BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ フォールトトレランス に関するすべてのコンテンツ

  • MicroProfile4.0の新機能

    新たに設立されたMicroProfile Working Groupの手により、待望久しいMicroProfile 4.0のリリースがJavaコミュニティに届けられた。Jakarta EE 8との整合性がフューチャーされた他、12のAPIすべてがアップデートされているが、スタンドアロンAPIについては変更されていない。MicroProfile 4.0では、Config、Fault、Tolerance、Health、Metrics、OpenAPIという5つのAPIに、非互換的な変更が行われている。

  • AWSがカオスエンジニアリング・アズ・ア・サービスの提供を発表

    AWSは、カオスエンジニアリング・アズ・ア・サービスの次のリリースを発表した。フォールトインジェクションサービス(FIS)は、多数のAWSサービスにわたってフルマネージドのカオス実験を提供する。このサービスには、一般的な実世界のイベントを模倣した中断を生成するビルド済みのテンプレートが含まれている。APIを介してCIパイプラインに統合できる。

  • MicroProfile 3.3の新機能

    Eclipse Foundation は MicroProfile 3.3 をリリースし、5 つの API (Rest Client, Config, Fault Tolerance, Metrics, Health) を更新した。その他の改善点としては、仕様とドキュメントの明確化と強化、すべての MicroProfile API 間の統合の改善、異なる MicroProfile 実装間の相互運用性、各 API のための完全な成果物セットなどがある。

  • 構成可能なレジリエンスポリシを備えたFailsafe 2.0がリリース

    障害処理を目的とした依存度ゼロのJavaライブラリであるFailsafeが、バージョン2.0をリリースした。レジリエンスポリシ構造に加えて、独自のポリシサービスプロバイダが可能なプラグインアーキテクチャをサポートする。

  • マイクロサービスの人間的側面

    マクロサービスアーキテクチャは、純粋に技術的なソリューションではなく、チームのコミュニケーションにとってのゲームチェンジャーだ。チーム間に安定した直接的なコミュニケーションチャンネルがない場合、彼らが作るソフトウェアはひどいものになるだろう。マイクロサービス実装を成功させるのに不可欠な5つの重要な特性は、ゼロコンフィグレーション、オートディスカバリ、高い冗長性、自己修復、フォールトトレランスだ。

  • レジリエントなアーキテクチャを実現する方法

    スケールするシステムを管理するには限界ぎりぎりまでシステムを追い込んでも、回復できるようにする必要がある。そして、障害を受け止めることも必要だ。Adrian Hornsby氏はふたつのブログ記事で、自身の10年以上にわたる大規模システム運用の経験と発見したパターンを共有している。

  • LinkedInのカオスエンジニアリング - "LinkedOut"障害注入テストフレームワーク

    LinkedIn Engineeringチームが先日、自らの“LinkedOut”障害注入テストフレームワークについて説明した。サービスのレジリエンスに関する仮説を構築し、LinkedInのA/BテストフレームワークであるLiXや、Invocation Context(CI)フレームワークを使用したコールスタックを通じて渡されるクッキー内のデータを介して、 障害トリガを注入することができる。障害シナリオにはエラー、遅延、タイムアウトなどがある。

  • IstioとKubernetesを使ったマイクロサービスの回復力と耐障害性

    IBMのAnimesh Singh氏とTommy Li氏は最近のKubeCon + CloudNativeCon North America 2017 Conferenceで、Istioフレームワークを活用したマイクロサービスの回復力と耐障害性について語った。また、Istioを使用してサーキットブレーカやその他の回復機能を設定および使用する方法も示しました。

  • Twillioにおけるカオスエンジニアリング

    Twilioチームがカオスエンジニアリングへの進出について説明している。Gremlinを使って自社製のキューシステムの一部に障害を注入し、自動回復のテストを行なう。

  • Expediaにおけるサイトのレジリエンス向上への取り組みとカオステストの導入 - QCon SFでの講演より

    QCon SFにおいて、Sahar Samiei、Willie Wheeler両氏が“Expedia's Journey Toward Site Resiliency”と題したプレゼンテーションを行い、Expediaでのレジリエンステストに関するプラクティスのコミュニティ構築について論じた。結果は概ね望ましいものだった – 運用システムでは5月15日以降、NetflixのChaos Monkeyが毎日実行されるようになり、4つのTier 1サービスパイプラインにレジリエンステストが追加された。

  • MicroProfile 1.2の最新情報

    EclipseファウンデーションはMicroProfileのバージョン1.2をリリースした。このリリースでマイクロサービス間のコミュニケーション改善、システム障害への返答、JSON Web Toolkit (JWT)といった新しいAPIを追加した。IBM所属でCDIとMicroProfileの開発リードであるEmily Jiang氏と、Payara所属でJavaミドルウェアのコンサルタントであるMichael Croft氏は、InfoQにこの最新リリースについて語った。

  • マイクロサービスのための機能サービス設計の再考:Uwe Friedrichsen氏がmicroXchgにて

    microXchgマイクロサービス会議のオープニングトークでは、Uwe Friedrichsenが "Resilient Functional Service Design"について講演した。主な重要事項は次の通りである。マイクロサービス開発者は、フォールトトレラントなデザインパターンとキャッシングについて学んだほうがよい。ドメイン駆動設計(DDD)とモジュール性を理解することは不可欠である。コンポーネントについて再利用でなく交換可能であることを目指す。

  • GoogleがGit Ketchをキックオフ - フォールトトレラントなGit管理システムの実現へ

    開発が始まったばかりではあるが,GoogleがGit Ketchの最初のコミットを発表した。レジリエンスとスケーラビリティを目的として複数のGitサーバに情報を複製する,マルチマスタのGit管理システムである。JavaベースのGitサーバであるJGitをベースとして変更を加えているが,それ以外のGitサーバでもマルチマスタのクラスタに参加することができる。

  • 監視を提供するAWS Trusted Advisor

    AWSは近頃、AWS Trusted AdvisorをAWS Management Consoleへ統合し、無料で4つのセキュリティとサービスリミットのチェックをできるようにした。セキュリティ、性能、耐障害性、コスト最適化の追加のチェックは、ビジネス&エンタープライズサポートの範囲内だ。

  • NetflixのAPI最適化

    NetflixのAPI最適化の物語は興味深い。彼らはAPIを汎用的なひとつで全部のサイズに対応する静的なAPIから動的な設計に変更した。クライアントチームの力を借りて、カスタムのサービスエンドポイントを定義し配置したのだ。InfoQはBen Christensen氏に話を聞いた。

BT