BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • エンタープライズのためにAWS Lambdaの価格を変更しなければならない理由

    AWS Lambdaユーザは、コードが実行されたときにのみ支払いを行います。これにより、長時間実行されるワークロードに比べて大幅なコスト削減が可能になります。AWS Lambdaをバッチ処理に使用すると、利点はすぐに消え始めます。企業はFaaSのスケーラビリティから大幅に利益を得ることができますが、EC2、Lambda、およびAWSが管理するコンテナサービスであるFargateの価格比較は、醜い真実を明らかにしています。

  • Kubernetesでの分散システムの進化

    3月のQConで、RedHatのプロダクトマネージャであるBilgin Ibryam氏が、Kubernetesを使用した分散システムの進化について講演しました。あなたはそれに対する答えを持っているかもしれません、そしてIbryam氏もそれを持っています。記事の終わりに、あなたは彼の答えがどのようになるかを知るでしょう。

  • Kubernetesはプラットフォームではなく、基盤に過ぎない

    この記事でManuel Pais氏が論じるのは、多くの企業がKubernetesを社内プラットフォームの単なる技術的基盤ではなく、プラットフォームそのものだと見ていることです。Kubernetesの導入に成功するには、プラットフォームはプロダクトであるという考えの下で、プロダクト同様のチーム構造を確立し、開発チームなどの認知的負荷を低減する必要があります。メトリクスは、その道案内の役割を果たしてくれます。

  • 専門家が論ずるKubernetesのトップトレンドと運用上の問題

    Kubernetesの急進展は、文化面、技術面、運用面での課題をもたらしています。InfoQでは今回、何人かのKubernetesの専門家と実装者を招いて、このプラットフォームのトップトレンドや直面する課題について語ってもらいました。

  • Arm CPU対x86 CPU - クラウドでのパフォーマンス分析

    この記事では、筆者がAWSのArm(Graviton2)とx86_64(Intel)それぞれのEC2インスタンスを使用して、DockerやNode.js、WebAssemblyといった、さまざまなソフトウェアランタイムの演算パフォーマンスを評価します。結論として、Armはクラウドにおいて、特に基盤となるオペレーティングシステムに近い軽量なランタイムでは、より費用対効果の高いことが分かりました。

  • 13年目のGo言語 - Steve Francia氏との対話から見えたそのエコシステム、進化、そして未来

    Goは10年以上前、Googleのエンジニアリング部門内でスタートしました。その設計目的は、Googleのシステムを次のレベルで開発可能にすべく、学習の容易なプログラミング言語を提供する、という点にありました。この10年間でGo言語は安定度を増し、現在はWeb上で最も普及したツール(Kubernetes、Terraformなど)の実装に使われるまでになっています。

  • マイクロサービスアーキテクチャを再評価する - 影響、運用面での複雑性、代替案

    Wes Reisz氏が司会を務めるラウンドテーブルが、Leif Beaton氏 (NGINXシニアソフトウェアアーキテクト)、Yan Cul氏 (AWSおよびサーバレスの独立系コンサルタント)、Nicky Wrightson氏(Skyscnannerプリンシパルエンジニア)の出席で開催され、マイクロサービスアプローチ導入に関わるトピックが話し合われました。パネリストたちは自身の体験を語り、マイクロサービスの影響、運用面での複雑性に対処する上での課題、代替案などを議論しました。

  • マイクロサービスを正しい方法で監視する

    現在のシステムは、カーディナリティの高いデータを大量に送出することにより、その監視処理を従来より複雑なものにしています。オープンソースの時系列データベースにおける昨今のイノベーションは、Prometheusなど新たな監視ツールのスケーラビリティ改善を実現しました。これらによるソリューションは、大容量データの処理が可能であると同時に、PrometheusとGrafanaをベースとしたメトリクススクレイピング、クエリ、可視化といった機能を提供してくれます。

  • Kubernetes Operatorの深層

    Kubernetes Operatorは、アプリケーションを簡素化する開発者や、システムの複雑さを軽減するDevOpsエンジニアにとって魅力的な提案になる可能性があります。ここに、Operatorをスクラッチから作成する方法があります。

  • すべてのDevOpsチームにFinOpsリーダが必要なのはなぜか

    優れたFinOpsプラクティスは費用の削減だけでなく、インフラストラクチャやアプリケーションの設計プロセスと統合されることによって、よりよいカスタマエクスペリエンスやもっとスマートなプロダクトデザインにもつながります。 この記事では、PerimeterXのFinOps導入を実例として紹介します。

  • Gatlingを使用した負荷テストAPIとWebサイト: 始めるのに遅すぎることはありません

    APIとWebサイトに対して負荷テストを実施すると、長期間の開発後にパフォーマンスを検証し、アプリから有用なフィードバックを取得して、スケーリング機能とパフォーマンスを向上させることができます。エンジニアは、負荷テストの「伽藍」を作成することを避け、全体的なパフォーマンスを向上させるための時間がほとんどないようにする必要があります。 可能な限り単純なテストを作成し、そこから繰り返します。

  • Java InfoQ トレンド報告 — 2020年9月

    この記事では、InfoQ 編集部が現在、2020年の Java 空間における技術の採用と新たなトレンドをどのように見ているかをまとめている。我々は、Java という言語に加え、Kotlin や Scala、Java 仮想マシン(JVM)、Java ベースのフレームワークやユーティリティなどの関連言語に焦点を当てている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。