BT

InfoQ ホームページ Language Design に関するすべてのコンテンツ

  • C# と F# のデフォルトインターフェイスメソッドにおけるアップデート

    議論が盛り上がっているデフォルトインターフェイスメソッド機能はF#でも検討されている。しかしこの機能は .NET Core に限定される可能性があり、提案全体は危機に瀕している。

  • C# 7.3の新機能

    比較的小さなリリースだが、C# 7.3では、overload解決や、enumやdelegateが動作するジェネリック制限などのC# 1と2から長い間残った苦情に対応している。

  • Build 2018: 将来のC#

    C#の将来機能のリストの中で第一位は、Null許容参照型である。しかしテーブルには、パターンマッチング、配列スライシング、非同期イテレーター、デフォルトインターフェイスメソッド、場合によってはレコードの拡張もある。

  • Javaのデータクラス、Brian Goetz氏がInfoQに語る

    オラクルのJava言語アーキテクトであるBrian Goetzが、データクラスの実験的概念なを紹介した。これは将来Javaプログラミング言語に統合されるかもしれない。しかしこの概念が現実として注目に値するまでには多くの作業が必要だ。Goetz氏は時として“データは単にデータである”ことを前提としてデータクラスの課題とトレードオフを解説した。

  • MicrosoftはC# 8でNull許容参照型をプレビューする

    Microsoftは、新しい機能を試して、フィードバックを提供したい開発者向けのプレビューとしてNull許容参照型(Nullable Reference Types)を提供している。

  • C# 7.1 と C# 7.2 をキャッチアップする

    8月に遡って Visual Studio 15.3 とともに C# 7.1 がひっそりとリリースられたが、まだ準備が整っていない。このレポートでは微妙なコンパイラーバグと、間もなくリリースされる C# 7.2 で準備されていることを見ていく。

  • C# 8.0プレビュー

    Channel 9のビデオにおいて、Mads Torgersen氏はC# 8の最初の4機能をデモした。機能の中には、Null許可参照型、非同期ストリームなどが含まれる。

  • GoogleがGo 2について議論

    敵対することを優しく押し殺す���はオンラインでの議論での真の戦略だ。侮辱や蔑視をする意図はないとを示すような振る舞いは相手の武装を解除する力がある。オンラインのコミュニケーションにはバイアスがあることを受け入れ、事実と道理を使ってバイアスに対処し、バイアスに自覚的になる訓練をして埋め合わせしようとするのが重要だ。

  • C# 7.1 の早期情報: Part 2

    昨日、我々は非同期 Main とデフォルト式を取り上げた。C# 7.1 の案内は、タプル名の推測、およびジェネリクスを用いたパターンマッチング、というタイトルの提案によって続く。

  • C# 7.1 の早期情報: Part 1

    2003年以降で初めて、Microsoftは C# のポイントリリースを検討している。現在 C# 7.1 としてマークされているこの言語の次のバージョンには、非同期 Main、デフォルト式、Tuple Name、そしてジェネリクスによるパターンマッチングが含まれる。

  • C# 7.2 と 8.0 のロードマップ

    Null許容参照型と制限付き多重継承を含む、C# 7.2 と 8.0 のための機能がすでに準備されている。

  • C#の将来機能 - オーバーライドの制約緩和

    .NETで一般的に求められている機能のひとつに、共変戻り値型を使用可能にすることがある。例えば“virtual object Clone()”を“override Widget Clode()”でオーバーライドするような場合だ。型安全性の観点から言えば、これは完全に受け入れらるものだが、現在のC#では許可されていない。

  • .NETの将来:非同期ストリーム

    VB/C#でasync/awaitが発表されてから、開発者たちはIEnumerableの非同期版について問い続けている。しかしC# 7とValueTaskが登場するまで、パフォーマンスの観点から潜在的に困難だった。

  • C#の新機能 - 読み取り専用の参照と構造体

    C++には“const”という機能がある。これはパラメータに対して適用可能で、関数がパラメータやパラメータが参照するオブジェクトを変更しないということを、呼び出し側が認識できる。今回の提案により、C#でも同じような機能を利用可能になる。

  • Visual Basic 15の新たな言語機能

    Visual Basic 15に、C#の2つの重要な機能が部分的に実装される - タプル(tuple)と参照戻り値だ。いずれの機能も“完全”ではないが、これらの機能を利用したC#ライブラリをVBアプリケーションで使用するための回避策としては十分なものだ。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。