BT

InfoQ ホームページ Lean Startup に関するすべてのコンテンツ

  • 新しいCIO像 - IT推進役としてのMark Schwartz氏の提案

    米国市民権移民局の元CIOで、現在はAWSのエンタープライズストラテジストであるMark Schwartz氏が、ロンドンで開催されたDevOps Enterprise Summitで、ITをリードすることの意味について講演した。

  • The Phoenix Project後の世界をJohn Willis氏とGene Kim氏が語る

    IT Revolutionは、約8時間に及ぶオーディオブックを発表した。これは、Beyond the Phoenix Project; the Origins and Evolution of DevOpsという名前で、Gene Kim氏とJohn Willis氏の対話だ。

  • プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達を比較する

    プロダクトベースおよびプロジェクトベースの資金調達に関する、ThoughtWorksのSrian Narayan氏、"Lean UX"の著者であるJeff Gothelf氏、Leon Tranter氏の最近の考察を検証する。

  • リーンスタートアップのスケーリング: プロセスの原則

    大組織はリーンスタートアップのようになろうとするが、アジャイルな組織となるためには、いかにスタッフを雇い、彼らにインセンティブを与え、マネージするかを考え直す必要がある。組織はチームに対して、即座に学習して低リスクの決定を下すことに対して報奨を与え、デリバリーに加えて学習の価値を高めるべきだ。

  • Lean Pilotによる改善推進

    リーン、アジャイル、リーンスタートアップは、改善を進める上でお互いを強化することができる。データ駆動型改善フレームワークであるLean Pilotsは、部門間の協力を阻害する主要な組織的障害の排除を目的として、組織内の継続的改善の推進に使用される。

  • 大規模な組織にアジャイルを導入するには

    GlobalLogicでデリバリマネージャを務めるYuriy Koziy氏がAgile Eastern Europe 2016カンファレンスで講演し,組織の変革は上層部からではなく,チームのレベルから始めるべきだと主張した。氏は同じような考えを持つ技術マネージャとアジャイルコーチを集めて,変革のエージェントとして活動するグループを結成し,自らの組織を内部から転換したのだ。

  • Booking.comのA/Bテスト

    私たちは、製品開発の推進に顧客感情を欲する。実験によって証明された仮説は、顧客の感情を発見するのがベストである。booking.comの主任設計者Stuart Frisby氏は、アムステルダムのOSCONに参加しA/Bテストの広範囲の利用を主張した。Frisby氏は、A/Bテストを正しく実施するために避けるための一般的なミスを説明した。

  • AXA Digital Agencyのイノベーション

    AXA Digital Agencyは,AXAのディジタル移行をサポートするために,デザイン思考やMVP(Minimum Viable Product, 実用最小限の製品)デプロイメント,グロースハック(Growth Hacking)といった,リーンスタートアップのアプローチを展開している。この記事ではYves Caseau氏とのインタビューから,イノベーションの重要性,リーンスタートアップアプローチの採用,MVPとグロースハックの利用から学んだこと,イノベーションを目指す上でのアドバイスを紹介する。

  • 複雑さはコードの外にある

    ブタペストで開催されたCraft Conference 2015で、Dan North氏とJessica Kerr氏が基調講演で、開発者に対して、複雑さは普通、コードの外にあると、注意を促した。UX、セキュリティ、配置、並列性のような複雑さの領域を特定し、管理すること、学習することを最大限重視すること、ビジネスに対するインパクトへのリードタイムを最小化すること、協力的なチームを育てること、ソフトウェアコミュニティに広く貢献することなどを話した。

  • Lego Serious Playを使ってBusiness Model Canvasを作る

    Lego Serious Playの推進者が,Business Model Canvasの作成にLegoを利用した経験について公開する。

  • 企業のマインドフルネスと状況把握

    プロセスから無駄を排除するには、ジャストインタイムで提供できる流れが必要だ。そして、人間の知性によって構築されたプロセスの問題に対処するための、企業でのマインドフルネスや状況把握が必要になる。ますます多くの企業が流通の概念を導入して必要なときに必要なものを開発し、在庫を抱えるのを回避しようとしている。このような企業に必要なのは“自動化”、つまりマインドフルネスと状況把握だ。

  • SpringSourceにおけるスタートアップの誤りから学んだこと

    GOTO Amsterdam 2014のキーノートにおいて、SpringSourceの共同創業者で現在は独立投資家のRod Johnson氏がSpringをビジネスとして成長させる上で学んだ教訓について語った。

  • どのようにして正しい製品を開発するか

    顧客がほしがっていない製品や市場がない製品を作ってしまうのは無駄だ。アジャイルは効率的に製品を開発できるが、何をビルドするかは理解しておかなければならない。どのようにして顧客の製品に対するニーズを見つけることができるだろうか。

  • 人員を増やさず,より多くのソフトウェアを提供するには

    ソフトウェア製品やサービスに対するニーズの増加に伴って,企業の開発能力を向上させるための方法が求められている。多くの企業が選択するのは,人員の追加によるスケールアップだ。このアプローチに対して一部の人々が疑問を持ち,人員を増やすことなく,より多くのソフトウェアを提供する方法を提案している。

  • リーンスタートアップが投資家と付き合うには

    リーンスタートアップを採用する起業家たちも,ビジネス資金の調達に投資家の協力を得ることがある。しかしリーンスタートアップで起業するビジネスプランには,従来の起業スタイルとは異なる部分が多い。また,失敗から学ぶ,ピボット(pivot, 路線変更)する,といった行動を重視するリーンスタートアップは,投資家から敬遠される可能性もある。起業家と投資家が一緒になって,資金調達にリーンスタートアップアプローチを使うことはできるのだろうか?

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。