BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ フォールトトレランス に関するすべてのコンテンツ

  • 10gen: MongoDBのフォールトトレラントの正当性を主張

    コーネル大学の教授が,MongoDBのフォールトトレランスシステムに "設計上の欠陥がある" と主張している。10genでは,同社のテクニカルディレクタがこれに対して反論する。

  • Netflix Hystrix - 複雑な分散システムへのレイテンシとフォールトトレランス

    Netflixは、待ち時間や障害を許容して、リモートシステム、サービス、サードパーティライブラリへのアクセスポイントを制御するために設計されたライブラリであるHystrixをリリースした。 Hystrixは、スレッドやセマフォを分離して、フォールバックとサーキットブレーカー、リクエストキャッシュとリクエスト収縮、モニタリングと構成と言った機能を提供する。

  • Windowsの新ファイルシステム: ReFS

    1993年以来初めて、Microsoftは新ファイルシステムのアーキテクチャを発表した。Resilient File System (ReFS)と呼ばれるこのファイルシステムは、信頼性を向上させ、NTFSが提供する時代遅れの機能を削除するように設計されている。

  • Future、性能、依存性の低減など多くの改善がされたAkka 1.1リリース

    性能やFuture機能に多くの改善が行われたAkka 1.1がリリースされた。Akkaの基本機能はScala 2.以外には依存していない。InfoQはAkkaの現在とこれからについてJonas Bonér氏に話を聞いた。

  • ScalaとAkkaの作者ら、マルチコアおよびクラウドアーキテクチャのための会社Typesafeを立ち上げ

    プログラミング言語Scalaの作者Martin Odersky氏とAkkaの作者Jonas Bonér氏は、Typesafeを立ち上げた。Greylock Partnersが率いるシリーズAファイナンスで300万ドルを調達し、Typesafeはマルチコアおよびクラウドアーキテクチャの企業向け開発の商用サポートを提供する。

  • Blackboard による Ruby でのタプルスペース永続性の調査

    Ruby 1.8 のグリーンスレッドは,以前からその性能が批判されている。Luc Castera氏は RubyNation コンファレンスでRuby とタプルスペースによる並列プログラミングの発表を行い,Ruby でのタプルスペース実装方式として,Rinda と Redisを用いたBlackboard(とErlangへの移植計画)の2つを紹介した。

  • RESTとトランザクション?

    分散トランザクションとRESTでのその位置づけに関する話題は、昨今たびたび取り上げられている。多くの人は、この組合わせを使���うと考えているか、もう既に使っていると述べている。一方、Fielding氏を含む人々は、この2つの組合わせは単純には組み合わさらないと信じている。

  • WCFとUsingブロックの問題

    WCF クライアントはUsingブロック内で使うことはできない、なぜなら予期しない例外が投げられる可能性があるからだ。たとえ例外をキャッチしたとしても、接続が開きっぱなしになることもある。この問題に関するこれまでの経緯と提案されているいくつかの回避策をこれから見ていく。

  • Aster In-Database MapReduce

    アスター・データ・システム社はこのほど、同社のnClusterデータベースの構成要素であるAster In-Database MapReduceを発表した。

  • アジャイルなクラウドコンピューティング?

    HPや現在のRed Hat/JBossによるトランザクション技術を元々手がけたArjuna Technologiesが、フォルトトレラントなグリッドインフラストラクチャに取り組んでいると昨年報告した。それから1年弱の時を経てArjunaは先頃、「Arjuna Agility Federated Cloud Platform」という、より具体的なもののリリースを発表した。

BT