BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • Apache Kafkaを使ったQuarkusリアクティブメッセージング入門

    今日のデータの処理/消費方法は、これまでの方法とは異なります。以前は、データはデータベースに保存され、分析のためにバッチ処理されていました。Apache Kafkaは、データストリームをリアルタイムで保存、消費、処理するための分散イベントストアおよびストリーム処理プラットフォームです。この記事では、Apache KafkaとQuarkusを使用してデータを生成と消費する方法を学習します。

  • Dockerのセキュリティは十分ですか?セキュアなコンテナイメージとランタイムを構成するためのアドバイス

    自身のユースケースに合わせてセキュリティアプローチを詳細に調整することで、Dockerの十分な安全性を確保することが可能になります。DockerイメージとDockerランタイムの違いに加えて、それぞれのセキュリティの意味や優先順位について理解しておくことが重要です。今回の記事では、Dockerで適切なセキュリティを実現するためのさまざまなテクニックを紹介します。

  • マイクロサービスに失敗する7つの方法

    昨年11月のQCon Plus、私は、マイクロサービスがうまくいかない理由について講演しました。私はIBMに籍を置くコンサルタントで、ビジネスのクラウドネイティブ化を支援する仕事もしています。取り上げた問題は私の経験に基づくものであると同時に、残念なことに、現場で何度も目にするものでもあります。

  • Java InfoQ トレンドレポート — 2021年12月

    この記事では、InfoQ Java 編集チームとさまざまな Java チャンピオンにより、2021年の Java および JVM 分野のテクノロジーの採用と新たなトレンドを現在どのように見ているかについてまとめます。

  • Java 12から17までのエキサイトな6つの機能!

    Oracle は、Java の新しいバージョンの挑戦的なリリーススケジュールを維持しています。6か月ごとに1つのフィックスされたリリースがあります。頻繁なリリースですが、一部のバージョンだけが長期サポートと見なされます。これは、3年間のプレミアムメンテナンスがあることを意味します。この記事では、Java 11 以降に何が起こっているかに関心がある人のために、Java 12 と 17 の間で言語に追加されたいくつかを確認します。

  • KivaKitフレームワークの紹介

    今回の記事では、オープンソースのJavaマイクロサービスアプリケーションフレームワークであるKivaKitを簡単に紹介します。KivaKitは共同動作するように設計されたミニフレームワークの集合体です。各ミニフレームワークの詳細はhttps://www.kivakit.orgの他、Jonathan Locke氏のブログ"State of the Art"にも記載されています。

  • AIはDevOpsに取って代わるのか?

    AIツールは開発者の役割をゆっくりと - DevOpsがかって行ったように - 置き換えています。そして最終的には、DevOpsに完全に取って代わるでしょう。この予測の正しさを評価するのは難しいのですが、この記事では、AIが開発プロセスにもたらすものは何かを確認した上で、それが人間である開発者の作業を本当に引き継ぐことができるのか、数十年後のDevOpsがどのようなものになっているのかを見ていきます。

  • マイクロサービスの依存関係管理における落とし穴とパターン

    Silvia Esparrachiari氏は、小さな変更がシステムにどのように影響するかについてのストーリーを共有し、変更がシステムにどのように影響するかをよりよく理解するために、システムの広い視野を持つことの重要性について説明している。彼女は3つの異なるシナリオを示している。マイクロサービス環境での依存関係管理に関連したものである。これらはすべて、彼女がGoogleでの業務中に遭遇した体験に基づくものだ。

  • DevOpsとCloudのInfoQトレンドレポート - 2021年7月

    この記事では、2021年の「クラウドコンピューティングとDevOps」領域の概要を説明します。この領域では、基本的なインフラストラクチャと運用パターン、テクノロジーフレームワークでのパターンの実現、ソフトウェアアーキテクトまたはエンジニアが育成する必要のある設計プロセスとスキルに焦点を当てています。

  • 継続的ドキュメンテーション - コード知識共有への新たなアプローチ

    ドキュメントは開発の重要な部分です。しかし、コードが変更されれば、ドキュメントはすぐに陳腐化してしまいます。継続的ドキュメンテーションでは、継続的に検証する、最も必要な時に作成する、コードに結合する、という3つの原則を重視します。

  • 2021年のDevopsとDevsecopsの普及を左右する9つのトレンド

    DevOpsとDevSecOpsの価値を理解することは重要ですが、しかしこれらは、あらゆる規模に適合するような、堅牢かつ不変のパラダイムという訳ではありません。この記事では、DevOpsとDevSecOpsにおける現在進行中の発展について見ていきます - その採用を推進し、影響を与える9つの重要なトレンドを探し出し、そのそれぞれについて、開発や管理に関わる数多くのアプローチとともに説明します。

  • クラウドできめ細かいアクセスマネジメントのためのリファレンスアーキテクチャ

    この記事では、SSHホスト、データベース、データウェアハウスから、メッセージパイプライン、クラウドストレージエンドポイントまで、クラウドリソースの簡素化されたアクセスマネジメントソリューションを探しているクラウドネイティブ企業向けの新しいリファレンスアーキテクチャを定義します。

BT