BT

InfoQ ホームページ Failure に関するすべてのコンテンツ

  • Twillioにおけるカオスエンジニアリング

    Twilioチームがカオスエンジニアリングへの進出について説明している。Gremlinを使って自社製のキューシステムの一部に障害を注入し、自動回復のテストを行なう。

  • 継続的デリバリの計測方法

    継続的デリバリを導入する場合、安定性とスループットを計測できる。このふたつのメトリクスは不確実性を減らし、とのようなやり方を拡大したり縮小したりするべきかについてより良い選択肢を提示し、継続的デリバリのプロセスを正しい方向に進めるのに役に立つ。

  • Azure IaaS Disaster Recoveryパブリックプレビュー発表

    先日の発表でMicrosoftは、Azure Site Recovery(ASR)を使用したIaaS(Infrastructure-as-a-Service)ディザスタリカバリのパブリックプレビューに関する詳細をリリースした。ASRサービスを使用することで、ひとつのAzureリージョン内のIaaSワークロードを保護すると同時に、同じ地理クラスタ内の別のAzureリージョンに複製することができる。

  • デッドコードは取り除かなければならない

    デッドコードは、見つけて、取り除く必要がある。デッドコードを残しておくと、プログラマの理解と行動を妨げることがあり、コードが実行されて、重大な問題を引き起こすリスクもある。 デッドコードの削除は、技術的な問題ではない。それは考え方と文化の問題だ。

  • 人為的ミスにより AWS S3 が US-EAST-1 で停止

    手違いによって本来より多くの S3 サーバが停止した。これには2つの重要なサブシステムも含まれていた。S3は不具合を起こし、S3 サービスやこれに依存する他のサービスにも影響は及んだ。復旧にはおよそ4時間が掛かった。

  • インプロビゼーション実行者のコードとQConSF

    即興(インプロビゼーション)ゲームを通じて,Ted DesMaisons氏とLias Rowland氏は,よりよい生活をおくるための3つのハックとして,“失敗を受け入れる,“はい”を言う,コントロールを共有する”,という3つを紹介した。

  • 未来のソフトウェアのための技術

    クラウド、コードによるインフラ構築、APIにより連合されたアーキテクチャとアンチフラジャイルなシステム。Mary Poppendieck氏が主張するところによると、これらは目的に素早く到達するソフトウェアシステムを開発するための技術である、とMary Poppendieck氏は主張した。システムはクラウドに向けて進化を続けており、APIは中央集権のデータベースを置き換え、IoTを可能とする。失敗を受け入れるアンチフラジャイルなシステムを開発する必要がある。

  • 詐欺師症候群への対処

    詐欺師症候群というのは、"詐欺"が露見することを恐れる人々のことを指す。彼らは、自分が本来存在する場所に属しておらず、獲得した成功は賞賛には値せず、他人が考えるほど自分は賢くないと考えている。アジャイルコーチであるGitte Klitgaard氏によると、多くの地位を獲得している人物が詐欺師症候群により苦しんでいる。そのせいで人々は業務を妨げられ、自身の夢を追いかけることをやめてしまう。

  • Spotifyは失敗が得意でありたい

    いつでも実験のできる,失敗の得意な企業でありたい – エンジニアリングディレクタのMarcus Frödin氏は,Spotifyをこのように言う。Spark the Change London 2016で氏は,失敗から学んで成功を生むという概念をプレゼンテーションして,Spotifyが失敗から学んだ実例について紹介した。

  • Richard Rodger氏の講演"Surviving Microservices"より - メッセージ,パターンマッチング,障害

    ベルリンで開催されたmicroXchg 2016カンファレンスでRichard Rodger氏は,“Surviving Microservices”と題したプレゼンテーションを行なった。マイクロサービスアーキテクチャの安定稼働を維持したいと望む開発者を対象とした,実践的なガイドだ。講演で議論されたおもなテーマは,メッセージ思考システムのメリット,サービス間コミュニケーションにおけるパターンマッチング,障害時の対処,Seneca.jsなどだ。

  • マイクロサービスの障害テスト

    障害テスト(Failure Testing)はマイクロサービスの運用上,重要な部分であるべきだ - 先日Microservices Practitioner Summitで行なったプレゼンテーションの中で,Kolton Andrus氏はこのように述べた。サービスが期待した通り動作することの確認は,サービスの停止を防ぐために必ず実施されなくてはならない。

  • CoachRetreats: コーチングスキルを学ぶ

    coachRetreatは"失敗しても安全な"学習プラットフォームであり、参加者は異なるコーチング手法を試すことができる。コーチング手法の使い方をトレーニングしたり、特定の課題を解決するものではない。coachRetreatの参会者は特定の状況下でのコミュニケーションを探索し、コーチングスキルを改善するための異なる視点を学習できるようにする。InfoQはOana Juncu氏、Elad Sofer氏、Yves Hanoulle氏に話を聞いた。

  • 月へ(To the Moon) - 宇宙計画とソフトウェア開発の共通性

    Russ Olsen氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスで“To the Moon”と題した基調講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,期限に間に合わせるためにすべてを同時に実行する方法の問題点,失敗や成功から学ぶということ,ソフトウェア開発において些細なことがいかに命取りになるか,複雑な作業において各詳細に集中して対処するにはどうすればよいか,などを聞いた。

  • アジリティにおける自律性の意義

    自律性(autonomy)はSpotifyの中核的な基本理念のひとつだ。現場に可能な限り近い場所で,社員による意思決定が可能になる。同社のKristian Lindwall氏とCliff Hazell氏がAgile Greece Summit 2015で,自律性がアジリティの中心である理由を説明した。

  • NetflixのChaos Engineeringの原則

    任意のサーバーシャットダウンやプロダクション環境のデータセンター全体のシャットダウンをシミュレーションしてきた経験に基づいて、NetflixがChaos Engineeringの原則を提案した。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。