BT

InfoQ ホームページ Language Design に関するすべてのコンテンツ

  • Microsoft、組み込みデバイスをターゲットとしたTypeScriptの高速サブセット”Static TypeScript”を発表

    Microsoftは先頃、Static TypeScript(STS)を紹介する研究論文を、Managed Programming Languages and Runtimes 2019 (MPLR 2019)国際会議に提出した。STSは、リソースの少ない組み込みデバイスを対象とした、TypeScriptのサブセットである。STSプログラムは、わずか16kBのRAMしか搭載していないデバイス上で、組み込みのインタープリタよりも高速に動作することにより、バッテリの持続時間を延ばすことができる。

  • C# 8でのnull許容型の拡張

    .NET 2で初めて導入されたNullableは、過去10年半にわたってほとんど変更されなかったが、間もなく変更されるようだ。C# 8では、null許容の参照型をサポートする操作の多くが、null許容の値型にも適用できるようになる。

  • C# 8の小さな新機能

    C#8は今年リリースが予定されており、C#8.xと9のロードマップも形を整えつつあるが、Microsoftは引き続き、次期リリース機能の承認作業を行っている。

  • Microsoft、理解の容易なコード記述のためのプログラム言語 Bosque を公開

    Microsoftは先頃、人間とマシンの両方にとって単純かつ明確で、理解の容易なコードを書くための言語設計を調査する研究プロジェクトである、Bosqueプログラミング言語を公開した。 この言語は、TypeScriptからヒントを得た構文と型に加えて、MLとNode/JavaScriptにインスパイアされたセマンティクスから派生したものだ。

  • C# 8.xのプレビュー

    C# 8.0はまだ数ヶ月先であるが、C# 8.xの計画は始まっている。これらの機能の中には新しいものもあるが、以前にC# 8向けに検討されたものもある。

  • C# 8 Null許容参照型のアップデート

    C# 8のNull許容参照型(nullable refence types)の作業は継続されており、最終リリース前に対処する必要があるエッジケースと、開発者が書く必要がある定型コードを削減する新しい機会を明らかにしている。

  • C# 8パターンマッチングの機能強化

    C# 7はパターンマッチングの基礎を築いたが、多くの機能をCutting Room Floorに置いたままにせざるを得なかった。C# 8で追加の時間をかけて、これらのうちの多くが採用されている。

  • C#のデフォルトインターフェイスメソッドの更新

    Default Interface Methodsのサポートが完了に近づくにつれて、潜在的な問題が発生します。 多くのことが達成されているが、これは複雑な機能であり、細部の多くはまだ解決されていない。

  • C#機能: Deferredエラー処理

    堅牢なソフトウェアを書くときに、再実行可能な操作を実行することがある。システムを堅牢にするために、各操作は以前の操作状況から独立しているようにコード化できる。deferredエラーハンドリングより前は、退屈なコードであった。

  • F# 5のnull許容参照型

    C# においてnull許容参照型が導入されれば、.NET開発者によるコードの書き方がasync/await以来最も大きく変化することになる。null許容参照型が正式に利用可能になったなら、この機能を正しく動作させるために、null許容の注釈を付けて更新しなければならないライブラリーが無数にある。そして相互運用性を保証するため、F# も同じように対応する必要がある。

  • C# の機能: Defer

    GoとSwiftでよく知られるものなのであるが、C#でも提案#1398にてDeferステートメントの希望がされている。概念について把握していない方のために解説をすると、これはfinallyブロックがコードの最後でなく最初に現れるものと説明できる。

  • C#の機能 - ポインタ演算

    ネイティブプラットフォームと相互運用する場合、ポインタ操作に関して極めて特殊なコーディングパターンが必要となることがよくある。Cで記述したシム(shim)を経由すれば可能だが、 "Operators should be exposed for System.IntPtr and System.UIntPtr"と題した提案では,C#から直接提供する方法について論じている。

  • C#機能: 静的デリゲートと関数ポインター

    C#のリリースごとに低レベルの機能が追加される。ほとんどのビジネスアプリケーション開発者には不要だが、グラフィック処理、機械学習、数学的パッケージに適したハイパフォーマンスのコードを可能にする。この2つの提案で、新しく関数への参照と呼び出し方法が提供される。

  • C#機能: ラムダ属性

    属性は.NETのメタデータ処理機能の重要な部分である。属性は、コンパイラ、スタティックアナライザ、ランタイムライブラリによってさまざまな目的で使用される。通常の関数/メソッドは属性を持つことができるが、この提案以前はラムダと無名関数は持つことができなかった。

  • C# 8:ジェネリック属性

    属性は初期から.NETの一部であった。そういうものとして、ジェネリクスが導入される前に始まり、全く触れられることはなかった。CLRによってサポートされているが、この提案まではC#はジェネリック属性を使用する機能を提供していなかった。

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。