BT

InfoQ ホームページ JVM に関するすべてのコンテンツ

  • Azul SystemsはJavaのLLVMをベースにした新しいジャストインタイムコンパイラであるFalconをローンチした

    Azul SystemsはZing 17.03が利用可能となったと本日発表した。これはAzulの新しいジャストインタイム(JIT)コンパイラであるFalconを完全にサポートしている。FalconはLLVMをベースにしており、Zingの前のバージョンで使われていたC2コンパイラを置き換えるよう設計されている。C2コンパイラはOracle HotSpotとOpenJDKでも使われている。FalconはC2が1997年にJavaOneで紹介されて以来、初めてのJava SEで利用できる新しいJITコンパイラ製品である。

  • Javaパフォーマンス最後のフロンティア:ガベージコレクタの削除

    新しいJEPドラフトではno-opガベージコレクタが作成された:このガベージコレクタは、JVMの実装者と研究者を支援することを目的にしており、広範囲ではないが、ガベージをほとんど生成しない非常にパフォーマンスの高いアプリケーションには広く興味をもつのではないだろうか。JEPが進めば新しいGCが既存のものと一緒に使えるようになり、明示的にアクティブ化しなければ効果がない。

  • Java 9は最初のバグフィックスラウンドに入る

    Java 9は今公式にフィーチャーコンプリートとなった。つまり、最初のバグフィックスフェーズが始まったということだ。HTTP/2 Clientはこの期限に間に合っておらず、インキュベーション機能に格下げとなった。今の目標は7月のJava 9一般提供に備えることであるので、この時点で新しいJEPが追加される可能性はかなり低い。

  • データセンタ中に拡がるJVMとTwitterのJDK

    QConSF2016のTwitter Sponsored Solutionトラックで注目されるのは,"JVMs Across the Data Center"技術講演ともうひとつ,オープンソースとして一般提供が期待される,社内利用のOpenJDKフォークであるTwitter-JDKの公開だ。

  • 事前(AOT)コンパイルがJava9でOpenJDK HotSpotに採用されるかもしれない

    OpenJDK HotSpotが事前(AOT)コンパイルをJava9のタイミングで採用するかもしれない。InfoQは2016年9月に提出された提案を調査した。

  • JavaOne 2016 - 1日目のハイライト

    JavaOne 2016 1日目のトピックス: Java 8&9の機能を学ぶ、Java開発者のためのDocker、Java EE8のための開発ツール。InfoQでは、いくつかの興味深いセッションに注目した。

  • jClarityがCensum 3.0をリリース

    jClarifyが開発するJavaガベージコレクション解析ツールCensumがバージョン3.0に到達した。新バージョンにはSafepointログの解析機能,G1ガベージコレクタの動作を表す新グラフ,アプリケーションによるOSアクティビティの過剰使用を分析するための情報などの新機能が含まれている。

  • IBMが言語ランタイムを開発するツールキットのOMRを立ち上げ

    IBMがEclipse OMRを開発した。任意の言語用に実行環境を開発するための,オープンソースの仮想マシンツールキットだ。ガベージコレクションやハードウェア統合といった,どの言語にも共通する汎用的な仮想マシン技術の改善に寄与することを目的とする。これを達成するため,IBMは,自社のJVMであるJ9の汎用化を実施している。

  • JetBrainsがKotlin 1.0をリリース

    JetBrainは,Androidに対応する新たなJVMベース言語Kotlinの初となる安定版リリースを発表した。同社によれば,この言語は,実用性と相互運用性を重視した開発方針の下で“優れたツール”となることを目指し,Javaならばライブラリや外部ツールを使わなくてはならないような問題の多くに対処している。

  • OracleがJava 9提供スケジュールの遅延を認める

    先日のメールで,OracleのJava Platform Groupでチーフアーキテクトを務めるMark Reinhold氏が,Project Jigsawの完成に要する追加期間を認めるために,Java 9の一般提供に6ヶ月の遅れが発生することを示唆した。これが審議を経て承認され,Java 9の一般提供は2017年3月と決定した。

  • 軽量で組み込み可能なVM、AvianがiOSをサポート

    Avianは軽量、ポータブル、組み込み可能なVMであり、Linux、FreeBSD、Windowsと並んで、iOSでJavaの縮小サブセットをサポートすることを目指している。バージョン1.2では、LinuxとiOSにおけるARM64のサポートが追加された。

  • Frege: JVMのためのHaskellのような言語

    ドイツ人数学者、Gottlob Frege氏から名付けられたFregeは、JVMのための純粋関数型の強力な型付き言語だ。FregeはHaskellと似ていて、「もっともHaskellらしいコードを修正せずに、または、見て分かる最小限の調整だけで動かせる。」 InfoQは、Fregeの作者であるIngo Wechsung氏に話を聞いた。

  • 20周年を迎えたJava

    20年前の今日,Javaの最初のアルファ版がSolarisの世界に解き放たれた。InfoQではJavaの歴史とともに,その中でJavaが勝ち得たものについて振り返ってみた。

  • Scalaの今後

    Scalaチームは先日,"Scala: Next Steps"と題した記事を公開して,言語の今後について説明するとともに,今後3つのメジャーリリースと主要な目標について詳説した - 言語とライブラリの簡素化と理解の容易化,さらなる堅牢化,そしてパフォーマンスの向上だ。

  • Apache Log4j 2.0 - アップグレードする価値はあるか?

    Apache Software Foundationは先日,Log4j 2.0の提供開始を発表した。前バージョンのLog4.j 1.xに対して大幅にパフォーマンスが向上する。開発に数年を費やした今回のリリースは,Log4j 1.xやjava.util.loggingといった既存のロギングソリューションの影響を受けて,スクラッチから書き直されたものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。