BT

InfoQ ホームページ Google V8 に関するすべてのコンテンツ

  • Cloudflareが公式CLIを採用、サードレベルのカスタムドメイン名を発表、無償ティアを導入

    公式CLIとしてWranglerの採用、独自ドメインを必要としないデプロイ機能の提供、無償ティアの提供というCloudflareの一連の発表により、Cloudflareのインフラストラクチャへのデプロイが誰でも可能になる。

  • Google、V8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3をリリース

    GoogleのV8 JavaScriptエンジンのバージョン7.2と7.3には、JavaScriptパース性能の向上、新しいJavaScript言語機能のサポート、WebAssemblyパフォーマンス改善が含まれている。

  • JavaScript V8エンジンの非同期パフォーマンスが向上

    V8 JavaScriptチームは、非同期機能とPromiseを最適化するための改善を発表した。チームはまた、非同期コードのデバッグエクスペリエンス、つまりJavaScript開発者にとって共通の問題点を改善した。

  • Electron 3がリリースされ安定性が向上した

    Electronチームは先日、Electronバージョン3のリリースを発表した。このリリースには、大量のファイルの読み込み、アプリケーション管理用APIの改善、ロギングとパフォーマンス計測機能を含む、大量の拡張と改善が含まれている。

  • Node.js 8.0リリース、新LTSバージョンは年内に

    Node.js 8.0がリリースされた。2017年終盤か2018年の長期間サポート(LTS)の準備をしている。新バージョンはまた多くの新機能を含んでいる。年内に8.X LTSがリリースされると、async/awaitを含む初めてのLTSリリースとなる。

  • Google、Octane JavaScriptベンチマークから手を引く

    GoogleがOctane JavaScriptベンチマークツールから手を引いた。その理由として、マイクロベンチマークの過度の最適化により、現実世界のパフォーマンスを損なうことを挙げている。他のブラウザベンダーも、ベンチマーク自体にはそれほど価値がないことを認めている。今後のパフォーマンス改善は、ユーザーが実際に体験していることにフォーカスが当てられるだろう。

  • Node 7.6、async/awaitをデフォルトでサポート

    Node.js 7.6がリリースされた。async/awaitサポートがデフォルトで有効になり、低メモリデバイスにおけるパフォーマンスが改善されている。

  • NodeJS v7、V8を5.4にアップグレード

    Node.js FoundationがNode.js v7をリリースした。これにはV8 5.4が含まれる。

  • V8の新たなJavaScriptインタプリタがメモリ使用量を改善する

    Googleは新たなJavaScriptインタープリターである"Ignition"が、メモリに制限のあるAndroidデバイス向けのChrome 53で公開される予定であることを発表した。Chrome 53は512MB以下のRAMを持つAndroidにおいてIgnitionを利用する。

  • WebKit, V8, EdgeのJavaScript実装が向上

    WebKit, V8, そしてMicrosoft Egdeがそれぞれ,ES2015(ES6)の完全サポートに近づき,それを越えようとしている。WebKitはブラウザエンジンとして初めて,Kangax Comatibility Tableの100%を達成した。V8とEdgeもそれぞれ,自らの実装に新たな機能を加えている。

  • V8 5.1、ECMAScript準拠の改善とWASMをサポート

    GoogleがJavaScriptエンジン V8のバージョン5.1を発表した。ECMAScript 2017ドラフト仕様への準拠を改善し、ネイティブに近い実行速度を狙った低レベルなポータブルなバイトコード、WASMの暫定サポートを追加する。

  • Microsoft EdgeのJavaScriptエンジンChakraCoreを公開した

    MicrosoftのJavaScriptエンジンコアコンポーネントは来月、オープンソース化されるとMicrosoftはJSConf USで発表した。ChakraCoreは、本格的な、自己完結型のJavaScript仮想マシンを提供し、Microsoftによると、Microsoft Edgeへの依存関係なしにJavaScriptを解析、解釈、コンパイル、そして実行するために必要なものがすべて含まれているという。

  • Node.js v4.0リリース

    Node.js v4.0がリリースされた。これはNode.jsとio.jsのコードベースが統合された最初のリリースだ。新しいNode.jsでは、多数の新しいES6機能がデフォルトで有効になり、V8 v4.5など多数の新機能が含まれている。

  • io.jsリリース2.0とNode Foundationへの参加について

    io.jsチームがバージョン2.0をリリースした。これにはアップグレードされたV8 JavaScriptエンジンが含まれている。このアップグレードによって、classがstagingから移されて、フラグなしでstrict modeでclassキーワードが使えるようになった。また、拡張オブジェクトリテラルがstagingから移され、簡便なメソッドおよびプロパティ構文が使えるよう���なり、--harmony-rest-parametersフラグを付けることでstagingでrestパラメータが有効になった。

  • io.jsの1.0.xリリース

    io.jsのバージョン1.0がリリースされた – ただし,このプラットフォームが“実用レベル”に達した,という意味ではない。Node.js.を追い越しながらも,そのFAQには次のように明記されている。“リリースを1.0.xとしたのは,実用レベルと見なされるべき,という意味ではありません。Node.jsよりも上のメジャーバージョンを保証するのに十分な,重要なバージョンであったからなのです。”

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。