BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ Java SE に関するすべてのコンテンツ

  • Spring Framework 4.0の計画発表

    VMwareのSpringSourceチームはSpring Frameworkの次のバージョンであるSpring Framework 4.0の計画を発表した。このバージョンにはJava SE 8、Groovy 2、Java EE 7、WebSocketsのサポートが含まれている。

  • アップデート: Ed Bott氏がJavaを新しい「フォイストウェア」の王に任命

    エンドユーザがJavaプラットフォームを避ける理由として挙げられるのは、Javaブラウザプラグインへ繰り返されるセキュリティ違反に加え、Javaランタイムインストーラに関係のないブラウザアドオンを含むような、長期間に渡って作り上げられてきたプラクティスだ。

  • OrcaleがJava 7のセキュリティフィックスをリリース

    Oracleは今日,リフレクションAPIコールの操作を通じたアプレットサンドボックス回避に関連する,リモートコード実行の脆弱性のセキュリティフィックスを含む Java 7u11 をリリースした。詳細な内容,影響度の確認方法については本文を参詳してほしい。

  • 乗り遅れた Project Jigsaw - 延期を承認

    JSR 337 Expert Group は Project Jigsaw を Java 9 まで延期するという,Oracle チーフアーキテクト Mark Reinhold 氏の提案を承認した。そこに述べられている理由は,今回の延期を支持するに十分なものなのだろうか。

  • Java 8に含まれる新しい日時API

    Javaの複雑な日付APIを置き換えるためStephen Colebourne氏を中心に長い間進められているJSR 310は、夏に行われたAPIをシンプルにするためのリファクタリングに続き、Java 8向けの機能一覧が追加された。2013年1月のマイルストン6で公開される予定だ。

  • Project Lambdaのメーリングリストがパブリックに

    OracleのJava言語アーキテクトでありLambda式プロジェクトの仕様リードであるBrian Goetz氏は、JSR 335のメーリングリストをパブリックにすることをアナウンスした。

  • Project Jigsaw の延期 - Mark Reinhold 氏による発表とその反響

    Oracle が計画する Java モジュール化フレームワークである Project Jigsaw は Java 9 まで延期される見込みである。Mark Rainhold 氏が先週行った発表に対して,しかし Java エコシステムのすべての開発者たちの反応は迅速だった。

  • JigsawがJava SE 9まで延期

    Mark Reinhold氏は、ブログでJava Jigsawモジュール化プロポーザルがJava SE 8には含まれず、Java SE 9に延期された、とアナウンスした。これによって、Java SE 8は2013年8月に予定通り、リリースされる。モジュール化プロポーザルは、2015年8月のJava SE 9リリースへの同梱のために、更に広範囲なチェックによって、洗練されていくことになる。

  • JavaFX 2.0とCSS 3のサポートを提供するNetBeans 7.1

    Oracleが1月5日にNetBeans 7.1をリリースした、このバージョンではGUIの強化に特に重点がおかれており、JavaFX 2.0のサポートやSwing Builder (Matisse)の大幅なアップデート、JavaFXとSwingのビジュアルデバッギングのためのツールなどが提供される。Web GUI向けに、NetBeansの既存のHTML 5サポートがさらに強化されている他、CSS 3サポートも追加された。

  • Java 7 に JavaFX が追加される

    クリスマスを前に,Oracle が Java SE 7 のアップデート 2 と Java SE 6 のアップデート 30 をリリースした。Java 7 リリースの一部として,JDK (Java Develop Kit) に JavaFX アプリケーション開発用 SDK が,JRE に JavaFX ランタイムが含まれるようになる。

  • Java 7 Update 1 のパフォーマンスと安定性

    10月18日,Oracle は Java 7 Update 1 をリリースした。要望の多かった安定性の向上と,パフォーマンス最適化の問題のフィックスを提供する。InfoQ ではどのようなパフォーマンス改善が新たに提供されているかを確認した。

  • OpenSim 2.4 - 動きをモデリングとシミュレーションするオープンソースソフトウェア

    OpenSimは、動きのモデリングとシミュレーション用の無料のオープンソースソフトウェアシステムである。システムは、NCSSR (National Center for Simulation in Rehabilitation Research)によって提供されており、この名前はCalifornia にあるStanford 大学内の研究部門の名称である。リハビリ医学、ロボット工学、ゲームなど、考えられるアプリケーションドメインの範囲を考えると、 OpenSimが非常に面白くなる。

  • OracleがクライアントサイトJavaの2カ年計画を発表

    Oracleが主に企業向けソフトウエアに注力していることを考えれば、同社がクライアントサイドのJava技術を無視していると考えるのも無理はない。しかし、今年のJavaOneでOracleがJavaFXを筆頭にディスクトップ関連の技術を推進しようとしているのがわかった。また、OpenJDK上で動作するJavaFXが完全にオープンソースになるようだ。

  • IBMが新しいPlatform-as-a-Serviceソリューションを発表

    10月12日IBMはニューヨークで新しいサービスを発表した。同社によれば、それは、すべて企業クライアントのために設計された業界で最も先進的なクラウドサービスでありソフトウエアであるそうだ。

  • JavaOne 2011戦略キーノート:Java ME、SE、EEの将来のロードマップ

    次期リリースのJava EE は、マルチテナント、柔軟、キャッシュ機能を持ちクラウドコンピューティングをサポートする。 OracleチームののAdam Messinger氏、Hasan Rizvi氏、Cameron Purdy氏は、火曜日のJavaOne 2011で、Javaプラットフォームのmicro (ME)、standard (SE) 、enterprise (EE) 各エディションの将来製品ロードマップをプレゼンした。TwitterがJava Community Process (JCP)とOpenJDKに参加したこともアナウンスされた。

BT