BT

InfoQ ホームページ 設計 に関するすべてのコンテンツ

  • Anime.js 3.0がリリース,新たなアニメーションオプションとドキュメンテーションWebサイトを提供

    Julian Garnier氏は先日,Anime 3.0をリリースした。3回目となる今回のメジャーイテレーションは,新たなアニメーションオプション,ES6モジュールと新ビルドプロセスのサポート,ドキュメントを充実させた新たなショーケースWebサイトなどが特徴だ。

  • アジャイルにおける設計とセキュリティ - QCon London Q&Aより

    セキュリティ分野の専門家による設計書のレビューを行えば,脆弱性スキャンやセキュリティオートメーションでは検出不可能な,潜在的なセキュリティ問題を見つけることができる。このようなレビューでは,アクセストークンの発行や管理,外部サービスへのデータ転送,信頼できないコードの実行といった重要な部分に集中することが必要だ — AppLandの共同創業者でエンタープライズソフトウェアエンジニアのKevin Gilpin氏は,QCon London 2019年でこのように述べた。

  • フレームワークは善か悪か,その両方か?

    フレームワークとライブラリのどちらが望ましいか,という議論が起きている。Axon Fraameworkを開発するAxonIQのエバンジェリストであるFrans van Buul氏は先日、ひとつのブログ記事を執筆した。ライブラリを支持する声が多い中で,Van Buul氏は、ビジネスアプリケーションの開発にはフレームワークの利用が非常に有用だ,という考えを述べている。CQRS、DDD、イベントソーシングを基盤とするアプリケーションには,これが特に当てはまる,というのが氏の意見だ。

  • Netflix Play API: 進化的アーキテクチャの構築

    QCon SFで,Suudhan Rangarajan氏が,"Netflix Play API: Why We Built an Evolutionary Architecture"と題したプレゼンテーションを行った。要点は次のとおりだ — 単一のアイデンティティと責務を持つサービスは更新が容易である。サービスを開発する場合は,実施すべき中核的な決定により多くの時間を費やすこと。"進化的アーキテクチャ"を設計し,適合関数などのツールを用いることが,多くの利益をもたらす。

  • Bruck: クイックインターフェースレイアウトプロトタイピング

    Bruckはウェブデザイナーをターゲットにした、新しい lo-fi プロトタイピングシステムである。これにより顧客に向けたレスポンシブでアクセシブルなレイアウトプロトタイピングを素早く構築できるようになる。デザイナーは25個のWebコンポーネントにより、多岐に渡ってプロトタイプできる。また、構成したレイアウトをオンラインインタラクティブプレイグラウンドでリアルタイムに可視化することができる。

  • O’Reillyが“The State of Microservices Maturity”レポートを公開

    マイクロサービスは一時的な流行からトレンドへと進化しつつある – O’Reillyが公開した"The State of Microservices Maturity"調査の結果である。同レポートからは,実践者の間に,全体としてマイクロサービスに対する前向きな姿勢のあることが見て取れる。最も重要な発見のひとつは,DevOpsとマイクロサービスが相互に作用し合っており,一方の成功が他方の成功に大きく貢献する,ということだ。

  • .NET CoreのPure属性

    Pure属性が.NETのバージョン4に追加された。これは開発者が他のコードからの副作用のないコードを区別するのに役立つCode Contractsイニシアチブの一部である。Code Contractsプロジェクトが終了した後も、Pure属性は.NET Coreで活躍し続けている。

  • インクリメンタルなアーキテクチャアプローチ

    世界中のアプリケーションのほとんどのうち、おそらく90%は、モノリシックなアプローチで動いている。オーバーエンジニアリングを避けるために、私たちはシンプルなアーキテクチャから始めて、必要に応じて進化させなくてはならない、Randy Shoup氏はReactive Summit 2018でこう語った。彼は最近発表したプレゼンテーションで、小さく始まり、やがて大規模でグローバルなインターネット会社に成長した企業での経験について説明した。

  • InfoQが新しいデスクトップデザインをローンチ

    InfoQのデスクトップサイトを幾度と変更してきたが、InfoQが2006年に始まって以来、デザインの大規模な整備はこれで3回目となる。新しいデザインをお試しあれ。

  • 英国政府のディジタルトランスフォーメーションから学んだこと

    英国政府のディジタルトランスフォーメーション(digital transformation)は2つのメリットを実現した — 行政サービスのデザインにユーザニーズが考慮されたことで、市民は必要な情報やサービスをより早く入手できるようになり、サプライヤは、現代的なアジャイル手法で政府に協力することが可能になった。ユーザと直に接することで、プロダクトをより良くするためのチームのモチベーションも向上した。

  • CQRSとイベントソーシングのフレームワークであるAxonの基本概念と今後について

    先日アムステルダムで開催されたEvent-Driven Microservices Conferenceで、Allard Buijze氏は、DDDとイベントソーシング、CQRSに基づくシステムのためのフレームワークであるAxon Frameworkの基本概念と歴史について講演した。Axon Frameworkの採用は急速に伸びており、先日ついに100万ダウンロードを達成している。

  • Michael Feathers氏の提唱する設計指針としてのエラー処理

    Michael Feathers氏はエラーに関心を持っているが、ほとんどの開発者がエラーに多くの時間を割きたいとは思っていないことは理解している。氏はまた、大部分のエラー処理は一種のギブアップに過ぎない、と考えている。レガシコードでの開発作業に関する著書で知られる氏は、Explore DDD 2018で行った基調講演の中で、エラーを排除することが、いかにソフトウェアシステム設計のドライバになり得るかを論じた。

  • なぜ、どのように、いつ読みやすいコードを書くか

    ほとんどの開発者が読みやすいコードを欲している。開発チームは機能性より読みやすさを好ましいと思っているかもしれない。しかし、読みやすさを定義しようとすると、意見が割れる。Explore DDD 2018でLaura Savino氏はなぜ読みやすいコードが良いのか、読みやすさとはどういうことなのか、他の考慮点よりも読みやすさが絶対的に優先度が高い場合はどんな場合か、について話をした。

  • Eric Evans氏はドメイン駆動設計(DDD) は未完成だと述べた

    Explore DDDの基調講演のなかで、Eric Evans氏は「DDDは未完成だ」と述べた。ドメイン駆動設計が上梓されてからの過去15年間において、DDDは立ち止まっておらず、DDDを進化させ続けるために依然としてやることがあるのだ。

  • ビジネスプロセス、長期実行サービス、マイクロサービス

    ここ数年、ドメインイベントに関する議論は増えているが、コマンドについても同じように議論すべきではないか – Martin Schimak氏はDDD eXchange 2018の講演でこのように述べて、マイクロサービスにおけるイベントとコマンド、長期実行(long-running)サービスを取り上げるとともに、プロセスマネージャおよび同類のツールがコアビジネスロジックを運用する上でいかに有効であるかを説明した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。