータ型Streamsのサポートである。ソートセット機能が改善され、Redisモジュールが拡張され、ClustersとTimers APIが導入された。LOLWUTとその他の改善点はこの記事でレビューされている。

  • NoSQL データベースのアジャイルなデータモデリング

    Data Arachitecture Summit 2018 Conference にて Pascal Desmarets 氏が NoSQL データベースのためのアジャイルなモデリングとベストプラクティスについて語った。

  • GoogleのCloud SpannerおよびCloud Bigtableデータベースの新しいアップデート

    ィブデータベースサービスを提供しているが、最近Googleではそのうちの2つを更新した。この更新はCloud SpannerデータベースサービスとCloud Bigtableに影響を与える。Cloud Spannerデータベースサービスは、マネージドリレーショナルデータベース製品である。Cloud Bigtableは、マネージドNoSQLキーバリューとワイド列データベースである。

  • カリフォルニア州が消費者プライバシ法を制定

    カリフォルニア州は、カリフォルニア州消費者プライバシ法(California Consumer Privacy Act of 2018 / CCPA)を、2020年1月1日より施行する。この法律により、企業が収集、保管、売買、共有する消費者情報に対して、消費者にいくつかの権利が与えられる。この種の法律としては、米国内で初めてのものとなる。

  • SpringOneでR2DBCが発表された

    ワシントンDCで開催されたSpringOne Platformにおいて、R2DBCが発表された。これはリアクティブプログラミングの観点からリレーショナルデータベースに対して新たに設計された実験的なAPIだ。ADBA仕様に影響を与えることを最終目標としている。

  • Microsoft が Azure Cosmos DB の機能に関する複数のアップデートを発表

    Microsoftは、彼らがもつグローバル分散で、大規模スケール可能な、マルチモデルデータベースサービスであるAzure Cosmos DBに関する複数のアップデートを発表した。発表には、グローバルスケール可能なマルチマスターのサポート、Cassandra APIの追加、予約容量による価格低下オプションなどが含まれる。

  • Amazon Aurora Serverless MySQLが一般提供に

    AWSのカスタムビルドのMySQLとPostgreSQL互換データベースであるAmazon Auroraの新しい機能が一般提供された。Aurora Serverless MySQLだ。Amazonは昨年のAWS re:Inventで初めてこのサーバレス機能のプレビューを見せていた。

  • Googleが重要なクラウドデータベースサービスを更新

    最近開催されたGoogle Cloud Nextカンファレンスにおいて、Googleが、新しいデータベース機能とパートナーシップを発表した。これには、Cloud Firestoreの拡張されたベータアクセス、Cloud Bigtableの新しい機能、Cloud Spannerの強く要望された機能が含まれる。SAPとOracleワークロードの拡張したサポートに関する発表もあった。

  • MicrosoftがAzure SQL Data SyncのGA(General Availability)を発表

    MicrosoftがAzure SQL Data Syncの一般提供(GA)を開始すると発表した。Azure SQL Databaseと他の任意のSQLエンドポイントとの間で、一方向または両方向のデータ同期を実現するサービスだ。さらに今回のリリースには、コンフィギュレーションに関する新機能、データベーススキーマ更新の高速化、よりセキュアになったデータ同期プロセスなども含まれている。

  • SaaSがGDPRに準拠するには、オンプレミスが望ましいのか?

    EUのGDPRに関して、オンプレミスソリューションへの移行がその要件を満たす最善策だとする人々と、コンプライアンスの実現とホスティングモデルとは別であると主張する人々の間に議論が起きている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。