BT

InfoQ ホームページ JetBrains に関するすべてのコンテンツ

  • JetBrains、ReactベースのRing UI 1.0 Web UIコンポーネントをリリース

    Ring UI 1.0がリリースされた。ライト環境およびダーク環境におけるコンポーネントの新しいビジュアル言語を導入し、CSSプロパティとモジュールのサポートを追加し、新しいMessage、Tabs、Toggleコンポーネントを追加する。

  • KotlinについてのQ&A - PinterestのChristina Lee氏に聞く

    InfoQは先日、PinterestのCore UIチームのAndroidエンジニアであるChristina Lee氏と席を共にし、PinterestでのKotlinの採用状況、採用に際してPinterestが直面した組織的課題、最大の教訓、Javaから移行する際のヒント、KotlinConf 2018で予定されている氏の講演 “Representing State: the Kotlin Edition” の内容などについて話を聞いた。

  • JetBrainsがGo IDE「GoLand」をローンチ

    JetBrainsがGo IDEをアーリーアクセスプログラムから市場に移行した。現在、GoLandとしてブランド化され、IDEはコア機能をGo用のものとしてIntelliJプラットフォームを拡張した。これは、Python用のPyCharm、Ruby用のRubyMineといった、他の言語用ツールに倣っている。

  • JetBrainsがJCP Executive Committeeの一員に

    最近行われた特別選挙で、JetBrainsがJCP Executive Committeeに選出された。EricssonとTOTVSの退任で生まれたふたつの空席のひとつを埋めることになる。InfoQは同社の開発者であるTrisha Gee氏に、最新の状況と計画、そして、JSR 376の投票と将来の開発について話をした。

  • Rider RC1リリース、パフォーマンスが向上

    JetBrainsが.NETにフォーカスしたマルチプラットフォームIDE、Riderの最初のRC (2017.1) をリリースした。この最新プレビューでは、NuGetサポートの拡張、一般的なパフォーマンス改善(特にWindows)、ユーザビリティ強化が含まれている。

  • RiderのF#サポートについての詳細

    JetBrainsのディベロッパーエヴァンジェリストであるMarteen Balliauw氏はRiderでのF#サポートについての詳細を公開した。機能は一般へのEAPの発表よりも詳細に説明されており、次のリリースへの計画も含まれている。

  • KotlinがAndroid開発言語になる

    Google I/O 2017で発表されたように、Android Studio 3.0にはKotlinのフルサポートが追加される。また、今後の開発のため、KotlinはJetBrainsから独立した非営利組織に移管される。

  • Rider PreviewリリースでF#をサポート

    JetBrainsの.NET開発向けマルチプラットフォームIDE、RiderのEarly Access Preview 21がリリースされた。今回の目玉は、関数型プログラミング言語F#のサポートだ。また、いくつかの重要なバグ修正と、TFSとVirtual Studio Team Servicesのサポート追加が含まれている。

  • RIder IDEが再び.NET Coreデバッグをサポート

    JetBrainsのRider EAP18では、Windowsプラットフォームでの.NET Coreデバッグのサポートが再び可能になっている。前回のプレビュー版では、サブコンポーネントのライセンス項目を満足するため、このサポートが削除されていた。それ以外の点では小規模だが、.NET Core開発者には必須のリリースだ。

  • WebStorm 2017.1、Vue.jsサポートを追加

    WebStormは、最新のJavaScript機能をIDEに追加し続けている。バージョン2017.1には、Vue.js、Jest、Angular Language Service、StandardJS、emojis.のサポートが含まれる。

  • Rider EAP17は改善されているが、.NET Coreデバッグが失われている

    JetBrainsのRider IDE for .NETは最新のプレビュービルドでいくつかの新しい機能が提供されているがライセンスの問題で、.NET Coreサポートが完全にはサポートされていない。

  • JetBrains Rider: IntelliJとReSharperをベースとした新しい.NET IDE

    JetBrains Riderは、今年の1月に提供されたが、今年の大部分をプライベートの早期アクセスプレビュー(Early Access Preview)に費やしてしまった。現在、EAPはIntelliJプラットフォーム上での .NET開発に向けたものがなにであるかを見たい人が誰でも利用可能になっている。一版リリースされるまでに修正されるべき問題がいくつか残っているが、ツールは非常に安定している。

  • リファクタリングとコードの臭い – きれいなコードへの旅

    リファクタリングは、より理解しやすく、メンテナンスしやすい、きれいなコードにするのを助けてくれる。それにはコードの臭いを嗅ぐ経験と実践が必要だ。つまり、コードの中にあるより深い問題を示す悪い設計の兆候を見つけることだ。コードを壊すことなく、小さなステップでリファクタリングを行うことを支援するツールもある。

  • JetBrainsがWebStorm 2016.2をリリース,TypeScriptとReactサポートを拡張

    JetBrainsがWebStorm 2016.2をリリースした。今年2回目のメジャーアップデートになる。今バージョンの新機能はTypeScript 2.0のサポート,Reactサポートの拡張,新たなAngular CLIツールの統合などだ。

  • JetBrainsがIntelliJ IDEA 2016.1をリリース

    JetBrainsは,同社の人気製品であるIDEの最新バージョンとなるIntelliJ IDEA 2016.1をリリースした。このバージョンでは多言語開発者が想定されているらしく,多くの言語やテクノロジを対象としたさまざまな拡張が実施された。しかし,最も注目すべき拡張の対象はやはりJavaで,特にJava 8をフル活用するための支援が目標とされている。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。