BT

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • Crossplaneで構築する独自のPaaS - Kubernetes、OAM、コアワークフロー

    InfoQは先頃、Upboundの創業者兼CEOのBasam Tabbara氏と会って、複数のクラウドベンダやオンプレミスインフラストラクチャにまたがるアプリケーションプラットフォームの構築について話すことができました。Crossplaneはオープンソースのクラウドコントロールプレーンで、任意のインフラストラクチャあるいはクラウドサービスをKubernetesから直接管理することができます。

  • ”分かりやすさ” - 追跡されていない最も重要な指標

    ”分かりやすさ(Understandability)”とは、システムはエンジニアが容易に把握できるように表現されるべきである、という概念です。システムの理解が容易であれば、エンジニアが予測性と安全性を持ってシステムを変更することも容易になります。完全性、簡潔性、明快性、組織性という基準に従うことで、システムは”分かりやすい”ものになるのです。

  • APIゲートウェイの過去、現在、そして未来

    エッジは単純なハードウェアロードバランサとして始まり、APIゲートウェイやコンテンツ配信ネットワーク、ロードバランサを構成する、ハードウェアとソフトウェアプロキシのフルスタックへと進化しました。今回の記事では、アプリケーションアーキテクチャとワークフローの進化をもとに、データセンタエッジの進化の軌跡を追ってみたいと思います。

  • 古典的Javaガベージコレクションを理解する

    Javaのガベージコレクションは、25年経った今も大きな関心を集めるトピックです。多くの開発者たちがこの話題について、最も広く使われている実装(Java 8のパラレル)に関してさえ、いまだ困惑しているのが現状です。

  • マルチランタイム・マイクロサービスアーキテクチャ

    ”マイクロサービス”アーキテクチャと”12-factorアプリ”設計に関するベストプラクティスが現れました。クラウド、コンテナ、コンテナオーケストレータ(Kubernetesなど)の普及により、共通的な統合原則に対処する新たなソリューションが現れたのです。この記事では、”メカ”コンポーネントを使用してマイクロサービス用のエンタープライズ統合パターンを提供するアプローチについて論じます。

  • サービスメッシュ必読ガイド - マイクロサービス時代のサービス間通信管理

    このオンラインガイドは、ソフトウェアアーキテクトや技術リーダが当然持つであろう、"サービスメッシュとは何か?"、"サービスメッシュは必要か?"、"さまざまなサービスメッシュのプロダクトをどのように評価すればよいのか?"、といった疑問に答えるためのものです。ソフトウェアアーキテクチャにおけるサービスメッシュは、マイクロサービス間通信の促進を目的とした特別なインフラストラクチャレイヤで、一般的にはサイドカープロキシとして実装されます。

  • 2020年第一四半期のソフトウェアチームとチームワークのトレンドレポート

    Culture & Methods編集部では、テクノロジーの導入曲線の最前線にあるトピックについてレポートします。例えば、対面でもリモートでも、チームやチームワークをより効果的にする方法にいても紹介しています。新しいツールや技法があり、アイディアの一部は以前からあります。また、勢いを得ているアイディアもあります。プロフェッショナリズム、倫理的な振る舞い、社会や環境に対する配慮です。

  • ソフトウェア開発チームのメンタルヘルスを維持する

    ソフトウェア開発チームで働くということは、しばしばストレスや不安、タイトな締め切りに対処することを意味します。研究によると、開発者は、機械的な作業を行う開発者よりも精神衛生上の問題を経験する可能性がかなり高いことがわかっています。開発者のメンタルヘルスを安定させるための知恵を、Beetroot社の人事心理学者が教えてくれました。

  • DevOpsの”Ops”を忘れていませんか?

    DevOpsの先駆者であるKris Buytaerts氏が過去10年間にわたって、企業がDevOps採用のハイプサイクルをくぐり抜け、変革に対する誤解を解消する過程を支援してきた経験について語ります。

  • 夜のよい睡眠に向けたエンジニアガイド

    マイクロサービスの採用の増加は、アーキテクチャとインフラストラクチャが柔軟で短命になるクラウドへの移行によって加速されていますが、私たちが作成、維持するシステムに日々複雑さを加えています。これは、自律的で完全に権限を与えられたチームによる運用モデルと並行して行われるため、各分散システムでは、独自の技術的アプローチ、言語、サービスが複雑に絡み合っています。

  • サーバーレス時代のKubernetesワークロード:アーキテクチャ、プラットフォーム、トレンド

    マイクロサービスアーキテクチャがクラウドネイティブアーキテクチャにどのように進化したかを調べましょう。Kubernetesや、サービスメッシュ、サーバーレスフレームワークで提供される抽象化と組み合わせによって多くのインフラストラクチャの問題が生まれました。さらに、サーバーレスエコシステムは、標準およびオープンパッケージ、ランタイム、イベントフォーマットを探求することで進化しています。

  • パイプライン駆動型組織 - 真の継続的デリバリの実現

    多くの組織は、継続的インテグレーションまたは継続的デリバリを実装しようとしますが、そのプロセスで行き詰まります。パイプラインの間に存在する人間のボトルネックが多すぎるためです。より良い意思決定を行うようにパイプラインを指導し、人間の判断をパイプラインにオフロードすることで、パイプラインに本番までの意思決定を行わせ、真の継続的デリバリメカニズムを作成することができます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。