BT

InfoQ ホームページ JSF に関するすべてのコンテンツ

  • Java EEのためのMVC 1.0JSR

    Oracleは先頃,MVC 1.0 JSRを発表した。このJSR 371は,今年3月にInfoQでも取り上げたJava EE 8サーベイの結果を踏まえたものだ。調査対象者の61%が,JSFに加えて,アクションベースのMVCフレームワークのサポートを提供する,というそのアイデアを支持した。同じ処理を行うフレームワークはすでに存在する,と答えたのはわずか26%で,その内の42%がSpring MVCの名前を挙げている。

  • PrimeFaces 5 リリース - モバイルサポート刷新,プッシュサポートを大幅に改善

    PrimeTekの最新リリースであるPrimeFace 5.0には,新しいグラフAPIとコンポーネント,例外ハンドラが追加されている。さらに,モバイルサポートは新たに書き直され,プッシュ機能が改良された。PF5と略称される今回のリリースは,JavaServer Faces 2.0以降に対応する。 PrimeFace Mobile (PFM) はスクラッチから書き直され,コアディストリビューションに含まれるようになった。新しいPFMはjQuery Mobileをベースとしている。

  • Java EE 7が式言語の拡張を提供

    Java EE 7の数多い機能拡張の中に、Expression Language 3として知られるJava Expression Language APIのオーバーホールがある。JSR-341で仕様化された、EL APIの多くの機能拡張には、ラムダ式、静的フィールドとメソッドのアクセス、そしてコレクション処理とスタンドアローンプロセスモードの改善が含まれている。

  • JSF 2.2 and HTML5

    JSF 2.2はマイナーリリースに過ぎないが,JSFコンポーネントの介在を必要としないパススルー(pass through)HTML属性など,JSFアプリケーションでのHTML5テクノロジ利用を望む開発者にとって特に重要な機能がアップデートされている。

  • 統合コンポーネントとしてGWTを加えた Vaadin 7 が登場

    VaadinがJavaベースWebアプリケーションフレームワークのバージョン7をリリースした。このVaadin 7プラットフォームは,同社としては2009年以来のメジャーアップデートになる。

  • コミュニティ指向リサーチ - JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20

    InfoQ リサーチ・イニシアティブでは,10番目の質問 ”JVM で稼働する Web フレームワーク Top 20" の回答を引き続き募集中である。我々はみなさんに,企業のソフトウェア開発に影響を与える傾向と動向について,最新かつ偏見のないコミュニティベースの考察を提供したいと願っている。これは新たなサービスのひとつである。既存ベンダやアナリストが行うリサーチと違うのは,我々のリサーチが読者である「あなた」の回答に基づいていることだ。

  • JBoss Developer Framework: JBoss テクノロジのためのドキュメントハブ

    JBoss Developer Framework は JBoss 関連のテクノロジのための集中型ドキュメントリソースである。ソフトウェアスタック全体のすべてのレイヤ (例えばユーザインターフェースと永続化レイヤ) をどのように使用するか,ひとつの場所で開発者に示すことがその重点だ。フレームワークには Maven のクイックスタート,チュートリアル,マイグレーション資料,その他 JBoss Application Server 用の Web 開発の関連するリソースが含まれている。

  • PrimeFaces for ASP.NET の発表に対してモバイルコミュニティから強い反発

    Prime Technology が PrimeFaces Mobile の新バージョン計画の明確化に向けて動き出した。これは .NET 環境用の PrimeFaces アプリケーションを開発するという同社の発表に対するモバイルコミュニティのメンバからの強い反発を受けてのものだ。同社をめぐる論争は今に始まったものではなく,今年初めに InfoQ が記事にしたように,自身の PrimeFace コードからフォークした競合会社である Icesoft Technologies への反対議論にも巻き込まれている。

  • OmniFaces - Java Server Faces ユーティリティライブラリ

    OmniFaces はエンタープライズアプリケーションの JSF 開発を容易する目的を持ったユーティリティライブラリである。コンポーネントグループのバリデーション機能,HTML5 レンダキット,Ajax 完全対応の例外処理など,JSF に関する共通的な問題へのソリューションを提供する。ICEFaces や PrimeFacse,RichFaces など,既存の JSF 実装を補完するライブラリだ。

  • IceFaces AceがPrimeFacesからフォーク、PrimeFacesは不快感を表明

    PrimeFacesプロジェクトはIceSoftがPrimeFacesのコードを"一行一行"コピーして新しいIceFaces Aceコンポーネントを作っていると主張している。法的な問題には発展しないが、PrimeFacesチームはショックで幻滅している。PrimeFacesチームによればIceSoftのAceコンポーネントは"90%が"PrimeFacesのコピーだ。InfoQは双方から話を聞いた。競合相手のApacheライセンスのプロジェクトをフォークするのは許されるのだろうか。

  • PrimeFaces 3.0 リリース - Ajax,モバイル,IE9 対応 JSF2 コンポーネントを提供

    PrimeFaces 3.0 がリリースされた。Ajax 対応の JSF2 コンポーネントによる広範なスイートを,iPhone/Android デバイス用と Internet Explorer 9 サポートそれぞれのバージョンで提供する。

  • JSF 2.xについてEd Burns氏が語る

    InfoQはJSFの仕様策定者であるEd Burns氏に話を聞く機会を得た。氏はAjaxやHTML5を考慮したJSFはどのようなものになるのか、JSF 2.0、2.1はどのようなものになったか、2.2はどうなるのかについて話してくれた。また、JSPをFaceletととして処理した後にJSPとして返す仕組みや、JSF 2.2のマルチテナント機能、JSFはどのようにHTML 5をサポートするか、JSFの導入やJSFを使っている高トラフィックサイトなど、話題は多岐に渡った。

  • OrcleがJDeveloperをOSGiベースに再構築し、JSF2のサポートやHudson統合を追加

    Oracleは今日、JDeveloper 11g Release 2をメタMVCフレームワークであるOracle ADF (Application Development Framework)のアップデートと一緒にリリースした。このリリースにはJSF 2.0 and Faceletのサポートを含み、Oracleは継続的統合サーバーであるHudsonをOracle TPC統合した。ADFのホットデプロイも改善した。同時にJDeveloperをOSGiバックボーン上に再構築した。

  • OracleのJava EE 7計画にプラットフォームへのクラウドとHTML5サポートを追加

    Oracleは、先週Java EE 7用の包括的なJSRを提出した。仕様書は、初期レビューによる投票段階はパスした。JSRが重点を置いているのは、新規のweb技術、クラウド コンピューティング、JMS APIへのオーバーホールを含んだ、継続的な使用性の改善である。他には、JPAが注目されることになるだろう。Oracleは、長期間休眠状態のある JCACHE JSRを甦させる計画について話している。

  • Pete Muir氏が Seam 3, RichFaces 4 そして、Infinispanへの移動を語る

    Red HatのJBoss部門は、この2,3ヶ月間に、幾つものアップデートをリリース予定で、その中には、webアプリケーション フレームワーク Seamの新しいメジャーリリースやJSFコンポーネント ライブラリ RichFacesがある。InfoQは、RedHatの Principal Software Engineerである Pete Muir氏と、将来のリリースと彼のSeamチームからInfinispan データグリッド チームへの移動について聞いた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。