BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 設計 に関するすべてのコンテンツ

  • セミナーレポート:「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」

    2011年7月20日豆蔵グループの主催による「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」が開催された。 本セミナーでは、Androidの業務システム事例や車載等への適用事例の紹介や複雑化するアプリケーションに対応するための設計手法などについて発表が行われた。

  • RIA のアーキテクチャーとデザインパターン (リッチクライアント編)

    この記事では、Flex アプリケーションのアーキテクチャー概要を扱います。以下の内容は、Flex アプリケーション構築の際に一般的に起こる、と思われる問題への対応例を紹介することが目的です。Flex アプリケーションを常に同じ形で構築することを推奨するものではありません。 クライアント側とサーバー側を含めたアプリ全体のアーキテクチャーについては別記事 (アプリ全体編) をご覧下さい。

  • Hades - JPAリポジトリが簡単に作れる

    世の中にある、ほとんど全てのアプリケーションは、その仕事をするには、データにアクセスする必要がある。ドメイン駆動設計アプローチでは、ドメインを構成するエンティティ用のリポジトリを定義する。Javaの開発者は、よくJPAを使って、これらのリポジトリを実装する。Hadesは、オープンソースのライブラリでJPAとSpring上に作られており、データアクセス層の実装が著しく改善され、実際に必要なコード量を削減できる。

  • 技術的負債、マネージャの視点

    Developers often talk about Technical Debt saying its slowing your projects down. What are they really saying? What measures can you take to reduce it before it cripples your projects?

  • スクラムアジャイルチームに必要なスキル

    高度に生産的なアジャイルプロジェクトで求められるスキルは伝統的なプロジェクトで必要なスキルとは違う。この記事では優れたチームにするための技術的なスキルや振る舞いを特定する。これらの‘デルタ’特質を獲得した人はだれでも、正しい技術的なスキルや振る舞いを身につけて、アジャイルプロジェクトで効率的に働くことができるだろう。

  • コンテキストマッピングによる戦略的ドメイン駆動設計

    オブジェクト指向モデリングに対する多くのアプローチは、アプリケーションの規模が拡大し、複雑さが増すにつれてスケールしなくなりがちである。「コンテキストマッピング」のテクニックは、巨大なソフトウェア開発プロジェクトにおいて複雑さを管理するのに用いられ得る。この記事では、著者のAlberto Brandolini氏が、「境界つきコンテキスト」が持つ多くの側面に関して議論し、ソフトウェアプロジ��クトにおける重要な意思決定を支える上でどのように「コンテキストマップ」を構築するべきかを示す。

  • 実証済みのアイデアの融合: S#arp Architectureの裏側

    この記事では、Web開発における多数の成熟傾向と、クライアントに価値を提供することに対するそれらのメリット、およびS#arp Architecture(最善の手法と技術を活用しようとするASP.NET MVCをベースとしたフレームワーク)内でのそれらの使用について取り上げます。

  • Spring AOPとAspectJを使用したワークフローオーケストレーション

    本稿では、アスペクト指向プログラミング(AOP)の技術を使用して、高度に設定可能で拡張性があり、さらに軽量な組み込みプロセスフローを構築し、オーケストレートするための方法を説明します。今回のサンプルでは、Spring AOPとAspect Jをベースにしていますが、他のAOPでも同様の結果を得ることができます。

  • RESTfulなアプリケーションを記述する

    新しい記事では、Subbu AllamarajuがRESTfulなAPIを記述する方法を説明します。そして、WADLやWSDLといった範囲外の記述フォーマットの代わりにハイパーメディアの利用にフォーカスします。

  • ドメイン駆動設計・開発の実践

    この記事では、Srini Penchikala氏が、現実的な視点から、ドメイン駆動設計を議論する。この記事は、ドメイン駆動設計プロジェクトで使用されるアーキテクチャガイドラインとベストプラクティスを示します。

  • 要件抽出漏れ低減に貢献―画面プロトタイプを用いた要件抽出技法の紹介

    システム開発の要件定義工程において、すべての要件を抽出することは非常に困難です。ここでは、この要件抽出を補助する手段のひとつとして、画面プロトタイプを用いて要件抽出を行う技法とその有効性を紹介します。

  • .NET コード解析について Patrick Smacchia氏に聞く

    Patrick Smacchia氏は15年余りの間ソフトウェア開発に携わってきた Visual C# の MVP です。彼は現場での経験から着想した .NET プラットフォームに関する書籍である Practical .NET 2 and C# 2 の著者です。

BT