BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Failure に関するすべてのコンテンツ

  • 詐欺師症候群への対処

    詐欺師症候群というのは、"詐欺"が露見することを恐れる人々のことを指す。彼らは、自分が本来存在する場所に属しておらず、獲得した成功は賞賛には値せず、他人が考えるほど自分は賢くないと考えている。アジャイルコーチであるGitte Klitgaard氏によると、多くの地位を獲得している人物が詐欺師症候群により苦しんでいる。そのせいで人々は業務を妨げられ、自身の夢を追いかけることをやめてしまう。

  • Spotifyは失敗が得意でありたい

    いつでも実験のできる,失敗の得意な企業でありたい – エンジニアリングディレクタのMarcus Frödin氏は,Spotifyをこのように言う。Spark the Change London 2016で氏は,失敗から学んで成功を生むという概念をプレゼンテーションして,Spotifyが失敗から学んだ実例について紹介した。

  • Richard Rodger氏の講演"Surviving Microservices"より - メッセージ,パターンマッチング,障害

    ベルリンで開催されたmicroXchg 2016カンファレンスでRichard Rodger氏は,“Surviving Microservices”と題したプレゼンテーションを行なった。マイクロサービスアーキテクチャの安定稼働を維持したいと望む開発者を対象とした,実践的なガイドだ。講演で議論されたおもなテーマは,メッセージ思考システムのメリット,サービス間コミュニケーションにおけるパターンマッチング,障害時の対処,Seneca.jsなどだ。

  • マイクロサービスの障害テスト

    障害テスト(Failure Testing)はマイクロサービスの運用上,重要な部分であるべきだ - 先日Microservices Practitioner Summitで行なったプレゼンテーションの中で,Kolton Andrus氏はこのように述べた。サービスが期待した通り動作することの確認は,サービスの停止を防ぐために必ず実施されなくてはならない。

  • CoachRetreats: コーチングスキルを学ぶ

    coachRetreatは"失敗しても安全な"学習プラットフォームであり、参加者は異なるコーチング手法を試すことができる。コーチング手法の使い方をトレーニングしたり、特定の課題を解決するものではない。coachRetreatの参会者は特定の状況下でのコミュニケーションを探索し、コーチングスキルを改善するための異なる視点を学習できるようにする。InfoQはOana Juncu氏、Elad Sofer氏、Yves Hanoulle氏に話を聞いた。

  • 月へ(To the Moon) - 宇宙計画とソフトウェア開発の共通性

    Russ Olsen氏がGOTO Berlin 2015カンファレンスで“To the Moon”と題した基調講演を行った。InfoQは氏にインタビューして,期限に間に合わせるためにすべてを同時に実行する方法の問題点,失敗や成功から学ぶということ,ソフトウェア開発において些細なことがいかに命取りになるか,複雑な作業において各詳細に集中して対処するにはどうすればよいか,などを聞いた。

  • アジリティにおける自律性の意義

    自律性(autonomy)はSpotifyの中核的な基本理念のひとつだ。現場に可能な限り近い場所で,社員による意思決定が可能になる。同社のKristian Lindwall氏とCliff Hazell氏がAgile Greece Summit 2015で,自律性がアジリティの中心である理由を説明した。

  • NetflixのChaos Engineeringの原則

    任意のサーバーシャットダウンやプロダクション環境のデータセンター全体のシャットダウンをシミュレーションしてきた経験に基づいて、NetflixがChaos Engineeringの原則を提案した。

  • 変化を起こすためにするべきこと

    最大限心を砕いたとしても、合意したアクションを実行に移すことはとても難しい。実行して失敗するのではないかと恐れてしまうからだ。この問題に気づいている何人かの著者たちが、対処の仕方、変化の起こし方について話をしている。

  • NetflixがSimian Armyに代わる'フェール・アズ・ア・サービス'を構築

    QCon New York 2015で,Kolton Andrus氏は,NetflixのFIT(Failure Injection Testing)プラットフォームについて講演した。Netflixの運用Webサービス上で,特定のユーザグループに対して,任意の障害シナリオを挿入することができる。FITは同社の‘反脆弱(anti-fragile)’文化を支えると同時に,システムの高い耐障害性を実現するための手段でもある。

  • アジャイルでの不確実性と発見的なマインドセット

    InfoQはAndrea Provaglio氏に、実行、最適化、発見のビジネスモデルについて、不確実性を使って、ビジネス価値を産むこと、価値とコストの両方を理解すること、発見のマインドセットを育てること、失敗し、そこから学ぶ勇気を持つ文化を生み出すことについて話を聞いた。

  • 失敗を扱うアンチパターン

    Oliver Hankeln氏が、組織で失敗を扱う場合のアンチパターンを紹介する。アンチパターンには、失敗を隠すこと、お互いに非難し合うこと、非難し続けること、臆病になることがあり、それぞれの対処方法を提案する。

  • フェール・インジェクション・テスト: 実運用環境でのフェールをコントロールする

    NetflixのFIT(Failure Injection Testing)は,テストの影響をコントロールすることによって,アイソレートされたテストと,まったく整理されていないテストとのギャップを埋めるものだ。Netflixの他の実環境テスト用コンポーネントやインフラストラクチャシステムがシステム動作を調整する際に参照するためのコンテキストを設定する。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄を排除するには、ジャストインタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

  • Netflixは218台のCassandraノード再起動にどう対処したのか

    Amazonは9月末,メジャーアップデートメンテナンスを実施した。同社クラウドサーバ群のおよそ10%に影響する,Xenハイパーバイザのセキュリティ上の脆弱性に対するパッチの実施が目的だ。今回のアップデートではそれらのサーバを再起動する必要があったため,結果的に同社の最大顧客であるNetflixを含むAWSユーザ,およびその提供するサービスに影響が及んだ。

BT