BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ 設計 に関するすべてのコンテンツ

  • ドメイン・フレームワークのススメ(第1回)

    簡単なゲームを題材として、ドメイン・フレームワークの考え方を数回の記事に分けて解説。第1回は題材となるゲームの説明と、概念モデルのイメージを解説。

  • ダブル・ディスパッチ~ 典型的なオブジェクト指向プログラミング・イディオム ~

    オブジェクト指向でのプログラミングでよく用いられる典型的なプログラミング・テクニック(イディオム)のひとつである「ダブル・ディスパッチ」について、具体的な例とUML図を用いて解説。

  • アジャイルにおけるソフトウェアアーキテクチャ図とNoUML

    開発中のソフトウェアアーキテクチャを理解することは,カオスを避け,協調的なコード所有を促進する上で重要なことです。しかしアジリティを競い合う中,特にUMLを捨てて "ボックスとライン" による図に乗り換えたチームの多くが,その実践に苦慮しています。迅速な行動には良好なコミュニケーションが不可欠ですが,これをBDUF(Big Design Up Front)とUMLなしで行うにはどうすればよいのでしょう?

  • デザインパターンの自動化

    コード1行あたりの総所有コストが高いにもかかわらず、定型的なコードの多くは、まだ書かれており、その多くは、よりスマートなコンパイラを使って回避することができる。実際、ほとんどの定型的なコードは、デザインパターンを繰り返し実装することに起因している。しかし、これらのデザインパターンのいくつかは、非常によく理解されており、もし我々がコンパイラにそれを教えることができれば、それらは自動的に実装することがでる。

  • GAE開発の落とし穴

    Googleのクラウド環境をつかったGoogle App Engineによる開発するにあたり、初めての試みで苦悩する開発者達の経験をもとに、各開発フェーズにあわせて問題点やどう解決したかをご紹介します

  • CSPベースのモデル検査ツール「Process Analysis Toolkit」

    本記事ではCSPベースの「マルチドメイン・モデル検査ツール」である、PAT(Process Analysis Toolkit)について紹介する。モデル検査は、形式手法(Formal Method)という方法論を基礎とする技術であり、複雑さが増大しながらも安全性を求められる、現在のソフトウェア開発の状況に対する処方箋の1つとして注目されている手法である。

  • 書籍『抽象によるソフトウェア設計-Alloyではじめる形式手法-』の紹介

    Alloyは、MITにて開発された仕様記述言語であり、ツールによる自動解析を使い、インクリメンタルに形式仕様が書けることが特長である。筆者らはAlloy開発者による、Alloyを使った形式手法入門書を翻訳、今夏にオーム社より刊行した。本記事では、Alloyの簡単な概要と、翻訳書『抽象によるソフトウェア設計』(「Alloy本」)を紹介する。

  • Windows デバイスで開発するタッチユーザーインターフェイス

    スマートフォンを中心としたマルチデバイスにおけるタッチユーザーインターフェイスへの対応は、既に必須の項目となりつつある。また、9月に新しいWindows である Windows 8 が発表され、その環境が” touch first ” となり、圧倒的多数のPCにおいても検討が避けられない状況となっている。本記事では、Windows デバイスにおける UX のベースとなっている「メトロ」というデザイン言語を掘り下げながら、既存環境を意識しつつもどのようにタッチユーザーインターフェイス開発に取り組んでいくべきであるかについて解説していく。

  • SOAの未来はRESTか

    この記事ではBoris Lublinsky氏がSOAとRESTのアーキテクチャ上の違いを説明し、SOAの実装としてのRESTを使う方法を説明します。

  • アジャイルアーキテクチャの相互作用

    アーキテクトがアジャイルとアーキテクチャのプラクティスを1つにまとめて、機敏にビジネスとアーキテクチャの両方を実現しつつ、実際的にこれら2つの優先順位のバランスをとる方法について、James Madison氏が論じています。

  • セミナーレポート:「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」

    2011年7月20日豆蔵グループの主催による「Android技術セミナー 〜今後の適用分野・技術トレンドと開発事例紹介〜 」が開催された。 本セミナーでは、Androidの業務システム事例や車載等への適用事例の紹介や複雑化するアプリケーションに対応するための設計手法などについて発表が行われた。

  • RIA のアーキテクチャーとデザインパターン (リッチクライアント編)

    この記事では、Flex アプリケーションのアーキテクチャー概要を扱います。以下の内容は、Flex アプリケーション構築の際に一般的に起こる、と思われる問題への対応例を紹介することが目的です。Flex アプリケーションを常に同じ形で構築することを推奨するものではありません。 クライアント側とサーバー側を含めたアプリ全体のアーキテクチャーについては別記事 (アプリ全体編) をご覧下さい。

BT