BT

InfoQ ホームページ DevOps に関するすべてのコンテンツ

  • マイクロサービスを正しい方法で監視する

    現在のシステムは、カーディナリティの高いデータを大量に送出することにより、その監視処理を従来より複雑なものにしています。オープンソースの時系列データベースにおける昨今のイノベーションは、Prometheusなど新たな監視ツールのスケーラビリティ改善を実現しました。これらによるソリューションは、大容量データの処理が可能であると同時に、PrometheusとGrafanaをベースとしたメトリクススクレイピング、クエリ、可視化といった機能を提供してくれます。

  • Kubernetes Operatorの深層

    Kubernetes Operatorは、アプリケーションを簡素化する開発者や、システムの複雑さを軽減するDevOpsエンジニアにとって魅力的な提案になる可能性があります。ここに、Operatorをスクラッチから作成する方法があります。

  • すべてのDevOpsチームにFinOpsリーダが必要なのはなぜか

    優れたFinOpsプラクティスは費用の削減だけでなく、インフラストラクチャやアプリケーションの設計プロセスと統合されることによって、よりよいカスタマエクスペリエンスやもっとスマートなプロダクトデザインにもつながります。 この記事では、PerimeterXのFinOps導入を実例として紹介します。

  • Gatlingを使用した負荷テストAPIとWebサイト: 始めるのに遅すぎることはありません

    APIとWebサイトに対して負荷テストを実施すると、長期間の開発後にパフォーマンスを検証し、アプリから有用なフィードバックを取得して、スケーリング機能とパフォーマンスを向上させることができます。エンジニアは、負荷テストの「伽藍」を作成することを避け、全体的なパフォーマンスを向上させるための時間がほとんどないようにする必要があります。 可能な限り単純なテストを作成し、そこから繰り返します。

  • Java InfoQ トレンド報告 — 2020年9月

    この記事では、InfoQ 編集部が現在、2020年の Java 空間における技術の採用と新たなトレンドをどのように見ているかをまとめている。我々は、Java という言語に加え、Kotlin や Scala、Java 仮想マシン(JVM)、Java ベースのフレームワークやユーティリティなどの関連言語に焦点を当てている。

  • Project Helidon入門 - Oracleの軽量フレームワークによるマイクロサービス開発

    Oracleは2018年9月、オープンソースのフレームワークProject Helidonを新たに公開しました。元々はJava for Cloudという名称であったHelidonは、マイクロサービスベースのアプリケーションを開発するためのJavaライブラリのコレクションです。公開から6ヶ月内の2019年2月には、Helidon 1.0がリリースされています。現在の安定版リリースはHelidon 1.4.4ですが、Oracleは現在、Helidon 2.0のリリースに向けて順調に開発を進めています。

  • マイクロサービス設計原則: SOLIDではなくIDEALS

    オブジェクト指向設計では、SOLIDの原則に従います。マイクロサービスの設計については、開発者がIDEALSに従うことを提案します。インターフェイス分離、デプロイ容易性(チームの意思による)、イベント駆動、整合性よりも可用性、疎結合、単一責任です。

  • Crossplaneで構築する独自のPaaS - Kubernetes、OAM、コアワークフロー

    InfoQは先頃、Upboundの創業者兼CEOのBasam Tabbara氏と会って、複数のクラウドベンダやオンプレミスインフラストラクチャにまたがるアプリケーションプラットフォームの構築について話すことができました。Crossplaneはオープンソースのクラウドコントロールプレーンで、任意のインフラストラクチャあるいはクラウドサービスをKubernetesから直接管理することができます。

  • ”分かりやすさ” - 追跡されていない最も重要な指標

    ”分かりやすさ(Understandability)”とは、システムはエンジニアが容易に把握できるように表現されるべきである、という概念です。システムの理解が容易であれば、エンジニアが予測性と安全性を持ってシステムを変更することも容易になります。完全性、簡潔性、明快性、組織性という基準に従うことで、システムは”分かりやすい”ものになるのです。

  • APIゲートウェイの過去、現在、そして未来

    エッジは単純なハードウェアロードバランサとして始まり、APIゲートウェイやコンテンツ配信ネットワーク、ロードバランサを構成する、ハードウェアとソフトウェアプロキシのフルスタックへと進化しました。今回の記事では、アプリケーションアーキテクチャとワークフローの進化をもとに、データセンタエッジの進化の軌跡を追ってみたいと思います。

  • 古典的Javaガベージコレクションを理解する

    Javaのガベージコレクションは、25年経った今も大きな関心を集めるトピックです。多くの開発者たちがこの話題について、最も広く使われている実装(Java 8のパラレル)に関してさえ、いまだ困惑しているのが現状です。

  • マルチランタイム・マイクロサービスアーキテクチャ

    ”マイクロサービス”アーキテクチャと”12-factorアプリ”設計に関するベストプラクティスが現れました。クラウド、コンテナ、コンテナオーケストレータ(Kubernetesなど)の普及により、共通的な統合原則に対処する新たなソリューションが現れたのです。この記事では、”メカ”コンポーネントを使用してマイクロサービス用のエンタープライズ統合パターンを提供するアプローチについて論じます。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。