BT

InfoQ ホームページ 設計ガイドライン に関するすべてのコンテンツ

  • PayPalのAPIスタイルガイドとパターン

    PayPalはRESTful APIを通じて相互に接続できるPaaSを開発した。これらのAPIを開発、利用するためのガイドラインとデザインパターンを作り上げ、他の開発者が自分たちのプロジェクトにインスピレーションを得られるように公開した。

  • NISTの指針は生体認証を使用する場合に第二の認証因子を要求する

    NISTは、"過去のリビジョンからのかなりの更新"と記された、新しいデジタルアイデンティティガイドラインをリリースした。このガイドラインは容認可能な複数要素認証(MFA)の使用方法について記載している。更に、生体認証を因子の1つとして用いる場合、個人が有する何らかの情報と組み合わせなければならず、パスワードのような個人が知る何らかの情報と組み合わせてはならない。

  • リファクタリングとコードの臭い – きれいなコードへの旅

    リファクタリングは、より理解しやすく、メンテナンスしやすい、きれいなコードにするのを助けてくれる。それにはコードの臭いを嗅ぐ経験と実践が必要だ。つまり、コードの中にあるより深い問題を示す悪い設計の兆候を見つけることだ。コードを壊すことなく、小さなステップでリファクタリングを行うことを支援するツールもある。

  • Microsoft REST APIガイドラインはRESTfulではない

    Microsoftが「RESTful」なAPIを作成するためのガイダンスを公開した。Roy Fielding氏は、そのAPIを (RESTとほとんど関係ない) HTTP APIと見なしている。

  • よいコードを書くために,プログラマは何をすればよいのか

    よいコードを書くためには,設計の基本を守り,既存のコードを読むことが必要である – Java ChampionでハイパフォーマンスコンピューティングのスペシャリストであるMartin Thompson氏のことばだ。InfoQは,QCon London 2016で“Engineering You”と題した講演を終えた氏に,ソフトウェア産業が直面する課題は何か,プログラマがそれを克服して優れたソフトウェアエンジニアになるにはどうすればよいのか,などをインタビューした。

  • Androidアプリ開発のためのGoogleのガイダンス

    Googleは“The Secrets to App Success on Google Play”を発表した。これは、Android開発者を教育するためのプレイブックで、ユーザに評価されるアプリ、多くの人にダウンロードされるアプリについて書いている。

  • Google、Google I/Oで「Material Design」を発表

    Googleが「Material Design」を発表した。これはウェアラブル���らスマートフォン、タブレット、デスクトップ、TVに至るまで、多数のデバイスに及ぶユーザインターフェイスのデザイン原則を組み込んだビジュアルランゲージだ。「Material Design」は触覚面における滑らかなモーションを提供しようとしているが、マウスとキーボードベースのデバイスも考慮されている。

  • GoogleによるWeb FundamentalsとWeb Starter Kit

    Googleはクロスプラットフォームのレスポンシブウェブデザインに対応する、多数のガイドラインとボイラープレートコードを発表した。

  • レスポンシブWebサイトデザインのガイドライン

    この記事には、異なる画面サイズとフォームファクターのスケールのWebサイトへのガイドラインが含まれている。

  • C#でSOLIDにする

    Autonomous Solutions Inc.のソフトウェア開発者Brannon B. King氏は2014年5月のMSDN MagazineでC#でSOLIDの原則に反することの危険性と題した記事を公開した。著者は、開発者のミスでC#コードがSOLIDの原則を破ることで、拡張または維持することがより難しくなる概要を説明した。

  • SOAにおける依存性法則

    今年の初めにGanesh Prasad氏はSOAのコンセプトとして”Dependency-Oriented Thinking(依存指向思考)"について論じた。Ganesh氏は実業務のユースケースとのいろんな相互作用に関する経験に基き、SOA成功の12法則を選定した。

  • SOLIDオブジェクト指向ルールのオープン・クローズド原則への批判

    オープン・クローズド原則, OCPは、オブジェクト指向原則SOLIDの一部だが、最近Jon Skeet とRobert Ashton の両氏に批判されている。両氏は、この原則は、効果よりも害のほうが大きいと信じている。2000年初頭にこの原則を発見したRobert C. Martin氏は、しかしこの原則を擁護し、短い定義をではなく、完全な記述を読む必要があると主張している。

  • Microsoftのデザイン原則についてWill Tschumy氏が語る

    //build/でWill Tschumy氏がここ数年でリリースしたさまざまな製品のスクリーンショットを見せながら5つのデザイン原則を紹介した。

  • ソフトウェアアーキテクチャに関する新刊

    ソフトウェアアーキテクチャはソフトウェア技術者にとって重要なトピックのひとつである。ソフトウェア開発プロジェクトの失敗の大部分が不適切な設計を原因とするものだからだ。だからアーキテクチャ上の問題の理論と実際について学ぶのは重要なことだ。最近出版された,あるいは近々出版予定の興味深い新書が大いに役立つだろう。

  • Joshua Kerievsky氏、Craftsmanship議論に「Sufficient Design」を紹介

    近頃、Software Craftsmanship(ソフトウェア職人気質)がホットな話題になっている。しかし、Joshua Kerievsky氏は「コードは常にクリーンでなければならない!」というCraftsmanship精神に対して、「Sufficient Design(十分な設計)」と呼ぶ対抗するような考えを唱えている。Joshua氏が意味しているところを知るとともに、彼の考えについてBob Martin氏とRon Jeffries氏の意見を聞く。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。