BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ガバナンス に関するすべてのコンテンツ

  • 自己組織化されたアジャイルチームを確立する

    アジャイルでは、チームが自己組織化されることが推奨される。では、自己組織化とは何なのか、チームが自己組織化できるようになるために企業は何ができるだろうか。

  • 組織の"液体化"によるアジリティ向上

    組織のアジリティを向上して,高い適応性と応答性を備えるための方法が求められている。その新たな波として,組織を管理し,透明性と自己組織化をサポートするための現代的な手法が注目を集めている。LiquidOは,組織の行動や判断を体系化し,組織のメンバを信頼することによって,全メンバがマネジメント活動の一部を担うことを可能にするという,組織的なガバナンスモデルである。

  • 実践のための透明性と自己統制型管理の展開

    Lean Kanban France 2014カンファレンスでBjarte Bogsnes氏は,"脱予算(Beyond Budgeting)"をテーマとした基調講演を行った。プレゼンテーションの中で氏は,従来の管理方法の問題点,透明性と自己統制型管理による問題解決,予算編成より優先すべき原則とプラクティスについて語った。

  • 方針管理を用いたアジャイルのスケーリング

    企業がアジャイルのスケーリングを図るとき,戦略定義や方向性の管理,体制維持のためにアジャイル的な手法を求める場合がある。展開と組織構造の維持が今日の課題だ,とPierre Neis氏は指摘する。氏はLean Kanban France 2014カンファレンスで,世界的規模の企業がアジャイルに移行する上で,方針管理(Hoshin Kanri)の導入が果たした役割について講演を行った。

  • アーキテクチャでアジャイルを管理する

    アムステルダムで行われたAgile GovernanceカンファレンスでJan van Santbrink氏は,アジャイルの考え方と共存する上で,アーキテクチャがガバナンスにおいて担うべき重要な役割についてプレゼンテーションを行った。アジャイルとアーキテクチャが連携しなければならない理由は何か,アジャイルの意思決定に対してアーキテクチャはどのような支援を行い得るのか,アーキテクチャを実践する開発のメリットは何か。InfoQは氏にインタビューして,これらを確かめることにした。

  • 企業におけるアジャイルとリーンを活用したサービス管理

    アジャイルソフトウェア開発やスクラムは企業が本当にアジャイルの約束を果たすために十分なものではない、とDave van Herpen氏は言う。彼が提案するのは、企業全体を通じたコラボレーションを改善するために、ITサービス管理がアジャイルやリーンのプラクティスをDevOpsとあわせて適用する、ということだ。

  • アジャイルのガバナンスにおけるマネジメントの役割

    複数のアジャイルチームを管理するにはどうすればいいだろうか。アムステルダムで開催されたAgile GovernanceカンファレンスでChristoph Johann Stettina氏がアジャイルのガバナンスとマネジメントの役割について発表した。

  • アジャイルプロジェクトのためのガバナンス

    アムステルダムで5月13日に行われるアジャイルガバナンスカンファレンスにおいて、Andrew Craddock氏は程よく管理されたアジャイルプロジェクトについての講演を行う。InfoQは、アジャイルガバナンスとは何か、またアジャイル開発プロセスにガバナンスプラクティスを組み込むことがなぜ必要とされるのかについて彼にインタビューを行った。

  • アジャイルガバナンスの人的要因

    Anko Tijman氏が言うには、信頼とは関係への投資に関する意思決定だ。アジャイルのガバナンスは信頼の上に成立しなければならない。アムステムダムで開催されたAgile Governanceカンファレンスで、Anko Tijman氏はbeing in control through people factorsと題したプレゼンを行った。

  • モダナイゼーションは避けがたい道

    ほとんどの大企業が,アーキテクチャやガバナンスを選択を伴わないシステム拡張を容認している。その結果として生み出されるのは,複雑性とリスク,変更コストの著しい増加と "毛糸玉" のようなシステムインターフェースだ。David Sprott氏は,システムのモダナイゼーションはビジネスマネジメントとITの間のコラボレーションであるべきだ,と説明する。

  • アジャイルな企業でフィードバックを使って業績を評価する方法

    企業がアジャイルを導入するとき、業績評価の方法を変えるべきかどうかが論点になる場合ある。業績評価と報賞のプロセスは個々人の成果を元にトップダウンで行われることが多く、チームとしての貢献や協力は査定されない。何人かの著者がフィードバックを次に活かしたり、既存の評価制度を改めることで個人やチームの成果を向上させる方法について話している。

  • 8回目のState of Agile Development Surveyがオープン

    Agile 2013カンファレンスで8回目の年次のState of Agile Development Surveyが発表された。昨年の調査結果はアジャイルの導入について知見が得られた。あなたも調査に参加できる。参加すれば、調査結果を公開前に見られる。

  • SOAにおける依存性法則

    今年の初めにGanesh Prasad氏はSOAのコンセプトとして”Dependency-Oriented Thinking(依存指向思考)"について論じた。Ganesh氏は実業務のユースケースとのいろんな相互作用に関する経験に基き、SOA成功の12法則を選定した。

  • WSO2 App Factory - クラウド対応DevOpsプラットフォーム

    WSO2はApp Factoryを発表した。アプリケーション開発と管理のための統合ツールセットを備え,PaaSにも対応した,企業向けのDevOpsプラットフォームだ。開発したアプリケーションをクラウドで実行するのに必要なランタイムも合わせて提供する。

  • APIコミュニティでの議論 - ガバナンス対イノベーション

    ガバナンスの問題がまたもや現れた。今回はAPIコミュニティにおいて,中でもイノベーションを主眼とする組織との関係について疑問を投げかけている。先日のAPI Strategy and Practiceカンファレンスで大きな話題となり,その後もネット上での議論が続いている。

BT