BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ JVM に関するすべてのコンテンツ

  • Static Javaの現状 - 起動速度とフットプリントの小さなコンパイル済みネイティブ実行ファイル

    Javaの古くからのモットである"write once, run everywhere"は、クラウドネイティブ時代でも通用するようだ。高速起動とフットプリント縮小のニーズの下、Static Javaに注目が集まっている。Static Java採用のメリットと意義について理解を深めるべく、InfoQは今回、Red HatプリンシパルソフトウェアエンジニアのDan Heidinga氏に話を聞いた。

  • プログラミング言語Flixに関するMagnus Madsen氏へのインタビュー

    Flixは多くのプログラミング言語にインスパイアされたオープンソースのプログラミング言語であり、開発者は関数型、命令型、論理型のスタイルでコードを書くことが可能である。FlixはScalaに似ており、Hindley-Milnerに基づく型システムとGoにインスパイアされた並行処理モデルを採用している。JVM言語はポリモーフィックエフェクトシステムやDatalog制約などのユニークな機能をサポートしている。

  • LinkedInにおけるサービス過負荷の検出と回復

    LinkedInは先頃、同社がマイクロサービスで採用しているオーバーロードの検出と対処の方法を公開した。同社のソリューションであるHodorは、設定不要で機能する"適応型ソリューション"として、監視対象プロセス内部でオーバーロード検出機能とロードシェダ(load shedder)を実行し、アプリケーション処理チェーン内でロードのサンプリングと削減を行う、プラットフォーム非依存のメカニズムを提供する。

  • GraalVM 22.0がリリースされ、ネイティブイメージが改善

    GraalVMは、多くのネイティブイメージが改善されたバージョン22.0をリリースした。GraalVMは、複数の言語で記述されたアプリケーションを実行するための共有ランタイムを提供するポリグロット仮想マシンである。ネイティブイメージビルダーユーティリティでは、ビルド時間が短縮され、イメージサイズが小さくなり、イメージのビルドと実行に使用するメモリを減らす大きな改善があった。そして、イメージ生成プロセスに関する深い洞察が得られる。

  • GraalVM 21.3がJava 17をサポート

    Oracle Labs は Java 17 とネイティブ Java で実行可能なオーバーヘッドの少ないプロダクションプロファイリング、JDK Flight Recorder (JFR) のサポートで GraalVM 21.3 をリリースした。2021年4月のバージョン 21.1 と比較して、このリリースでは Spring PetClinic JDBC で 14% 小さくネイティブ実行ファイルが作成され、ビルド時間が 20% 短縮される。このリリースで、アプリケーションがより高速に実行され、Java プラットフォームモジュールシステムのサポートが開始される。

  • IBMがOpenJ9用のSemeru Runtimesを公開

    IBMは、OpenJDKのクラスライブラリとEclipse OpenJ9 JVM(Java Virtual Machine)を併用するSemeru Runtimesを無償公開した。OpenJ9をベースとするこのランタイムは、HotSpotべースのランタイムの代わりに使用することができる。これまではAdoptOpenJDKがOpenJ9のバイナリを提供していたが、Adoptiumという名称でEclipse Foundationに移行したことにより、今後は法的に許可されないものになる。

  • RookoutがLive Loggerを発表し、ログレベルが動的に変更可能に

    Live Debuggerを開発したRookout社は、本番環境のログに隠された豊富な情報にアクセスしやすくすることを目的としてLive Loggerを発表した。アプリケーションのログレベル、ログパイプライン、ログスループットの追跡、テキストおよびコンテキストベースのフィルタリングを動的に切り替えることで、この実現を目指している。

  • QCon Plusでソフトウェアロードマップを構築、Kristen O’Leary氏がトップトピックを共有

    最近のインタビューで、Googleのシニアデベロッパーリレーションエンジニアであり、2021年11月のQCon Plus委員会メンバーであるKristen O'Leary氏が、今年の11月1日から12日までのイベントで彼女が最も楽しみにしているトラックを共有してくれました。

  • Microsoft、JVM GCログを活用するGCToolkitをオープンソースとして公開

    GCToolkitをオープンソースにすることによってMicrosoftが目指すのはは、JVMのGCログに保存されたリッチな情報の活用だ。GCログファイルを解釈、解析し、ヒューマンフレンドリな形で可視化するためのツールである。

  • QCon Plus November 2021はオンラインと対面(NYとSF)のハイブリッドで開催

    QCon Plusソフトウェア開発会議は、2021年11月1日から5日までオンラインおよび対面で開催される。世界で最も革新的なソフトウェア組織内で変化と革新を推進する専門家と関わり、ネットワークを築く機会を手に入れましょう。

  • Kotlin 1.5がJava 15機能と新しいJVMコンパイラをサポート

    Kotlin 1.5では、レコードクラス、シールドインターフェイス、インラインクラスなどの最新のJava機能のサポートが導入されている。さらに、標準ライブラリと新しいJVM IRコンパイラに多くの改善が加えられている。

  • GraalVM 21.0、Javaで記述されたJVMを導入

    GraalVMは、Javaで記述されたJVMを提供する新コンポーネント"Java on Truffle"を含む、メジャーバージョン21.0をリリースした。GraalVMはそれ自体、複数言語のアプリケーション実行のための共有ランタイムを提供する多言語仮想マシンである。Truffleフレームワークを使ってJavaで記述されたJVMであるJava on Truffleは、Javaアプリケーション実行の新たな選択肢を提供する。コードネームはEspressoである。

  • JFRがOpen JDK 8で使用可能に

    Open JDK 11でオープンソース公開されたJava Flight Recorderが、アーリーアクセスリリースとしてOpen JDK 8のメインラインにバックポートされた。Azulから提供されているJMC 7.1とともに、Flight RecorderのプロファイリングがOpen JDK 8とOpen JDK 11の両方で利用できるようになる。

  • New Relic - Javaの現状報告

    ユーザの自己報告によるデータには、運用システムにおける最新JVMの採用に前向きな傾向がある一方で、New Relic(実際に運用されているJVMをモニタしたもの)の最新レポートでは、JVMの中心が依然としてJava 8であること、Java 11の進展が捗々しくないこと、非LTSリリースの存在感が極めて低いこと、といった現状が浮き彫りにされている。ユーザが実際に何を使っているのか、レポートを読んで確認して頂きたい。

  • OpenJDKのProject VahallaがLW2プロトタイプをリリース

    Project Valhalla(Open JDK)がLW2のプロトタイプをリリースした。現代のハードウェアに合わせて改造した、ユーザアクセス可能なプロトタイプである。InfoQでは、この新技術を担当するIBMの技術リーダと、新たなプロトタイプについて詳細に議論した。

BT