BT

InfoQ ホームページ データベース に関するすべてのコンテンツ

  • ScyllaDBがNoSQLデータベースのメジャーリリースを発表,コンカレントOLTPとOLAPをサポート

    毎年開催されるScylla Summitカンファレンスにおいて、ScyllaDBが,同社のフラッグシッププロダクトであるScyllaDB Open Sourceのバージョン3.0をリリースした。新機能として,コンカレントOLTPおよびOLAP,マテリアライズドビュー,セカンダリインデックス,Cassandra 3.xファイルフォーマットとの互換性などがある。CEOのDor Laor氏が,今回の最新リリースについてインタビューに応じてくれた。

  • Amazonが分析のためにサステナビリティデータセットを提供

    Amazon Web Services Open Data (AWSOD) とAmazon Sustainability (AS)は、AWS Simple Storage Service (S3)でサステナビリティデータセットを利用できるようにするために協力して、最適な検索のためにデータセットを前処理することで一様に処理する重い処理を取り除く。持続可能なデータセットは一般に衛星、地質学的研究、気象レーダー、農業研究などからのものである。

  • KubeCon 2018 - SQLの復活

    多くのカンファレンスがそうであるように、KubeCon 2018にも多くの分散データベースベンダが参加していた。しかし今年のカンファレンスで特徴的だったのは、InfoQが話を聞いたベンダが揃ってSQLのサポートを強調していたことだ。

  • AWSがMongoDBと互換性のある新しいドキュメント指向データベースを発表

    AWSは、10番目のデータベースサービスをリリースした(リレーショナルデータベースサービスで提供される各エンジンを含めると15番目)。これはAmazon DocumentDBと呼ばれ、スケーラブルで可用性の高いマネージドサービス内に半構造化データを格納する。MongoDB互換のAPIを提供する一方で、DocumentDBはMongoDBソフトウェアを実行していなかった。そのため、何人かの技術ウォッチャーが手書きでコーディングをしていた。

  • AmazonがDynamoDBのトランザクションサポートを発表

    Amazonは、同社のDynamoDBデータベースサービスがTransactionsをサポートし、高度にスケーラブルなアプリ開発のための完全なACID(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)を提供することを発表した。この機能によって、複数項目の更新に対するトランザクションの保証を構築することが可能になり、高度にスケーラブルでビジネスクリティカルなアプリケーションを開発する際の競合やエラーの回避が容易になる。

  • AWS re:Invent 2018での発表を振り返る

    もしあなたが、Amazon Web Services(AWS)はローンチすべきサービスを使い果たしてしまったのではないかと心配していたのなら、今年のre:Inventがそれを安心に変えてくれただろう。先日終了したイベントで、AWSは、さまざまなカテゴリにわたる発表を立て続けに行なった。re:Inventの発表に“テーマ”があることはめったにないのだ。それでも大きな注目を集めたのは、マシンラーニングやデータベース、ハイブリッドクラウド、アカウント管理といったものだった。

  • GuardianにおけるMongoDBからAmazon RDS上のPostgreSQLへの移行

    Guardianは2018年、自身のCMSのデータストアを、セルフマネージドのMongoDBクラスタからフルマネージドのAmazon RDS上のPostgreSQLへ移行した。チームはダウンタイムのないAPIベースの移行を実施した。

  • GoogleがCloud Spannerを更新:クエリイントロスペクション、新しいリージョン、新しい複数リージョン設定

    最近のブログ記事で、GoogleはCloud Spanner(世界中に分散されたNewSQLデータベース)に対するいくつかの機能強化を発表した。顧客の要望に基づいて、Googleはサービスを更新し、クエリイントロスペクションが改善され、利用できるリージョンと、複数リージョン設定が新たに追加された。

  • Instagramはいかにしてステートフルサービスを分割したか

    先日開催されたLarge Installation System Administration (LISA) 2018 Conferenceで、InstagramのプロダクションエンジニアのSherry Xiao氏は、自身のチームが、米国と欧州にまたがるデータセンタ間でInstagramのサービスを分割した方法について説明した。氏らは、Facebookのエンジニアリングチームによる新ツールと修正版ツールを使用することで、同社のステートフルサービス – CassandraとTAO – におけるデータのローカリティを達成した。

  • 業界におけるAI応用について、Christoph Windheuser氏とのQ&A

    ハードウェア能力の増大と膨大なデータにより、パターン認識、自然言語処理、強化学習など既存の機械学習アプローチが実現可能になった。人工知能は開発プロセスに影響を与えており、バージョン管理、CI/CD、テストなどは複雑さを増している。

  • Google CloudがEU内のクラウドデータ移行用にTransfer Applianceベータ版を発表

    Googleは、大容量データをGCP(Google Cloud Platform)に迅速かつ安全に移動可能な大容量サーバであるTransfer Applianceを発表した。EU(欧州連合)内でベータ版として提供される。データの転送はEU内のGCPのTransfer Applianceを使用して処理され、データがEUを離れることはない。

  • Amazon、Managed Streaming for Kafkaのパブリックプレビューを発表

    AmazonはAWS re:Invent 2018で、顧客がApache Kafkaを用いてストリーミングデータ処理を行うアプリケーションを簡単に構築および実行できるようにする新しいフルマネージドサービスを発表した。この新しいサービスはAmazon Managed Streaming for Kafka、略してAmazon MSKと呼ばれ、現在パブリックベータとして提供されている。

  • Netflixの運用データ移行におけるレジエンス構築 - Sangeeta Handa氏のQCon SFでの講演より

    QCon SFで、Sangeeta Handa氏が、多岐のユースケースにわたる運用環境の移行においてレジエンスを確立したNetflixでの経験から得た教訓について講演した。主な教訓は次のとおりだ – マイグレーションにおいても知覚上ないし実際のゼロダウンタイムを目標とすること、信頼構築のため早期のフィードバックループに投資すること、顧客のインタラクションをサービスから切り離す手段を見つけること、独立的なチェックとバランスを構築すること。

  • Tim Berners-Lee氏の分散IDプラットフォーム - Solid

    Solidは、WWWの考案者であるTim Berners-Lee氏の手による、新たな分散IDプラットフォームである。ユーザが自分自身のデータを所有し、よりよく管理するためのメカニズムを提供する。

  • Microsoft、AzureでMongoDB Atlas無料枠の提供を発表

    Microsoftは、Microsoft AzureでMongoDB Atlasの無料枠が使えることを発表した。これはM0という無料枠で、MongoDBの学習やプロトタイピング、初期開発に使える512MBのストレージをユーザーに提供する。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。