BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ JSF に関するすべてのコンテンツ

  • Pete Muir氏が Seam 3, RichFaces 4 そして、Infinispanへの移動を語る

    Red HatのJBoss部門は、この2,3ヶ月間に、幾つものアップデートをリリース予定で、その中には、webアプリケーション フレームワーク Seamの新しいメジャーリリースやJSFコンポーネント ライブラリ RichFacesがある。InfoQは、RedHatの Principal Software Engineerである Pete Muir氏と、将来のリリースと彼のSeamチームからInfinispan データグリッド チームへの移動について聞いた。

  • JBoss AS 6.0 GA リリース

    新年を目前にした JBoss が,JBoss AS 6 アプリケーションサーバの GA リリースを完成させた。このリリースには Java EE 6 に対応する機能拡張や JSF 処理の改善に加えて,Hibernate やキャッシングなど多くのライブラリの更新あるいは変更が含まれている。

  • OpenFaces 3.0 のプレリリース, JSF2.0 互換

    先月、TeamDevは、OpenFaces 3.0のプレリリースをアナウンスした。バージョン3.0の正式リリースは、今年の6月以降と見られている。この中間的なマイルストーンは、OpenFacesのJSF 2.0互換バージョンである。バージョン2.xもバージョン3.xと並行してメンテされる計画で、両方のブランチに同じフィーチャを加えていく。

  • Java EE 6 Web 層: JSF 2 が手に入れた Facelet,複合コンポーネント,Partial State Saving,そして Ajax

    2連続記事の後編として Java EE 6 の Web 層に注目した本記事では,話題の中心を JSF 2.0 に移して,その新機能とアイデアの出所に着目する。JSF 2.0 は JSF 1.x に寄せられた多くの不満に対処するとともに,複合コンポーネント,Ajax サポート,Partial State Saving,改良された例外処理,Bean Validation の組み込みなど,数多くの新機能が追加されている。

  • Java EE 6の機能: Dependency Injection、Bean Validation、EJBの機能拡張

    Java Enterprise Edition(Java EE)の最新バージョンは、Dependency InjectionやBean Validation、EJBの重要な機能追加、Servlet、JSF、JSP関連のテクノロジなどを含むいくつかの新機能を提供する。Sun Microsystemsは、Java EE 6を木曜日にリリースした。この記事では、最新バージョンの新機能の概要を紹介する。

  • JavaのAptana Cloud Connect

    先日、EclipseのPython統合開発環境PyDevのディベロッパであるAptanaは、Aptana Cloud Connectによるクラウド・サポートが利用可能になることを発表した。Aptana CloudはAmazon EC2とその他のクラウド環境間でポータブルな総合的クラウド・ホスティング・サービスである。

  • OracleがRich Enterprise Application (REA)サイトを立ち上げ

    エンタープライズテクノロジーと事前統合された、複数チャネル可能なアプリケーションの構築に関心のあるデベロッパのために、OracleはRich Enterprise Application (REA)サイトを立ち上げた。そこでは、Application Development Framework(ADF)の一部である一連のRich Client JSF Componentsを取り上げている。

  • JavaServer Faces 2.0 の合成コンポーネント

    JavaServer Faces 2.0 は Java EE 標準仕様が 2004 年にリリースされて以来はじめての大幅なアップデートだ。JSF 2.0 自体は JSF 仕様の重要な見直しであり、開発者が WEB フレームワークをあつかう際にぶつかる主要な問題点の解決を目指したものである。

  • Infragistics 社の NetAdvantage JSF Component Suite がポータルサポートを提供

    Infragistics 社の NetAdvantage JavaServer Faces (JSF) UI Component Suite がポータルのサポートとポートレット間コミュニケーションを提供する。

  • JavaServer Faces 2.0のアーリードラフトがリリース - JavaScriptライブラリとの互換性を改良

    Java Community Processプログラムのもとで、JSR 314のアーリードラフトがレビューのためにリリースされた。このJSRでは、JavaServer Facesの仕様を1.2から2.0にアップデートすることを目指している。この次世代のJSFは、Webアプリケーション開発の素晴らしいアイデアを Java EEプラットフォームにもたらそうとしている。コミュニティからは既に肯定的な反応をもらっているが、これは特にAJAXのサポートが改善されたことによるものである。

  • WebDSL:DSL作成から学んだ教訓

    Eelco Visser氏はオランダのDelft University of Technologyの准教授で、「プログラム変換と生成」を教えている。Visser氏は「WebDSL: A Case Study in Domain-Specific Language Engineering」(WebDSL:ドメイン固有言語エンジニアリングにおけるケーススタディ)という論文を書き終えたばかりだが、この論文ではWebDSLの設計ならびに実装を調べ直している。

  • Spring Web Flow 2.0.0.RC1リリース:Ajax、JSF、セキュリティの統合を追加

    InfoQはSpring WebチームのKeith Donald、Jeremy Grelleの両氏と会談し、Web Flowの次期メジャーリリースの最初の製品候補リリースである、Web Flow 2.0.0.RC1について話を聞いた。Web FlowはSpring MVCの機能拡張であり、Webアプリケーションのフローの実装を行うためのものである。

  • Service Oriented UI(SOUI)の出現はMVCの死を意味するのだろうか?

    Nolan Wright氏はMVC実装は時代遅れであると考え、Service、Ajax、DHTMLは私たちがwebアプリケーションを構築する方法を非常に簡易化すると述べている。

  • Article: JSF/DWR/DOJOを使って動的なWebアプリケーションを作成する

    この記事ではPortletsとFaceletsを使ったリッチなWebアプリケーションを作成するためにどのようにJSF、DWR、DOJOを組み合わせることが可能か、そのアプローチを提示します。読者にはこれらのフレームワークとそれらが提供する機能について基礎的な知識があることを前提としています。

  • JBoss RichFaces 3.1:Ajax4JSFとExadel Richfacesがシングルオープンソースライブラリとして統合

    RedHatの一部署である、JBossは最近RichFaces JSFライブラリのバージョン3.1をリリースした。Exadelとの提携から分岐したこのリリースは、以前の商用RichFacesとAjax4JSFプロジェクトを統合した初めてのものである。InfoQはRichFacesの更なる詳細とこのリリースによって、JSFに何がもたらされるのかを追求するための機会を設けた。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。